FC2ブログ

世界の人口を激減させることを試みているグローバリスト

Globalists attempting to depopulate the world


世界の人口を激減させることを試みているグローバリスト

EHRAN -- Leuren Moret is an American independent scientist and international expert on radiation and public health issues.


She has devoted her life to awakening the public to the destructive consequences of the depleted uranium munitions used by the U.S. military and has made relentless efforts to stop the United States from destroying the environment.


Following is the text of a Press TV interview with Leuren Moret published on October 25:


テヘラン--ロウレン・モレは放射線と公衆衛生の問題についてのアメリカの独立する科学者と国際的なエキスパートです。

彼女は、彼女の人生を、米国軍隊によって使われた劣化ウラン軍需品の破壊的な結果を一般大衆に喚起することに捧げて、米国が環境を破壊することを妨げる無情な努力をしました。

以下は10月25日に出版されたロウレン・モレとのプレステレビインタビューのテキストです:


Q: The U.S. is using DU weapons in violation of international treaties. Why is the international community not forcing the U.S. to stop the use and production of such weaponry?





A: I’ve asked that question many times myself. With the demonstrated total and complete failure of international judicial remedies -- by the International Criminal Court and the world court -- to enforce the 1925 Geneva poison gas protocol, the Geneva and Hague conventions, international agreements and other treaties, and the failure of depleted uranium weapons to meet the standards (in four out of four categories) of legality under international law, it is clear that the international judicial system is morally and procedurally bankrupt. In other words, international laws and treaties are meaningless and/or selectively enforced. Just like the U.S. nuclear weapons labs where I have worked, they selectively enforce the rules only when they want to ‘get someone’, in other words, they unfairly target and enforce laws that may be on the books, but are ignored.


Q:

米国は国際協定の違反において劣化ウラン武器を使っています。

なぜ国際社会は、そのような武器の使用と生産を止めることを米国に強制しないのですか?

A:

私は自身で何度もその質問をしました。

1925年のジュネーブ毒ガスプロトコル(ジュネーブとハーグ会議、国際協定、および他の条約)を強制する国際的な司法救済--国際刑事裁判所と世界法廷による--と国際法の下で合法性の基準(4つのカテゴリーの4における)を満たすことにおける劣化ウラン武器の規制失敗の示された合計と完全な規制失敗によって、国際的な司法制度が道徳的に、手続き的に無力であることは明白です。

すなわち、国際法と条約は無意味で、および/または、選択的に実施されます。

ちょうど、私が働いた米国核兵器研究所のように、‘誰かをつかまえてください’に、彼らが望んでいて、すなわち、彼らが不公平に、本の上にあるかもしれないけれども無視される法律をターゲットとし、実施する時だけに、彼らは選択的に規則を実施します。


And that has been true throughout the nuclear project since the end of WWII when atomic bombs, weapons of mass destruction, were dropped on living civilian populations in Hiroshima and Nagasaki, Japan, the only two Christian cities in Japan.


And that was a case of Christians dropping the first atomic bombs on Christians.


Those first atomic bombs were weapons of mass destruction and they were illegal in every sense of the law.


They were dropped without the consent of the scientists who developed them, without the consent of the political leadership (with the exception of President Truman who was talked into it by one man -- Col. Henry Stimson, Sec. of War and a Wall Street banker and member of Skull and Bones), and with the strongest opposition coming from the U.S. military leadership -- especially General Leslie Groves who was in charge of developing atomic bombs as head of the Manhattan Project.


The decision to drop two atomic bombs was made by one man -- Colonel Henry Stimson -- a Wall Street banker with ties to Churchill and the city of London bankers. It’s always the international bankers who are engineering these horrific wars and the development of ever more horrific technologies of war.


そして、それは、原子爆弾、大量破壊兵器が、広島と長崎(日本のただ2つのキリスト教都市)で民間人が生活している所へ落とした第二次世界大戦の終わり以来、核のプロジェクトの考えは真実でした。そして、それは最初の原子爆弾をキリスト教徒に落としているキリスト教徒のケースでした。それらの最初の原子爆弾は大量破壊兵器であり、それらは法律のすべての感覚において違法でした。それらは、彼らを開発した科学者の同意なしで、政治的なリーダーシップ(その中に1人によって論じられたトルーマン大統領を除いた--ヘンリー・スティムソン大佐、次に戦争とウォール街の銀行家たち、および頭蓋骨と骨格のメンバー)の同意なしで、そして米国軍隊リーダーシップから来る最も強い反対によって落としました--特に、マンハッタン計画のトップとして原子爆弾を開発することを担当していたレスリー・グローブス将軍。

2つの原子爆弾を落とす決定した人--ヘンリー・スティムソン大佐--(チャーチルへのつながりを持つウォール街の銀行家、およびロンドンシティの銀行家)によってされました。
これらの恐ろしい戦争と戦争のいっそうの恐ろしいテクノロジーの開発をたくらんでいるのはいつも国際銀行家です。


However the hypocrisy of the U.S. government must also be addressed. Depleted uranium munitions meet the definition of WMDs under U.S. Federal Code in 2 out of 3 categories, and they violate U.S. military law because the U.S. is a signatory to the Geneva and Hague conventions. If the U.S. government is so worried about Iran being a nuclear threat, then why did Henry Kissinger give Iran nuclear power plants, and President Gerald Ford give Iran plutonium?


September 16, 2005, in the UN General Assembly, President Hugo Chavez of Venezuela said:


“We could, on the basis of national realities, exchange knowledge, integrate markets, interconnect, but at the same time we must understand that there are problems that do not have a national solution: radioactive clouds, world oil prices, diseases, warming of the planet or the hole in the ozone layer. These are not domestic problems.”


しかし、米国政府の偽善はまたアドレスされなければなりません。

劣化ウラン軍需品は3つのカテゴリーの2において米国連邦コード下のWMDの定義に遭遇し、米国がジュネーブとハーグの会議への署名人であるので、それらは米国軍法に違反します。米国政府が核の脅威であるイランについてそう心配するならば、なぜヘンリー・キッシンジャーはイランに原子力発電所を与えて、大統領ジェラルド・フォードはイランにプルトニウムを与えましたか?

2005年9月16日、UN総会で、ベネズエラのヒューゴ・チャベス大統領は次のように言いました:「私達はできる、全国的な現実に基づいて、知識を交換し、市場を統合し、相互接続するけれども、同時に、私達は、全国的なソリューションを持っていない問題があると理解しなければなりません:」

放射能雲、世界原油価格、病気、地球温暖化、またはオゾン層の中の穴。

「これらは国内の問題ではありません」。


And on September 17, 2005, in the UN General Assembly President Ahmadinejad of Iran eloquently brought the depleted uranium issue to the table:


“Ironically, those who have actually used nuclear weapons, continue to produce, stockpile and extensively test such weapons, have used depleted uranium bombs and bullets against tens and perhaps hundreds of thousands of Iraqis, Kuwaitis, and even their own soldiers and those of their allies, afflicting them with incurable diseases, blatantly violate their obligations under the NPT, have refrained from signing the CTBT and have armed the Zionist occupation regime with WMDs, are not only refusing to remedy their past deeds, but in clear breech of the NPT, are trying to prevent other countries from acquiring the technology to produce peaceful nuclear energy. All these problems emanate from the fact that justice and spirituality are missing in the way powerful governments conduct their affairs with other nations. “


A third courageous world leader has also recognized that depleted uranium global pollution is the most important issue today, for example Dr. Mahathir Mohamed, former prime minister of Malaysia. He held an international war crimes conference February 5-7, 2007, in Kuala Lumpur, Malaysia, attended by 5000 people.


そして、2005年9月17日に、国連総会において、イランの大統領アハマディネジャドは雄弁に劣化ウラン問題をテーブルにもたらしました:

"Ironically、実際使われた核兵器を持っていて、産出し続ける人々、資材、および広い、そのような武器のテストは、不治の病のために彼らを苦しませて10万人ひょっとしたら数十万人のイラク人、クウェート人、および彼ら自身の兵士と彼らの同盟者に対して劣化ウラン爆弾と銃弾を使い、騒々しく、NPTの下で彼らの義務に違反し、CTBTにサインすることを控えて、WMDによってシオニズム占領体制を武装させて、治療することを断っているだけでありません。それらの過去の行為であるが空所の、NPTの砲尾は、平和な核エネルギーを生産するために他の国がテクノロジーを取得することを妨げようとしています。これらのすべての問題は、公正と精神性が、強力な政府が他の国家とそれらの仕事を実施する方法の中に行方不明であるという事実から出ます。"3番目の勇敢な世界的リーダーは、また、劣化ウラン地球汚染が今日の最も重要な問題(例えばマハティール・モハメド博士、マレーシアの前総理大臣)であると認めていました。5000人の人々が出席したクアラルンプール、マレーシアで彼は2007年2月5日-7日国際的な戦争犯罪会議を催しました。


The issue of radioactive weapons and depleted uranium played an important role at this conference.


So we have three world leaders now who have spoken out about the horror and illegality of depleted uranium weaponry. But the NATO countries are silent and complicit in the poisoning of Iraq, Yugoslavia, Afghanistan, and Lebanon with their illegal weapons. The approximately 5000 U.S. bunker buster bombs that Israel bombed Lebanon with, in the July 2006 attack. Dr. Chris Busby has reported evidence of not only depleted uranium in the bomb craters along the Lebanon/Israel border, but also traces of deuterium, high levels of uranium 235, and neutron activation products that quickly decayed within 3 weeks. The analyses were done at the British Government Radiation Laboratory at Harwell, so they must be correct.


Those anomalous radiation fingerprints suggest that 4th generation nuclear weapons were also included in the bunker buster dirty bombs. In other words, the U.S./Israel are now carrying out two nuclear wars from within the same bomb -- or shall we call it the new ‘super nuker.’ What hypocrisy for the U.S. to cry ‘terrorist’ about Iran, when U.S. bombs delivered by Israeli jets are nuking Lebanon, Israeli citizens, and everyone in the region. Well, it is well known in America that the victimizer always turns himself into the victim.


The truth is that the ‘nuclear states’ have, and are using, nuclear weapons for blackmailing weaker countries in order to depopulate them and steal their mineral resources. It’s just that simple.


放射性の武器の問題と劣化ウランはこの会議で重要な役割を果たしました。

従って、私達は、劣化ウラン武器の恐怖と違法についてはっきり話した現在の3人の世界的リーダーを持っています。

しかし、NATO国はそれらの違法な武器によってイラク、ユーゴスラビア、アフガニスタン、およびレバノンへの毒物混入において静かに共謀しています。

イスラエルが2006年7月の攻撃においてレバノンを爆撃した約5000個の米国バンカーバスター爆弾。クリス・バズビー博士は、レバノン/イスラエルの国境に沿った爆弾クレーターの劣化ウランだけでなく重水素、ハイレベルのウラニウム235、およびすぐに、3週間以内に腐敗した中性子放射化生成物の痕跡の証拠を報告しました。

分析はハーウェルで英国政府放射線研究所で行われたので、それらは正しいにちがいありません。それらの異例の放射能指紋は、4番目の世代の核兵器が、また、汚いバスターが爆撃するバンカーに含められていたことを示唆します。

すなわち、米国/イスラエルは現在同じ爆弾の中から2つの核戦争を実行しています--または、私達は、イスラエルのジェットによって配備された米国爆弾が地域でレバノン、イスラエルの市民、およびみんなを核攻撃している米国がイランについて‘テロリスト’を叫ぶようにそれを新しい‘スーパー電子レンジ’それを偽善と呼びます。

さて、加害者がいつも自身を犠牲者に変えることはアメリカでよく知られています。

真実は、‘核状態’が持っていて、それらの人口を激減させて、それらの鉱物資源を盗むためにより弱い国を恐喝するための使う、核の武器であることです。それはまさにそんなに簡単です。


Q: What is depleted uranium and how does it affect human beings? What are the consequences of DU contamination?


A: Depleted uranium is radioactive waste from the nuclear weapons and nuclear power programs. 99.5% of the uranium that is mined becomes depleted uranium after 0.5% uranium 235 is removed in the enrichment process. Iran is legally enriching uranium for their nuclear power program, and the IAEA has stated that this is a perfectly legal activity in a country with nuclear power plants. It is being used as an excuse by the U.S. and international community to threaten Iran.


In 1942, radioactive poison gas weapons were suggested for development under the Manhattan Project. In other words, the scientists did not know if they could successfully make atomic bombs, so they said “…Let’s make dirty bombs, dirty missiles, and dirty bullets out of the depleted uranium, since we have lots of that, and it will permanently contaminate the air, water, soil, food, and blood in a region where we use these munitions.” It was a great weapon to kill, maim and disease lots of people.


So in 1942 they knew everything about depleted uranium but did not use it until 1973, during the oil crisis, when the U.S. government gave it to Israel and supervised them using it in the Yom Kippur war. I have met so many women in Berkeley, California, who lived in Israel (occupied Palestine) then in Kibbutzes, and they have an epidemic of breast cancer in their families now. Well, that was just the beginning.


The U.S. has contaminated 39 states with depleted uranium since 1945 from testing, manufacture, sales, storage and disposal of these weapons. The U.S. is in a massive epidemic of radiation related illnesses, which is increasing every year -- the U.S. government nuked its own people with atomic bomb testing, nuclear power plants, and now depleted uranium.


Q:

劣化ウランは何ですか?そして、どのようにそれは人間に影響しますか?

DU汚染の結果は何ですか?

A:

劣化ウランは核兵器と原子力プログラムからの放射性廃棄物です。

0.5%のウラニウム235が濃縮プロセスにおいて取り除かれた後に、採掘されるウラニウムの99.5%が劣化ウランになります。

イランはそれらの原子力プログラムのためにウランを法律上濃縮していて、IAEAは、これが原子力発電所を持つ国で完全な法律の活動であると述べました。

それは、イランを脅かす米国と国際社会による口実として使われています。

1942年に、放射性の毒ガス武器はマンハッタン計画の下で開発のために提案されました。すなわち、科学者は、彼らが首尾よく原子爆弾を作ることができたかどうかを知らなかったので、彼らは「…」と言いました。

「私達がたくさんのそれを持ち、それが、私達がこれらの軍需品を使う地域で恒久的に空気、水、土、食物、および血を汚染するであろうので、劣化ウランから汚い爆弾、汚いミサイル、および汚い銃弾を作りましょう」それは、たくさんの人々を殺し、不具にし、病気にする大きな武器でした。

従って、1942年において、彼らは劣化ウランについてすべてを知っていたけれども、米国政府がそれをイスラエルに与えて、贖罪の日戦争においてそれを使って、彼らを監督した時に、石油危機の1973年までそれを使いませんでした。

私は、イスラエル(占められたパレスチナ)に、それからキブツに住んでいたバークレー、カリフォルニアの多くの女性と会い、彼らは今彼らの家族の中に乳ガンの流行を持っています。さて、それはまさにその最初でした。

米国はテスト、製造、販売、これらの武器のストレージ、および処分から1945年以来劣化ウランによって39地域を汚染しました。

米国は放射線関連の病気の大規模な流行にある(それは毎年増大しています)--米国政府は原子爆弾テスト、原子力発電所、および今劣化ウランを持つそれ自身の人々を核攻撃しました。


Not only are the Middle East and Central Asia contaminated forever with radioactive depleted uranium, which has a half-life of 4.5 billion years, but it has contaminated and mixed throughout the global atmosphere, causing a global epidemic of diabetes and other radiation related illnesses.


Depleted uranium is a radioactive nano-particle doomsday machine, which is not only causing diabetes all over the world, but it is invisibly increasing death rates, and decreasing birth rates globally -- that is called depopulation. The Queen of Britain and the Rockefellers (U.S.) own most of the uranium, and the City of London bankers control world uranium supplies and prices. Nice partnership, isn’t it? Through her mother (maiden name Roche), Princess Diana was actually a Rothschild (City of London bankers). Many people believe that Prince Charles married Diana for her Stuart bloodline, which made her more royal than Charles. But when Prince William becomes king, England will have a Rothschild on the throne… that is the bloodline wanted from Princess Diana.


Well, if you think about the thousands of tons of depleted uranium the U.S./UK have admitted using since 1991, that would be the same as releasing the radiation from at least 400,000 Nagasaki bombs into the atmosphere since 1991, ten times more than during atmospheric testing. Well, look at the increase in diabetes in Japan since 1991, which represents the global effect of depleted uranium pollution. (source: Vital Statistics of Japan 2004, Vol. 1, Ministry of Health, Labour and Welfare, pp.202-3)


Then there are the effects to consider on the unborn babies. Consider the large increase in low birth weight babies in the U.S. since 1991, caused by the global depleted uranium pollution. This is happening all over the world. Unlike infant mortality, these babies survive but they are at much greater risk for health problems during their lives: diabetes, learning disabilities, obesity, heart defects, and they are never really strong and healthy. The babies may look normal on the outside, but the DNA is damaged both in the nucleus and in the mitochondria of the cell, as well as other damage we still don’t understand. Over future generations, the genetic damage will be expressed in unpredictable ways, and gradually the genome will degrade and decline in vigor. (source: U.S. government data, Centers for Disease Control {CDC})


中東と中央アジアは、放射性の劣化ウラン(それは45億年の半減期を持っています)によって永久に汚染されるだけでなく、それは、糖尿病と他の放射線関連の病気のグローバルな流行を起こして地球の大気にわたって汚染し、混ざりました。

劣化ウランは、世界中で糖尿病を起こしているだけでなく放射性のナノ粒子地球最後の日マシンであるけれども、それは死亡率を目に見えずに増大させていて、グローバルに出生率を減少させています--それは人口減少と呼ばれます。

英国の女王とRockefellers(米国)はロンドンの銀行家のウラニウムとシティのほとんどコントロールし、世界のウラニウム供給品と価格を所有しています。

良いパートナーシップね?

彼女の母(旧姓ロッシュ)を通して、ダイアナ元妃は実際ロスチャイルド(ロンドンのシティの銀行家)でした。多くの人々は、チャールズ皇太子が彼女のスチュアート血統のためにダイアナと結婚したと信じます(それは彼女をチャールズよりむしろ王室にしました)。しかし、ウィリアム王子が王になる時に、イギリスは王位の上にロスチャイルドを持つ事になるでしょう…

それはダイアナ元妃から探されている血統です。

さて、あなたが、数千トンの劣化ウランについて、U.S./UKが1991年以来ずっと使用を認めていると思うならば、それは、大気圏内核実験より10倍多く1991年以来少なくとも400,000個の長崎爆弾から大気中に放射線を放出することと同じでしょう。

ああ、1991年以来の日本の糖尿病の増加を見てください(それは劣化ウラン汚染のグローバルな効果を表しています)。

(ソース:日本2004年、巻1、厚生労働省、ページ202-3の人口動態統計)

そして、胎児に考慮する効果があります。

グローバルな劣化ウラン汚染によって起こされて、1991年以来米国で低出生体重赤ん坊の大きな増加を考慮してください。

これは世界中で起こっています。

乳児死亡率と違って、これらの赤ん坊は生き残るけれども、彼らは彼らの人生の間に健康上の問題のためにずっと大きな危険な状態にいます:

糖尿病、学習障害、肥満、心臓は離脱し、それらは決して本当に強く、健全でありません。赤ん坊は外側で正常に見えるかもしれないけれども、DNAは、核の中と私達がまだ理解していない他の損害と同様に細胞の糸状体の中で破損します。

未来の世代の間に、遺伝子の損傷は予測不可能な方法で表現されるであろうし、徐々に、ゲノムは低下し、活力において傾くでしょう。

(ソース:米国政府データ、疾病管理センター{CDC})







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■お腹が

空きました。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR