FC2ブログ

オオカミ少年

Central bank body warns of Great Depression


by Gill Montia


Story link: Central bank body warns of Great Depression
 


The Bank for International Settlements (BIS), the organisation that fosters cooperation between central banks, has warned that the credit crisis could lead world economies into a crash on a scale not seen since the 1930s.


In its latest quarterly report, the body points out that the Great Depression of the 1930s was not foreseen and that commentators on the financial turmoil, instigated by the US sub-prime mortgage crisis, may not have grasped the level of exposure that lies at its heart.


According to the BIS, complex credit instruments, a strong appetite for risk, rising levels of household debt and long-term imbalances in the world currency system, all form part of the loose monetarist policy that could result in another Great Depression.


The report points out that between March and May of this year, interbank lending continued to show signs of extreme stress and that this could be set to continue well into the future.


It also raises concerns about the Chinese economy and questions whether China may be repeating mistakes made by Japan, with its so called bubble economy of the late 1980s.


EDITORS NOTE: Quite a few comments have been made that there is no direct reference to the Great Depression in this month’s BIS report.


While this is strictly true, BIS warned in June 2007
- just before the Credit Crunch really hit - that the global economy was vulnerable to a major economic set-back because of extraordinary exposure to collateralized credit.


BIS directly made references to the 1930’s
as an example of a similarly serious credit bubble, and this month’s BIS report describes the conditions of this being lived out.


So, to be pedantic, the warning “BIS warns of Great Depression” is actually a year old already. What BIS discusses now is the fragility of existing conditions of the fall-out from a massive credit bubble bursting - which has already been made clear across their reports historically can be similarly referenced to the 1930’s, though stated in a typically conservative and non-alarmist language.


Even what optimism BIS had about a weak recovery to the end of May 2008 have been dashed by extreme shorting of financial stocks across the US and UK - Lehman Brothers, HBOS, and property developers such as Barratts, have all taken extreme beatings in June 2008.


So back to the headline - BIS have indeed already warned of repeat of conditions that could be as extreme as the Great Depression, and are now describing that process as we move through it.


In the meantime, unemployment is already on the rise on both sides of the pond, and the analogy some people have concerns about I’m afraid are still salient.


- Brian Turner, Editor, Banking Times.







中央銀行本体は大きな景気後退を警告します。

byジルMontia:

中央銀行本体は大恐慌を警告します。

国際決済銀行(BIS)(中央銀行の間の協力を養育する組織)は、金融恐慌が世界経済を1930年代以来見られなかったスケールの衝突に導くかもしれないことを警告しました。

その最新の四半期のリポートの中で、本体は、1930年代の大恐慌が予感されず、米国サブプライム抵当危機によって扇動された金融騒動の解説者が、その心臓で横たわっている露出のレベルを把握しなかったかもしれないことを指摘します。

BISによると、複雑な信用証券(リスク、家庭の借金の上昇レベル、および国際通貨システムの長期不均衡への強い欲望)はすべて、別の大恐慌を結果として生じることができたゆるんだマネタリスト的政策の一部となります。

リポートは、今年の3月と5月の間に、銀行相互の貸しが、過度のストレスのきざしを見せ続けて、これが、未来に十分続くようにセットされることが指摘します。

それはまた中国の経済についての懸念を引き起こし、中国が1980年代の末期のそのいわゆるバブル経済によって日本によって犯された誤りを繰り返しているかもしれないかどうかを疑います。

エディタは言及します:

今月のBISリポートの中に大恐慌への直接的な参照が全然ないという相当数のコメントはされています。

これが厳密に真実のBISは2007年6月--本当に打たれた信用収縮のすぐ前に--世界経済が担保で保証されたクレジットへの並みはずれた露出のため主要な経済のセットバックに無防備であったことを警告しました。

BISは直接同様に重大なクレジットバブルの例として1930年代への参照をし、今月のBISリポートはこれが生き抜かれる条件を説明します。

従って、学者ぶっているために、「BISが大恐慌を警告する」警告はすでに実際1年前からあります。

BISが現在議論するものははじけている大規模なクレジットバブルからの放射性降下物の現状のもろさです。 一般に保守的で、心配性でない言語で述べられるけれども、どれがすでに歴史的にそれらのリポートを横切って明らかにされたかは同様に1930年代に参照されることができます。

BISが2008年5月の終わりまで弱い回復についてどんな楽天主義を持っていたかさえ米国とUKを横切ってファイナンス銘柄の極端な短絡によって衝突させられています - Lehman Brothers、HBOS、およびBarrattsなどの不動産開発業者は2008年6月にすべて極端な打ちを取りました。

従って、ヘッドラインにバックしてください - BISは、実にすでに、大恐慌と同じくらい過激であるかもしれず、現在、私達がそれを通して動く時に、そのプロセスを説明している条件の繰り返しを警告しました。

その間、失業はすでに、池の両側の上昇と何人かの人々が持っている類似の上で、まわりで、私が恐れている懸念がまだ顕著であることです。

- ブライアン・ターナー。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR