FC2ブログ

映画製作者は911の攻撃を「デマ」と呼びます。

Filmmaker Calls 911 Attacks "a Hoax"

May 29, 2008


映画製作者は911の攻撃を「デマ」と呼びます。

2008年5月29日

by Henry Makow Ph.D.

On Sept. 11 2001,
filmmaker Paul Cross was doing post-production work in Washington DC when he heard about the "terrorist" attack. He visited the crash-site just five hours after impact and could plainly see the official story was a lie.

ヘンリーメイコウ博士によって

2001年9月11日にポール・クロス映画製作者は彼が「テロリスト」攻撃を耳にした時にワシントンD.C.で次のプロダクションの仕事をしていました。

彼はインパクトのちょうど5時間後に事故現場を訪問し、明白に、表向きの話が嘘であったとわかりました。

"There was no passenger jet wreckage; the lawn wasn't scorched; lamp posts, fences and construction materials in the path of the jet were untouched." Cross told me. "If this was a hoax, then the attack on the World Trade Centre was also a hoax."

Cross, 45, characterizes his pre-9-11 self as a "flag- waving patriot" who "voted Republican all my life."

「旅客ジェットの残骸が全然ありませんでした;」

芝生は焦げていませんでした;

「ジェット機の進路の街灯、フェンス、および建設材料は無事でした」。

クロスは私に話しました。

「これがデマであったならば、国際貿易センターへの攻撃もデマだろう」。

クロス(45才)「国旗を振っている愛国者」としての彼のpre-9-11自身を特徴づける「生涯ずっと投票する共和党員」。


He was crushed. "I love my country. I was in mourning for weeks, literally in tears for what has become of this country."

彼は押しつぶされました。

「私は私の国を愛しています」。

「私は、何週間も悼み、文字どおりに、この国に起こったもののための涙にむせんでいました」。

He decided to alert his fellow citizens by making the feature film
"Severe Visibility" about a Pentagon accountant, Major Stanley Kruter, who is slightly injured in the attack. He "has his head buried in the sand" but questions the official story when approached by a British investigative reporter.

彼は、攻撃でわずかに負傷した国防総省会計士スタンレーカーター少佐についての長編映画「厳しい視界」にすることによって彼の仲間の市民に警報を出すと決めました。

彼は「彼の頭を砂に埋めさせる」けれども、英国の事件記者によって接触された時に表向きの話の質問をされます。

Cross opted to make a feature instead of a documentary because he felt documentaries preach to the converted. He wanted to reach ordinary Americans who could identify with the cognitive dissonance his hero experienced as he tried to comprehend the implications of the hoax and its mass acceptance.

彼がドキュメンタリーが変えるものに説教するのを感じたので、クロスはドキュメンタリーの代わりに特徴を作ることを選びました。彼は、彼がデマとその大規模な受理の意味を理解しようとしたので、彼のヒーローが経験した認知的不協和と一体感を持つことができた普通のアメリカ人と連絡をとりたかったです。




Cross raised over $500,000 from friends and family. Many actors etc. wanted to participate and worked for less.



Cross wrote, directed and starred in the 90-min. feature. The film describes his own coming to terms with political reality.


クロスは、友人と家族から500,000ドル以上を集めました。

多くの俳優たちは、参加したくて、ほんの少し働きました。

クロスは書いて、監督して、90分の特徴できらめきました。


フィルムは、彼自身が政治的な現実との折り合いをつけるのを説明します。



Cross insists he identifies with the investigative reporter, not Kruter. But in an uncanny way, his own life now resembles the accountant who refused to pretend he saw a passenger plane.



Cross can't find a distributor for the movie. He can't get it shown at film festivals in the US.

They say their corporate owners or sponsors would not permit it.


クロスは、彼がカーターではなく事件記者と自分を同一視することを強く主張します。

しかし、異様な方法で、彼自身の人生は現在、彼が旅客機を見たふりをすることを断った会計士と似ています。

クロスは映画のためにディストリビュータを見つけることができません。

彼はそれを米国の映画祭で上映することができません。

彼らは、それらの企業のオーナーまたはスポンサーがそれを許さないであろうと言います。


"I feel like I am in Nazi Germany the way some people in Hollywood are reacting to it. What is everyone so afraid of? Everyone seems to like the film but... most of the distribution companies I have approached... don't want to release a film with so strong a statement."



He can't get interviews or reviews in the mainstream press. This is tangible proof of how art and information are controlled in our supposedly "free" society.

「ハリウッドの何人かの人々がそれに反応しているので、私がナチスドイツにいるよう感じます」。

誰もが何をそんなに恐れているのか?

「誰もが、フィルムが好きであるようであるけれども、私が近づいた配給会社のほとんど、そんなに強いステートメントによってフィルムをリリースしたくないという」。

彼は主流プレスの中でインタビューまたはレビューを得ることができません。

これは、どうアートと情報が私達のたぶん「フリー」社会の中でコントロールされるかの物的証拠です。

(Many politically sensitive movies never see the light of day. For eg. director Henry Bean had to show his wonderful movie, "The Believer" about a Jewish neo-Nazi, to a rabbi and some matrons at the Simon Wiesenthal Center in LA. They didn't like it and it never reached theaters.)



(多くの政治的に敏感な映画は決して日の目を見ません。eg.のために、ディレクター ヘンリー・ビーンは、ロサンジェルスのシモン・ヴィーゼンタール・センターのユダヤ教牧師と何人かの既婚夫人に彼のすばらしい映画にユダヤ人のネオ・ナチについての「信者」と知らせる必要がありました。彼らはそれが好きでなく、それは決して劇場に到着しませんでした。)

Paul Cross has received hate mail, and death threats. "The truth hurts," Cross says. "People can't face it."


But the film has been embraced abroad. "The media tells people the truth in other countries," he said.


Cross has joined the select minority of Americans who awoke on 9-11. We are the child who says the Emperor has no clothes surrounded by conformists who won't believe their own common sense and eyes.


ポール・クロスは嫌がらせの手紙と殺しの脅迫を受け取りました。

「真実の傷」とクロスは言います。

「人々はそれに直面することができません」。

しかし、フィルムは外国で歓迎されています。

「メディアは他の国で真実を人々に話します」と彼は言いました。

クロスは、9-11の事で目覚めたアメリカ人のえり抜きの少数に参加しました。

私達は、皇帝が順応者によって取り囲まれ衣服を全然持っていない言う彼ら自身の常識と目を信じないであろう子供です。

The other 9-11 movies like "Flight 93" and "World Trade Centre" are propaganda. They perpetuate the myths that 9-11 shattered. Oliver Stone is a shadow of the man who made "Platoon" and "JFK."

「93便」と「国際貿易センター」のような他の9-11の映画は宣伝です。

彼らは、9-11が粉砕した神話を永続させています。


オリバー・ストーンは、「プラトーン:一団」と「JFK」を作った男の影です。


THE FILM



フィルム


"Severe Visibility" is hard to watch. Cross said he meant it so. He wanted viewers to confront what happened on Sept 11, 2001. He wanted them to mourn the innocent victims and the demise of freedom.



The main character has a childish faith in his country. He addresses his diary to Thomas Jefferson as if the founding fathers were pristine. The dialogue and action are stilted. There isn't much of a plot and Cross is pretty long-winded. Incongruously, Kruter doesn't change the blood-stained bandage on his forehead.

「厳しい視界」は、見るにはつらいです。

クロスは、彼がそれをそう意味していると伝えていました。

彼はビューアに、2001年9月11日に起こったことに立ち向かってほしかった。

彼は彼らに、無実の犠牲者と自由の崩御を悼んでほしかった。

主要なキャラクターは彼の国への子供っぽい信頼を持っています。

創始者が純粋であるかのように、彼は彼の日記をトーマス・ジェファーソンに提出します。

ダイアログと行動は竹馬に乗っています。

たいしたプロットがなく、クロスはかなり長たらしい。

不適当に、カーターは彼の額の上の血がついた包帯を交換しません。


I have passed the "cognitive dissonance" phase. I wished Kruter had been less naive and had told his interrogators, "Hey, I wasn't looking out the window."



Christ said: "See, I am sending you out like sheep among wolves. So be as cunning as serpents and as innocent as doves." (Mathew 10:16)

私は「認知的不協和」フェーズを通過しました。

私は、カーターがよりナイーブでなく、彼の質問者に「へい、私は窓の外を見ていませんでした」と言ったらばよかったのにと思いました。

キリストは次のように言いました:

「見て、私はオオカミの中で羊のようにあなたを送ります」。

「従って、ヘビと同じくらいずるく、鳩と同じくらい無実です」。

(マシュー10:16)


In spite of all this, the film is for some undefinable reason quite gripping. Kruter becomes a symbol of the much-lied-to and-abused American people. I was glad the film ended but I was also glad I had seen it.



"Severe Visibility" contains a lot of information about the Pentagon attack. For example, the 9-11 scenario had been rehearsed as a "terror exercise" numerous times. This is why the military allowed it to take place. (As if the "terrorists" would have been privy to this information.)

すべてのこれにもかかわらず、フィルムはまったくつかんで、いくらかの限定可能でない理由のためです。

カーターは多く嘘を言われたしおよび虐待されてアメリカ人のシンボルになります。

私は、フィルムが終わったことがうれしかったけれども、私は、また、それを見たことがうれしかった。

「厳しい視界」は国防総省攻撃についてのたくさんの情報を含んでいます。

例えば、9-11シナリオは何度も「恐怖運動」としてリハーサルされました。

そんなわけで、軍隊は、それが起こることを可能にしました。

(「テロリスト」がこの情報に内々関与していたであろう事のように。)



CONCLUSION



結論

We have been colonized by an alien financial power, the London-based central banking cartel and their instruments, the colonial elite: corporations, intelligence agencies, government, the two political parties, universities, Freemasons, the churches, organized Jewry, Marxist Jews; Neo Cons; feminists, foundations; think tanks, and of course the mass media.



The "truth will set you free" so they suppress it.. That's why we must honor and support courageous if flawed works like "Severe Visibility." The only deterrent against another false flag terrorist attack, possibly leading to martial law, is for everyone to know the truth about 9-11.

--------

Paul Cross will be interviewed Sunday 10 PM CT June 1 on my Internet radio show at www.republicbroadcasting.org

--

私たちは、外国の金融力:ロンドンの中央銀行業務カルテルおよびそれらの道具(植民地のエリート)によって植民地化されました:企業、情報局、政府、2つの政党、大学、フリーメーソン、教会、組織されたユダヤ人、マルクス主義者ユダヤ人;ネオコン;フェミニスト、財団、シンクタンク、そしてもちろん、マスメディア。


「真実はあなたを解放するであろう」ので彼らがそれを抑制します。。

それは、私達が尊敬し、もしひびが入った作品「厳しい視界」が好きならば勇敢にサポートしなければならない理由です。


恐らく戒厳令に結びつく別の偽者のフラグ・テロリスト攻撃に対するただ一つの抑制物は、
誰でも9-11に関する真実を知ることです。


--------

ポール・クロスはwww.republicbroadcasting.org
で私のインターネットラジオショーの上で6月1日日曜日午後10時CTインタビューされるでしょう。

--










スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR