FC2ブログ

人口問題は環境、エネルギー、食糧、戦争の問題か?

The Global Strategy Institute at CSIS







Henry Kissinger wrote the notorious National Security Study Memorandum #200 for President Ford in 1974, identifying Third World depopulation as a priority for U.S. national security policy.




Kissinger was implementing an agenda sponsored by the Rockefellers, the most powerful family in U.S. history. The Rockefellers not only established an oil monopoly, they pioneered the drug-based medicine which constitutes the global medical dictatorship today. John D. Rockefeller III founded the Population Council in 1952. In 1969 he was appointed Chairman of the U.S. Commission on Population Growth and the American Future. In a letter submitted with the final report in 1972, he told President Nixon that,




After two years of concentrated effort, we have concluded that, in the long run, no substantial benefits will result from further growth of the Nation’s population, rather that the gradual stabilization of our population through voluntary means would contribute significantly to the Nation’s ability to solve its problems. We have looked for, and have not found, any convincing economic argument for continued population growth. The health of our country does not depend on it, nor does the vitality of business nor the welfare of the average person.




John D. Rockefeller III was also Chairman of The National Policy Panel of the U.S. United Nations Association. It produced a 57-page report, dated May 1969, entitled World Population, A Challenge to the United Nations and Its System of Agencies. This emphasized the need for the United Nations and other international bodies to lead the response to world population growth.




The American population control think tank, Negative Population Growth Inc., recommended in 1992 that the population of the U.S. should be 125-150 million, requiring a 50% cut from its current level. In 1995, the same think-tank published a study recommending an 80% reduction in global population.






Other super-rich individuals such as CNN founder, Ted Turner, have made cataclysmic predictions about the consequences of population growth. The Turner Foundation used to have on it's homepage (which can still be retrieved in the Alexa.com website cache) the dramatic statement by Turner:




I see the whole field of environmentalism and population as nothing less than an effort to ensure the survival of the human species.




In 1997, Ted Turner donated a billion dollars to the U.N. for environmental and population programmes.





CSISのグローバル戦略研究所

米国国家安全保障方針のために第三世界人口減少を優先事項と認定して、ヘンリー・キッシンジャーは1974年にフォード大統領のために有名な国家安全保障研究覚書#200を書きました。

キッシンジャーはRockefellers(米国歴史において最も強力なファミリー)によって後援された議事日程を実施していました。

Rockefellersはただ石油の独占を設立しただけでなく、彼らは、今日グローバルな医学の独裁権を構成している薬ベースの薬を開拓しました。

ジョンD.ロックフェラーIIIは1952年に人口協議会を設立しました。

1969年に、彼は人口増加とアメリカ未来の米国委員会の会長に任命されました。

1972年に最終報告によって提出された手紙の中で、彼はそれをニクソン大統領に話しました。

2年の集中した努力の後に、私達は、長い目で見れば、どの大きな利益も国家の人口のさらなる成長に起因しないであろうし、むしろ、自発的な方法を通しての私達の人口のゆるやかな安定が、その問題を解決する国家の能力にかなり寄与するであろうと断定しました。

探索し、保持し、いくらか続いた人口増加のための経済の議論に納得させてた発見はみられなかった。

私達の国の健康はそれに依存せず、ビジネスの活力、平均的な人の福祉もしません。

ジョンD.ロックフェラーIIIはまた米国国連協会の国策パネルの会長でした。

世界の総人口、国連への挑戦、およびエージェンシーのそのシステムという表題を付けられて1969年5月付けに、それは57ページのリポートを生み出しました。

これは、国連と他の国際機関が世界人口増加への反応を導く必要性を強調しました。

アメリカの人口抑制シンクタンク、ネガティブな人口増加社は、米国の人口が、その現在のレベルから50%のカットを必要として1億2500万-1億5000万であるように1992において勧めました。

1995年に、同じシンクタンクはグローバルな人口における80%の縮小を推奨している研究を出版しました。

CNN創立者、テッド・ターナーなどの他の大金持ち個人は人口増加の結果について大変動の予測をしました。

合法的に使用されたターナー財団 それは ホームページ(Alexa.comウェブサイトキャッシュにおいてどれがまだ取り出されえますか)です ターナーによるドラマチックなステートメント :

私は環境保護活動と人口のフィールド全体を、まさしく人類の生き残りを保証する努力と考えます。

1997年に、テッド・ターナーは環境と人口のプログラムのために十億ドルを国連に寄贈しました。


Is it coincidental that at the same time as deadly viruses are apparently set to sweep the Earth, there is a global energy crisis looming? Top investment bankers have said that by 2008, oil prices will start to rise dramatically, probably exceeding $200 dollars a barrel by 2010. A 1930s style global depression will ensue, with a possible breakdown in civil society. Whether or not this "Peak Oil" crisis is by accident or design (I suspect the latter), there exists the motivation to reduce global consumption by any means possible. The bottom line is the global elite do not want billions of people using up all the oil and other natural resources. They maintain their power and monopoly whatever the rate of consumption. And of course they believe they are doing the planet and its surviving inhabitants, which includes themselves and their children, a great favour.




This was all laid out in a report to the Club of Rome in 1972, entitled The Limits to Growth. Interestingly, it was the same year that John D. Rockefeller III's commission on population came to the same conclusion. The Massachusetts Institute of Technology team foresaw global environmental catastrophe by the middle of the 21st century unless serious limits to population and capital growth were imposed. The Club of Rome numbers amongst its members some of the richest and most powerful men in the world, including Gorbachev and Maurice Strong.




Mr Strong was secretary general of all three Earth Summits 1972, 1992, and 1997. He initiated The Earth Charter Project in 1994, the 'Ten Commandments' of sustainable development. Gorbachev was co-chair of The Earth Charter Commission and Stephen Rockefeller was Chair of the drafting committee. The ceremony to launch the Earth Charter initiative in May 2000, involved the presentation of the document to regular Bilderberg attendee and major shareholder in Royal Dutch/Shell, Her Majesty Queen Beatrix of The Netherlands.




With RFID tracking of every supermarket product on the horizon, compulsory biometric ID cards, metering of water consumption, satellite tracking and taxation of motor vehicles, and toll roads, it seems that they are setting up the infrastructure for global resource management. This is of course the reason why they are trying to get the public to believe the phoney global warming hypothesis.




致死性ウイルスが、見たところ、地上を席巻するようにセットされると同時に、ぼんやりと現れているグローバルなエネルギー危機があることは同時に発生していますか?

トップ投資銀行家は、2008年までに、原油価格が、たぶん2010年までに1バレルあたり200ドルのドルを超えて、劇的に上がり始めるであろうと言いました。

1930年代のスタイルの世界的な不況は市民社会の中の可能な故障によって続いて起こるでしょう。

この「ピークオイル」危機が、偶然または故意(私は後者を疑っています)にあるかどうかにかかわらず、どうにかして可能なグローバルな消費を減らすために、動機づけが存在しています。

要点は、グローバルなエリートがすべてのオイルと他の天然資源を使い果たしている何十億もの人々を望んでいないことです。

彼らは消費率に関わらずそれらのパワーと独占を維持しています。

そして、もちろん、彼らは、彼らが地球とその生き残っている住民をしていると信じます(それは自身と彼らの子供、大きな親切な行為を含みます)。

これは、成長に限界という表題を付けられて、1972年にローマ・クラブへのリポートの中ですべてレイアウトされました。

興味深いことに、人口上のジョンD.ロックフェラーIIIの委員会が同じ結論に至ったことは同じ年でした。

人口と首都の成長への重大な制限が課されない限り、マサチューセッツ工科大学チームは21世紀の半ばまでにグローバルな環境の激変を予感しました。

ローマクラブはストロング・ゴルバチョフとモーリスを含む世界で最も金持ちで、最も強力な人の何人かをそのメンバーに数えます。

ストロングさんはすべての3つの地球サミット1972年,1992年と1997年の事務局長でした。

彼は1994年の地球チャータープロジェクト(持続可能な開発の‘十戒’)を開始しました。

ゴルバチョフは地球チャーター委員会の共同議長であり、スティーブン・ロックフェラーはドラフト委員会の椅子でした。

地球チャーターイニシアチブを2000年5月に乗り出させる式典は、規則的なBilderberg出席者への文書のプレゼンテーションと大株主をロイヤルダッチシェル、オランダの女王ベアトリックスに巻き込みました。

地平線、強制的なバイオメトリックのIDカード、水消費の計量、自動車と有料道路の衛星追跡、および課税上のすべてのスーパーマーケット製品のRFID追跡によって、それらがグローバルな資源管理のためにインフラストラクチャーを設立しているようです。

これはもちろん、彼らが、一般大衆に、にせの地球温暖化仮説を信じさせようとしている理由です。




Targeting the Weapon




The mass cull may not be achieved using an aerosol influenza alone or at all. The elite may use the threat of the flu pandemic to get people to take a "special" vaccine, which itself does the damage. With all the bird flu hype in the media, I strongly suspect this is the chosen path. To date, the vaccine has been the weapon of choice in the war against population. Launched in 1999, The Global Alliance for Vaccines and Immunization is a partnership of the who's who in population control: The Rockefeller Foundation, the $24 billion Bill and Melinda Gates Foundation, the United Nations Foundation (a $1 billion endowment by Ted Turner), The World Bank, The World Health Organization and Western governments. These are some of the same organizations that Rockefeller and Kissinger called upon to lead the war on population growth. Cancer viruses, HIV, sterilizing hormones, aluminium, squalene, and mercury are just some of the nasties found in vaccines. Gulf War Illness, which has killed and disabled hundreds of thousands of American troops, is a vaccine induced disease in many cases. AIDS was introduced to Africa in the smallpox vaccine and to American homosexuals in the hepatitis B vaccine.




In Murder By Injection?The Story Of The Medical Conspiracy Against America, 1988, Eustace Mullins observed that,




Medical historians have finally come to the reluctant conclusion that the great flu "epidemic" of 1918 was solely attributable to the widespread use of vaccines. It was the first war in which vaccination was compulsory for all servicemen. The Boston Herald reported that forty-seven soldiers had been killed by vaccination in one month. As a result, the military hospitals were filled, not with wounded combat casual-ties, but with casualties of the vaccine. The epidemic was called "the Spanish Influenza," a deliberately mis-leading appellation, which was intended to conceal its origin. This flu epidemic claimed twenty million victims; those who survived it were the ones who had refused the vaccine.




Ten years earlier, Eleanora I. McBean, Ph.D., N.D. had written a similar account in her book, Swine Flu Expose:




I heard that seven men dropped dead in a doctor’s office after being vaccinated. This was in an army camp, so I wrote to the Government for verification. They sent me the report of U.S. Secretary of War, Henry L. Stimson. The report not only verified the report of the seven who dropped dead from the vaccines, but it stated that there had been 63 deaths and 28,585 cases of hepatitis as a direct result of the yellow fever vaccine during only 6 months of the war. That was only one of the 14 to 25 shots given the soldiers. ....




.... When doctors had tried to suppress the symptoms of the typhoid with a stronger vaccine, it caused a worse form of typhoid which they named paratyphoid. But when they concocted a stronger and more dangerous vaccine to suppress that one, they created an even worse disease which they didn’t have a name for. What should they call it? They didn’t want to tell the people what it really was ? their own Frankenstein monster which they had created with their vaccines and suppressive medicines. They wanted to direct the blame away from themselves, so they called it Spanish Influenza. It was certainly not of Spanish origin, and the Spanish people resented the implication that the world-wide scourge of that day should be blamed on them. But the name stuck and American medical doctors and vaccine makers were not suspected of the crime of this widespread devastation ? the 1918 Flu Epidemic. It is only in recent years that researchers have been digging up the facts and laying the blame where it belongs.




Before rolling up your sleeve to take the new bird flu vaccine, reflect upon the American swine flu fiasco in 1976. The epidemic that never was, began and ended with the death of one soldier at the Fort Dix Army base. Fearing a 1918 scale pandemic from this unusual influenza, the Government quickly wheeled out a vaccine to protect the public. The July/August 2005 issue of Foreign Affairs described what happened next:




When the campaign to vaccinate the U.S. population started four months later, there were almost immediate claims of side effects, including the neurologically debilitating Guillain Barre Syndrome. Most of the lawsuits -- with claims totaling $3.2 billion -- were settled or dismissed, but the U.S. government still ended up paying claimants around $90 million.




Vaccines have dubious efficacy because the immune system is not designed to respond to injected microbes. The first line of defence is the mucosal membranes in the mouth and gut. If a microbe enters the body through injection, it triggers an antibody response but crucially, it bypasses the cellular immune system altogether and actually suppresses its function. The same microbe will become far more virulent if it is injected, hence the numerous accounts of epidemics amongst vaccinated populations in the medical literature.




How will they get away with such a massive crime? Easy, they've been getting away with mass murder for decades under the guise of public health. Headed by the Rockefeller family, the medical establishment regularly declares night is day and black is white when it comes to the causes and treatments for every disease. When they're not poisoning cancer patients with radiation or mustard gas, they're putting fluoride in the water supply. Look at what they've done to the Gulf War troops, hundreds of thousands sick and dying from "hypochondria", so they say. This is the art of killing quietly, a silent slaughter-fest.




Regarding vaccinations, one of the first published papers on the mercury preservative thimerosal was by a Rockefeller Institute scientist, named Kenneth C. Smithburn, hired by Eli Lilly & Co to test its effectiveness in treating meningitis patients. Lilly then cited this study repeatedly for decades as proof that thimerosal was harmless to humans. They never revealed to the scientific community or the public the highly questionable nature of the original research, since all of the 22 meningitis patients subject to the experiment soon died.




Under the Civil Contingencies Act, the British Government can do anything it likes to the public using emergency powers. This includes quarantine and forced vaccination. American authorities have the same powers under the The Model State Emergency Health Powers Act and Homeland Security Act. Section 304 of The Homeland Security Act exempts from liability anyone involved in manufacturing or administering the smallpox vaccine and other bioterrorist countermeasures. And just for your safety America, the Government has prepared concentration camps in secret locations across the nation.





武器を目標とすること。

大量処分は、一人でエーロゾルインフルエンザを使って、達成されるか、すべてにないかもしれません。

エリートは、人々に、「特別な」ワクチンを取らせるためにインフルエンザ大流行病の脅威を使うことができます(それは自身でダメージを与えます)。

メディアの中のすべての鳥インフルエンザ大宣伝によって、私は、これが選ばれたパスであると強く疑っています。

今までのところ、ワクチンは人口に対する戦争において選りすぐりの武器でした。

1999年にスタートされて、ワクチンと免疫化のためのグローバルな同盟は人口抑制において紳士録のパートナーシップです:

ロックフェラー基金、240億ドルのビル&メリンダ・ゲイツ財団、国連財団(テッド・ターナーによる10億ドルの寄付)、世界銀行、世界保健機構、および西洋の政府。

これらは、ロックフェラーとキッシンジャーが、人口増加の戦争を導くことを求めたのと同じ組織のいくつかです。

ホルモン、アルミニウム、スクアレン、および水銀を殺菌している癌ウイルス、HIVはまさにワクチンの中で発見された汚いやつの何人かです。

数十万のアメリカ軍を殺し、使用不可にした湾岸戦争病気は、ワクチンが多くの場合に病気を引き起こしたことです。

エイズは天然痘ワクチンのアフリカの中に、そしてB型肝炎ワクチンのアメリカの同性愛者の中にに導入されました。

アメリカに対する医学共謀の注射による殺人の話において、1988年、ユースタスMullinsはそれを観察しました。

医学の歴史家は、最終的に、1918年の大きなインフルエンザ「流行」がワクチンの広範囲に及んだ使用に起因するだけであったという不承の結論に至りました。

それは、予防接種がすべてのサービスマンのために強制的であった最初の戦争でした。

ボストン・ヘラルドは、47人の兵士が1ヶ月で予防接種によって殺されたことを報告しました。

結果として、陸軍病院は傷つけられた戦闘死傷者数ではなくワクチンの死傷者数で満たされました。

流行は、その起源を隠すことを意図していた「スペインかぜ」(意図的に誤主要な名称)と呼ばれました。

このインフルエンザの流行は2000万人の犠牲者を主張しました;

それを生き抜いた人々は、ワクチンを断った人でした。

10年前、Eleanora I. McBean博士は彼女の本、ブタインフルエンザ暴露中で同様な説明を書きました:

私は、予防接種された後に7人の人が医師のオフィスで急死したと耳にしました。

これは軍キャンプにあったので、私は立証のために政府に手紙を書きました。

彼らは米国陸軍長官、ヘンリーL.スティムソンのリポートを私に送りました。

リポートはワクチンで急死した7人のリポートを確認しただけでなく、それは、肝炎の63人の死者と28,585人の患者が戦争のわずか6ヶ月間の黄熱病ワクチンの直接的な結果としていたと述べました。

それは兵士を与えられた14から25ショットのほんの1つでした。

....

....

医師が、より強いワクチンによって腸チフスの徴候を抑制しようとした時に、それは、彼らがパラチフスを名付けた腸チフスのより悪いフォームを起こしました。

しかし、それを抑制するために、彼らがより強く、より危険なワクチンを調合した時に、彼らは、彼らが評判がなかったいっそうより悪い病気を作成しました。

彼らはそれを何と呼ぶべきですか?

彼らは、それが本当に何であるかを人々に言いたくありませんでした それらが、それらのワクチンおよび抑圧する薬で作成した彼ら自身のフランケンシュタインの怪物 。

彼らは、自身から離れて非難を指示したかったので、彼らはそれをスペインかぜと呼びました。

それは確かにスペイン起源をもっていなく、スペイン人々は、その日の世界的なむちが彼らのせいにされるべきであるという含みに憤慨しました。

しかし、名前は付き、健康診断が治療し、ワクチン製造会社がなかったアメリカ人は1918年のインフルエンザの流行にこの広範囲に及んだ荒廃の犯罪の疑いを持っていました。

研究者が、事実を探り出していて、それが属している非難を置いているのは近年だけです。

新しい鳥インフルエンザワクチンを取るためにあなたの袖をまくり上げる前に、1976年にアメリカのブタインフルエンザ大失敗を考察します。

決してフォートディクス軍隊ベースで1人の兵士の死によってではなく、始めて、終わった流行。

1918年のスケールをこの異常なインフルエンザから全国的流行であると恐れて、一般大衆を保護するために、政府は迅速にワクチンを運び出しました。

外務の7月/2005年8月号は、何が次に起こったかを記述しました:

米国人口に予防接種するキャンペーンが4ヶ月後始まった時に、神経学的に衰弱させているギラン・バールSyndromeを含めて、副作用のほとんど即時の主張がありました。

訴訟--合計32億ドルになっている主張による--のほとんどは解決されるか、却下されたけれども、米国政府はまだ最終的に約9000万ドルを請求者に支払いました。

免疫系が、注入された微生物に反応するようにデザインされないので、ワクチンは疑わしい効力を持っています。

防御の最前線は口と消化器官の中で粘膜の膜です。

微生物が注射を通して濃度を入力するならば、それは抗体反応を引き起こすけれども、決定的に、それは完全に細胞の免疫系を迂回し、実際、その機能を抑制します。

それが注入されて、それゆえ、医学の文献における予防接種された人口の伝染病のたくさんのアカウントであるならば、同じ微生物はもっとずっと毒性になるでしょう。

どのように彼らはそのような大規模な犯罪を持ち逃げするでしょうか?

容易に、彼らは公衆衛生を装って数十年間、大量殺人を持ち逃げしています。

ロックフェラー家によって率いられて、医学界は規則的に、夜が日であり、黒がすべての病気への原因と治療となると白いと宣言します。

彼らが放出またはマスタードガスによって癌患者を毒殺していない時に、彼らはフッ化物を給水に入れています。

彼らが言うように、彼らが湾岸戦争軍(病気で、「心気症」がもとで死にかけている十万)にしたことを見ます。

これは、静かに殺すアート、静かな屠殺集まりです。

予防接種について、水銀防腐剤チメロサールに関する最初の発表された論文の1つは、髄膜炎患者を治療することにおいてその有効性をテストするためにイーライ・リリー&Co.によって雇われたロックフェラー研究所科学者、名付けられたケネスC. Smithburnによってにありました。

それから、チメロサールが人に無害であったという証拠として、リリーは数十年の間繰り返しこの研究を挙げました。

彼らは決してすぐ打ち抜き加工された実験に左右される22人の髄膜炎患者のすべて以来のオリジナルの研究の非常に問題の性質を科学社会または一般大衆に明らかにしたわけではありません。

文民不測事態法のもとで、イギリス政府は、非常用パワーを使っている一般大衆にそれが好きなことを何でもすることができます。

これは隔離と強制された予防接種を含みます。

アメリカ当局はモデル状態救急医療能力法と母国セキュリティ法のもとで同じ能力を持っています。

母国セキュリティ法のセクション304は、天然痘ワクチンと他のバイオテロリスト対策を製造するか、投与することに関係している誰にでも責任を免除します。

そして、ただあなたの安全アメリカのために、政府は全国で秘密の位置で強制収容所を準備しました。



CSISのグローバル戦略研究所

米国国家安全保障方針のために第三世界人口減少を優先事項と認定して、ヘンリー・キッシンジャーは1974年にフォード大統領のために有名な国家安全保障研究覚書#200を書きました。

キッシンジャーはRockefellers(米国歴史において最も強力なファミリー)によって後援された議事日程を実施していました。

Rockefellersはただ石油の独占を設立しただけでなく、彼らは、今日グローバルな医学の独裁権を構成している薬ベースの薬を開拓しました。

ジョンD.ロックフェラーIIIは1952年に人口協議会を設立しました。

1969年に、彼は人口増加とアメリカ未来の米国委員会の会長に任命されました。

1972年に最終報告によって提出された手紙の中で、彼はそれをニクソン大統領に話しました。

2年の集中した努力の後に、私達は、長い目で見れば、どの大きな利益も国家の人口のさらなる成長に起因しないであろうし、むしろ、自発的な方法を通しての私達の人口のゆるやかな安定が、その問題を解決する国家の能力にかなり寄与するであろうと断定しました。

探索し、保持し、いくらか続いた人口増加のための経済の議論に納得させてた発見はみられなかった。

私達の国の健康はそれに依存せず、ビジネスの活力、平均的な人の福祉もしません。

ジョンD.ロックフェラーIIIはまた米国国連協会の国策パネルの会長でした。

世界の総人口、国連への挑戦、およびエージェンシーのそのシステムという表題を付けられて1969年5月付けに、それは57ページのリポートを生み出しました。

これは、国連と他の国際機関が世界人口増加への反応を導く必要性を強調しました。

アメリカの人口抑制シンクタンク、ネガティブな人口増加社は、米国の人口が、その現在のレベルから50%のカットを必要として1億2500万-1億5000万であるように1992において勧めました。

1995年に、同じシンクタンクはグローバルな人口における80%の縮小を推奨している研究を出版しました。

CNN創立者、テッド・ターナーなどの他の大金持ち個人は人口増加の結果について大変動の予測をしました。

合法的に使用されたターナー財団 それは ホームページ(Alexa.comウェブサイトキャッシュにおいてどれがまだ取り出されえますか)です ターナーによるドラマチックなステートメント :

私は環境保護活動と人口のフィールド全体を、まさしく人類の生き残りを保証する努力と考えます。

1997年に、テッド・ターナーは環境と人口のプログラムのために十億ドルを国連に寄贈しました。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR