FC2ブログ

ファシズム

デーヴィッド・アイク(David Icke)の情報


ファシズムの特徴http://icke.seesaa.net/


これまで歴史上に現れたファシズム国家は次のような共通点を持っている。今の世界の情勢はどうであろうか。







1)強力な国家主義が継続する。

2)人権を認めることに対する軽蔑。

3)敵またはスケープゴートを明示することで、求心力を得ようとする。

4)軍隊が何物にも優る力を持つ。

5)性差別がいたるところで見られる。

6)管理されたマスメディア。

7)国家の安全に対する固執。

8)宗教と政府の密接な関係。

9)企業が保護される。

10)労働側は抑圧される。

11)文化人や芸術家の蔑視。

12)犯罪とそれに対する刑罰への固執。

13)えこひいきと汚職がはびこっている。

14)選挙結果を工作する。


翻訳




元記事






ファシズムhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B7%E3%82%BA%E3%83%A0


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Jump to: navigation, search

ファシズム(英: fascism、伊:fascismo)は、狭義にはイタリアにおけるムッソリーニのファシスト党による1922年から1942年までの政治体制を指す。イタリア語のファッショは束(たば)、結束を意味する。ファシストとは結束した同盟者の集まりという意味になる。


一般的には過剰な民族主義による抑圧的な政治体制を指す。全体主義と呼ばれることもある。第一次世界大戦後における国家への国民統合を推進したイデオロギー及び政治運動、統治機構などを含む。ファシズムが表れた国として有名なのはナチス・ドイツ、イタリア王国、大日本帝国或いは第二次大戦中にドイツの占領、影響下にあった諸地域であるが、ルーマニア、ポルトガル、ポーランド、スペイン、チリ、アルゼンチン、フランス、ブラジル、ノルウェー、アイルランド、オーストラリア、イギリス、アメリカ合衆国でもファシズムがみられた。

なお、アルゼンチンのファシズム運動は、その代表者フアン・ペロンの名前を冠してペロニズムとも呼ばれる。軍備拡張や民族主義に基づく外国資本の排除(アルゼンチン国内の英国系鉄道の国有化など)などファシズムに共通するものが見られる一方で、反共主義を基調としながらも労働・福祉政策においては労働組合と協調的姿勢を取ったり、貧民救済政策を取るなどしたためポピュリズム(大衆主義)政権という意見もあり、ファシズムか否かが論議されている。また、ポルトガルのエスタド・ノヴォに関しても、権威主義体制に分類することが多く、ファシズムであるか否かは意見が分かれる。


また、旧ユーゴスラビア王国のクロアチア人民族主義運動「ウスタシャ」は、ドイツ・イタリアから強烈な影響を受けていた。これは民族の団結と暴力による異民族からの解放を訴え、セルビア人(とくに要人)へのテロを繰り返した。この他にも、インド、南アフリカ、シリア、レバノン、イランでもファシズムに強く影響を受けた民族主義運動が出現した。


ドイツにおいてはナチズムと呼ばれた。アドルフ・ヒトラーの国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)党による排他的抑圧的な政治体制であり、元々ナチス自体ファシスト党を参考にして作られたものである。


ナショナリズムのひとつの発現形態であると指摘されることもあるが、実際はナショナリズムを越える傾向を持つ。また、スターリニズムと並ぶ全体主義のひとつの類型として捉えられることも多い。


蛇足


ファシズムとして知られるアドルフ・ヒトラーの国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)党 は名前的には旧社会党などと変わらない。第一次大戦の戦後復興として国、企業及び労働者大衆の経済発展の為の政策をドンドンと打って、敗戦国の憂き目を晴らす国民の支持を取り付けていた。ここまでは何処の国にも、社会主義国や共産主義国にでも普通にある。ファシズムとよく言われる3国同盟ナチス・ドイツ、イタリア王国、大日本帝国とどれも違う体制と文化を持っている国です。現在、上記のような国はどこかと言えば、すぐに思い浮かぶ・・特定アジア3カ国とアメリカ合衆国以下多数・・・、ほぼ人工国家(偽造国家)名前が挙げられる。国家を盗んで、支配者に納まる事をファシズムというのではないか??人間だけなのかその他もいるのであろうか?>いるに決まってる。


*人工国家の本山はベルギーだと言う人もいる。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR