FC2ブログ

バーナキンの屈辱(反乱?)






WEST WING


The Shrinking Influence of the US Federal Reserve

By Gabor Steingart in Washington


Humiliation for Mr. Dollar: Ben Bernanke, the chairman of the United States Federal Reserve Bank, faces a general investigation by the International Monetary Fund. Just one more example of the Fed losing its power.


The United States Federal Reserve Bank, or Fed, seems as much a part of America as Coca-Cola or Pizza Hut. But at least one difference has become apparent in recent days. While the pizza chain and soft-drink maker are likely to expand their scope of influence in the age of globalization, the US central bank is finding that its power is shrinking.






米国連邦準備銀行の影響が縮小する。

ガボール・スタインガート

ミスター・ドル:ベン・バーナンキさんの屈辱:

ベン・バーナンキ(米国連邦準備銀行の会長)は国際通貨基金による一般的な調査に直面しています。

そのパワーを失っている連邦準備局のあとほんの1つの例。

米国連邦準備銀行または連邦準備局はアメリカのコカコーラまたはピザ・ハットと同じくらい一部のようです。

しかし、少なくとも1つの違いが最近の数日で明白になりました。

ピザチェーンとソフトドリンクメーカーが、グローバリゼーションの時代において影響のそれらの範囲を拡張しそうな時、米国中央銀行は、そのパワーが縮んでいると気付いています。


No Fed chief in US history has been forced to submit to the kind of humiliation that Ben Bernanke is facing.


This is partly down to circumstances. Inflation is going up and up, and this year's average will likely top 4 percent. But this time Mr. Dollar is also Mr. Powerless. He can raise interest rates in the fall, or he can pray, which would probably be the better choice. At least prayer would not prevent the US economy from growing, a highly likely outcome if interest rates go up.


After years of growth, the United States is now on the brink of a recession, one that is more likely to be deepened than softened by a tight money policy. Investments will automatically become more expensive, consumer spending will be curbed and economic growth will slow down, immediately affecting unemployment figures and wages.

米国の歴史におけるどの連邦準備局チーフも、ベン・バーナンキが直面している種類の屈辱に服従することを強制されていません。

これは部分的に状況にダウンしています。

インフレは上がっていて、今年の平均はたぶん4パーセントを超えるでしょう。

しかし、今回、ミスタードルさんはPowerlessさんです。

彼は秋に利率を上げることができるか、彼は祈ることができます(それがたぶんよりよい選択であるでしょう)。

少なくとも祈りは、成長(利率が上がるならば非常にありそうな結果)からアメリカ経済を防止しないでしょう。

何年もの成長の後に、米国は現在、景気後退(金融引き締め方針によって軟化されるより深くされそうなもの)の瀬戸際にあります。

投資は自動的により高価になるであろうし、個人消費は抑制されるであろうし、経済成長は、直ちに失業者数と賃金に影響して、速度を落とすでしょう。

The textbook conclusion is that this will stabilize the value of money, because no one will dare demand higher wages or higher prices. But the macroeconomics textbooks are no longer worth much in the age of globalization. Modern inflation is driven by the global scarcity of resources. Nowadays purchasing power exceeds purchasing opportunity. Most of all, there is not enough oil, and too few raw materials and food products. These increasingly scarce resources are becoming the focus of disputes among many people and billions of dollars are at stake.


This is why the price of a barrel of crude oil (159 liters) has increased from $25 (?16) in 2002 to $135 (?87) in 2008. And it is also why the price of corn has tripled in the same time period, while that of copper has almost quintupled.


If the inflation introduced in the United States is excluded, a small miracle is revealed, namely something approaching price stability. Adjusted for inflation, prices are in fact rising by only 2.3 percent. If this were the extent of it, the Fed chief could simply blink like an old watchdog and go back to sleep. Instead, he is barking loudly, which is his job. But he has lost his bite, because the Fed's interest rate policy can do nothing about the scarcity of goods.

教科書結論は、誰もより高い賃金またはより高い価格を要求する勇気がないであろうから、これが貨弊価値を安定させるであろうということです。

しかし、マクロ経済的教科書はグローバリゼーションの時代においてもう多くに値していません。

現代のインフレはグローバルな稀少資源によって動かされます。

このごろでは購買力は購入機会を越えています。

とりわけ、十分なオイルとあまりにも少しの原料と食品がありません。

これらのますます不十分な資源は多くの人々の間で論争のフォーカスになりつつあり、数十億ドルは賭けられています。

そんなわけで、原油(159リットル)の樽の価格は2008年に2002年の25ドルから135ドルまで増大しました。

そして、それはまた、銅のそれが5倍になったのに対して、トウモロコシの価格が同じ時間に三倍になった理由です。

米国で導入されたインフレが除かれるならば、小さな奇跡は、すなわち何かが価格安定性に近づいていて、明らかにされます。

インフレに合わせて調節されて、価格は実のところわずか2.3パーセント上がっています。

これがその範囲であったならば、連邦準備局チーフは高齢の番犬のように単にまばたきし、眠りに戻ることができました。

代わりに、彼は騒々しく叫んでいます(それが彼の仕事です)。

しかし、連邦準備局の金利政策が商品の不足について何もすることができないので、彼は彼の噛みを失いました。

Embarrassing Investigation


Some of Bernanke's personal adversaries are also contributing significantly to his current humiliation. In the past, the chairman of the Federal Reserve was a pope among the priests of the financial elite. But unlike his predecessor Alan Greenspan, Bernanke is finding that his policies are not universally accepted, even within the Fed.


The last seven decisions reached by the Federal Open Market Committee, which sets monetary policy, were accompanied by a growing number of dissenting votes. Bernanke's critics say that with his policy of cheap money -- in other words, recurring rate reductions -- he in fact helped fuel the inflation problem he is now trying to combat.


Another problem for Mr. Dollar is that it will be several months before his actions take effect. Officials with the International Monetary Fund (IMF) have informed Bernanke about a plan that would have been unheard-of in the past: a general examination of the US financial system. The IMF's board of directors has ruled that a so-called Financial Sector Assessment Program (FSAP) is to be carried out in the United States. It is nothing less than an X-ray of the entire US financial system.


As part of the assessment, the Fed, the Securities and Exchange Commission (SEC), the major investment banks, mortgage banks and hedge funds will be asked to hand over confidential documents to the IMF team. They will be required to answer the questions they are asked during interviews. Their databases will be subjected to so-called stress tests -- worst-case scenarios designed to simulate the broader effects of failures of other major financial institutions or a continuing decline of the dollar.

恥ずかしい調査

バーナンキの個人的な相手のいくつかがまたかなり彼の現在の屈辱に寄与しています。

過去に、連邦準備銀行の会長は金融のエリートの聖職者の間で法王でした。

しかし、彼の前任者アラン・グリーンスパンと違って、バーナンキは、彼の方針が連邦準備局の中でさえ一般的に受け入れられないと気付いています。

金融政策を設定する連邦公開市場委員会が達した最後の7つの決定はますます多くの反対票によって伴われていました。

バーナンキの批評家は、彼の低金利--すなわち再発レート縮小--の方針によって、彼が実のところ、彼が現在、戦おうとしているインフレ問題に燃料を供給するのを手伝ったと言います。

ミスタードルさんにとって別の問題は、彼の行動が効果を生じるまで数ヶ月かかるであろうということです。

国際通貨基金(国際通貨基金)との役員は、過去の前代未聞であったであろう計画をバーナンキに知らせました:

米国金融制度の一般的な調査。

国際通貨基金の取締役会は、いわゆる金融部門評価計画(FSAP)が、米国で実行されることになっていると判決しました。

それはまさしく米国金融制度全体のエックス線です。

アセスメントの一部として、連邦準備局、証券取引委員会(証券取引委員会)、主要な投資銀行、抵当銀行、およびヘッジファンドは、国際通貨基金チームに機密書類をわたすように頼まれるでしょう。

彼らは、彼らがインタビューの間にされる質問に答えることを要求されるでしょう。

それらのデータベースはいわゆるストレステストを受けるでしょう--他の主要な金融機関の失敗のより広い効果またはドルの継続する下落をシミュレーションするようにデザインされた最悪の場合のシナリオ。


Under its bylaws, the IMF is charged with the supervision of the international monetary system. Roughly two-thirds of IMF members -- but never the United States -- have already endured this painful procedure.


For seven years, US President George W. Bush refused to allow the IMF to conduct its assessment. Even now, he has only given the IMF board his consent under one important condition. The review can begin in Bush's last year in office, but it may not be completed until he has left the White House. This is bad news for the Fed chairman.


When the final report on the risks of the US financial system is released in 2010 -- and it is likely to cause a stir internationally -- only one of the people in positions of responsiblity today will still be in office: Ben Bernanke.


Translated from the German by Christopher Sultan

その細則の下で、国際通貨基金は国際通貨制度の監督で告発されます。

国際通貨基金メンバー--けれども決して米国--の約3分の2はすでにこの痛い手続に耐えていました。

7年の間、米国大統領ジョージ・W・ブッシュは、国際通貨基金に、そのアセスメントを実施することを許すことを断りました。

今でも、彼は1つの重要な条件の下で国際通貨基金ボードに彼の同意を与えるだけでした。

レビューはオフィスでブッシュの昨年始まることができるけれども、彼がホワイトハウスを去るまで、それは完成しないかもしれません。

これは連邦準備局会長のための凶報です。

米国金融制度のリスクの上の最終報告が、2010年--そして、それは、国際的に物議をかもしそうです--にリリースされる時に、responsiblityのポジションの人々のほんの1人は今日まだオフィスにいるでしょう:

ベン・バーナンキ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR