FC2ブログ

インターネット使用制限の企て

Secret Plan To Kill Internet By 2012 Leaked?

Some question if report that pay-per-view system to be introduced is a hoax, but wider march to regulate the web is documented

2012年までにインターネットを殺す秘密の計画は、漏れました?

導入されるペイパービューシステムが、デマであるがウェブを調節するより広い行進であるという報告が文書化されるかどうかをいくつか疑います。


Paul Joseph Watson

Prison Planet

Wednesday, June 11, 2008




ポールジョセフワトソン

刑務所惑星

2008年6月11日水曜日






ISP's have resolved to restrict the Internet to a TV-like subscription model where users will be forced to pay to visit selected corporate websites by 2012, while others will be blocked, according to a leaked report. Despite some people dismissing the story as a hoax, the wider plan to kill the traditional Internet and replace it with a regulated and controlled Internet 2 is manifestly provable.


"Bell Canada and TELUS (formerly owned by Verizon) employees officially confirm that by 2012 ISP's all over the globe will reduce Internet access to a TV-like subscription model, only offering access to a small standard amount of commercial sites and require extra fees for every other site you visit. These 'other' sites would then lose all their exposure and eventually shut down, resulting in what could be seen as the end of the Internet," warns a report that has spread like wildfire across the web over the last few days.


The article, which is accompanied by a You Tube clip, states that Time Magazine writer "Dylan Pattyn" has confirmed the information and is about to release a story - and that the move to effectively shut down the web could come as soon as 2010.


Watch the clip.


漏洩したリポートによ



ると、ISP事業者は、インターネットを、他が塞がるであろう時、ユーザーが、2012年までに選ばれた企業のウェブサイトを訪問するために支払うことを強制されるであろうテレビ風の登録モデルに限定することにしました。

デマとして話を退けて、いくつかが植民するにもかかわらず、伝統的なインターネットを殺し、それを調節されて、コントロールされたインターネット2と取り替える、より広い計画は明白に立証可能です。

「(以前Verizonによる所有)従業員が、2012年までに、ISPが地球の至る所であることを公式に確認するベルカナダとTELUSは、インターネットアクセスをテレビ風の登録モデル(少ない標準の量の商業用のサイトへの提出アクセス)だけに減らし、あなたが訪問するすべての他のサイトのために特別な料金を必要とするでしょう」。

「インターネットの終わりと考えられることができたものを結果として生じて、これらの‘他’サイトはその時すべてのそれらの露出を失い、結局閉鎖されるでしょう」と、ここ数日の間にウェブを横切って野火のように広がったリポートは警告します。

Youチューブ留めによって伴われている記事は、タイム誌作家「ディランPattyn」が情報を確認し、まさに話をリリースしようとしていると述べます - また、効果的にウェブを閉鎖する動きが2010年にも来るだろうと。

クリップを見てください。


People have raised questions about the report's accuracy because the claims are not backed by another source, only the "promise" that a Time Magazine report is set to confirm the rumor. Until such a report emerges many have reserved judgment or outright dismissed the story as a hoax.


主張が、別のソース、タイム誌リポートが、噂を確認するために課される「約束」だけによって支えられないので、人々はリポートの精度についての問題を提起しました。

そのようなリポートが明らかになるまで、多くは判断を確保するか、デマとして徹底的に話を退けました。




What is documented, as the story underscores, is the fact that TELUS' wireless web package allows only restricted pay-per-view access to a selection of corporate and news websites. This is the model that the post-2012 Internet would be based on.


People have noted that the authors of the video seem to be more concerned about getting people to subscribe to their You Tube account than fighting for net neutrality by prominently featuring an attractive woman who isn't shy about showing her cleavage. The vast majority of the other You Tube videos hosted on the same account consist of bizarre avante-garde satire skits on behalf of the same people featured in the Internet freedom clip. This has prompted many to suspect that the Internet story is merely a stunt to draw attention to the group.


Whether the report is accurate or merely a crude hoax, there is a very real agenda to restrict, regulate and suffocate the free use of the Internet and we have been documenting its progression for years.


The first steps in a move to charge for every e mail sent have already been taken. Under the pretext of eliminating spam, Bill Gates and other industry chieftains have proposed Internet users buy credit stamps which denote how many e mails they will be able to send. This of course is the death knell for political newsletters and mailing lists.


The New York Times reported that "America Online and Yahoo, two of the world's largest providers of e-mail accounts, are about to start using a system that gives preferential treatment to messages from companies that pay from 1/4 of a cent to a penny each to have them delivered. The senders must promise to contact only people who have agreed to receive their messages, or risk being blocked entirely."


The first wave will simply attempt to price people out of using the conventional Internet and force people over to Internet 2, a state regulated hub where permission will need to be obtained directly from an FCC or government bureau to set up a website.


The original Internet will then be turned into a mass surveillance database and marketing tool. The Nation magazine reported in 2006 that, "Verizon, Comcast, Bell South and other communications giants are developing strategies that would track and store information on our every move in cyberspace in a vast data-collection and marketing system, the scope of which could rival the National Security Agency. According to white papers now being circulated in the cable, telephone and telecommunications industries, those with the deepest pockets--corporations, special-interest groups and major advertisers--would get preferred treatment. Content from these providers would have first priority on our computer and television screens, while information seen as undesirable, such as peer-to-peer communications, could be relegated to a slow lane or simply shut out."


Over the past few years, a chorus of propaganda intended to demonize the Internet and further lead it down a path of strict control has spewed forth from numerous establishment organs:


話骨子として文書化されるものは、TELUSのワイアレスウェブパッケージが企業で、ニュースのウェブサイトの選択への制限されたペイパービューアクセスだけを許すという事実です。

これは、post-2012インターネットが基づくであろうモデルです。

人々は、ビデオの作者が、人々を、彼らのYoutubeアカウントに申し込ませることについて、顕著に、彼女の胸の谷間を示すことについて内気でない魅力的な女性を売り物とすることによってネット中立を求めて戦うより心配しているようであることに注意しました。

インターネット自由クリップによって特集された同じ人々のために同じアカウントの主催された他のYoutubeビデオの大部分は奇妙な前衛的監視人皮肉スキットから成ります。

これは、インターネットの話が、グループに注意を引き付ける単にスタントであると疑うために多くを促しました。

リポートが正確であるか、単に粗野なデマであるかどうかにかかわらず、インターネットの自由な使用を限定し、調節し、窒息させる非常に本当の路線があり、私達は何年もの間その行動を文書化しています。

送られたすべてのeメールの料金を請求する動きにおける最初の処置はすでに取られています。

除去スパムの口実の下では、ビル・ゲイツおよび他の産業指導者は、インターネットユーザーが、いくつのeメールで彼らが送ることができるかを示すクレジット切手を買うことを提案しました。

これはもちろん政治的なニューズレターとメーリングリストのための弔鐘です。

ニューヨーク・タイムズは、「アメリカ・オンラインとヤフー(電子メールアカウントの世界の最も大きなプロバイダーの2つ)は、まさに優待を、それらを配達させるために、1セントの1/4から1ペニーまでそれぞれ支払う会社からのメッセージに与えるシステムを使い始めようとしています」を報告しました。

「送信側は、彼らのメッセージを受け取るか、完全にふさがることのリスクを負うことに合意した人々だけに連絡すると約束しなければなりません」。

一番目は、従来のインターネットを使うことから人々に価格設定し、インターネット2(許可が、ウェブサイトを設立するために直接FCCまたは政府局から得られる必要があるであろう国の調節されたハブ)に人々を強制する単に試みを意志に合図します。

オリジナルのインターネットはその時マス監視データベースとマーケティング手段に変るでしょう。

国家雑誌は、それ(「Verizon、Comcast、ベル・サウス、および他の通信巨人は、広大な情報収集とマーケティングのシステムの中でサイバースペースの中の私達のすべての動きについての情報を追跡し、蓄えるであろう戦略を開発しています(その範囲は国家安全保障局と競争することができました))を2006において報告しました。

現在ケーブル、電話、および通信業の中で循環している白書によると、最も深いポケット--企業、特殊利益のグループ、および主要な広告者--を持つそれらは好まれた取り扱いを受けるでしょう。

「これらのプロバイダーからのコンテンツは私達のコンピュータとテレビのスクリーンの最初の優先事項を持つであろう一方、ピアツーピア通信など不適当であると考えられた情報は低速用レーンに追いやられるか、単に締め出されることができました」。

ここ数年にわたって、宣伝の合唱団は、インターネットを悪魔化し、厳密なコントロールのパスの下でさらにそれを導くことがたくさんの設立機関から前で吐いたのを意図していました:




The development of a new form of internet with new regulations is also designed to create an online caste system whereby the old internet hubs would be allowed to break down and die, forcing people to use the new taxable, censored and regulated world wide web.


Make no mistake, the internet, one of the greatest outposts of free speech ever created is under constant attack by powerful people who cannot operate within a society where information flows freely and unhindered. Both American and European moves mimic stories we hear every week out of state controlled Communist China, where the internet is strictly regulated and virtually exists as its own entity away from the rest of the web.


The Internet is freedom's best friend and the bane of control freaks. Its eradication is one of the short term goals of those that seek to centralize power and subjugate their populations under tyranny by eliminating the right to protest and educate others by the forum of the free world wide web.


新しい規則を持つインターネットの新しいフォームの開発は、また、古いインターネットハブが、新しい課税の、検閲されて、調節されたワールドワイドウェブを使うことを人々に強制して、壊れて、死ぬことを許されるであろうオンラインカースト制を作成するようにデザインされます。

誤り、インターネットを全然犯さないでください、これまで作成された言論の自由の最も大きな前哨基地の1つは、情報が自由に流れる社会の中で働くことができない強力な人々による絶え間ない攻撃の下にあり、妨害されていない。

アメリカとヨーロッパの動きは、私達が国のコントロールされた中共から毎週聞く話をまねします(そこで、インターネットは厳密に調節されて、事実上、ウェブの残りから離れてそれ自身のエンティティとして存在しています)。

インターネットは自由の最もよい友人と管理好きの災いのもとです。

その根絶は、パワーを集中化し、抗議する権利を取り除くことによって専制政治の下でそれらの人口を鎮圧し、自由世界の広いウェブのフォーラムによって他を教育することに努めるそれらの短期の目標の1つです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■ナスwwwwwwww

女の子のオ●ニーをじっくり見たのはじめて(;゜∀゜)=3
彼女いわくオ●ニーにも前戯があるらしく、最初はナスビ入れてたよwwww
やっとバイブ使ったと思ったら一瞬で死ぬほど潮吹いてるしΣ(´Д` )ナンジャソリャ
見てるだけで6マンはウマかったわぁ(゜Д゜)y─┛~~
http://jazzye.net/nasukko/aaRJElXJ/
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR