FC2ブログ

インフルエンザと戒厳令


the infowars network


http://infowars.net/articles/november2005/081105birdflu.htm


Killing Two Birds With One Tamiflu Stone


1個のタミフル錠で2羽の鳥を殺すこと


Avian Flu: Precedent for Martial Law and Globalist money spinner rolled into one


Steve Watson | November 8 2005


As the Government ratchets up the fear over a global outbreak of Bird Flu, and the public scrambles to buy up stocks of antivirals, we have continued to expose how these scare tactics are being used to set dangerous precedents for future government control of our lives.


It seems that the Neo-Con Administration is cornering every possible scenario and proposing Martial Law as the resulting solution to almost any event.


For years we have warned that the police state is coming, how Martial Law will become the norm, how ancient laws, rights and freedoms are being overturned and replaced with repressive mechanisms of control.


For years we have presented the evidence, the Army War College documents, the domestic military takeover drills, the draconian legislation, officials left right and centre calling for more centralized military control domestically. Now it seems that the globalists are ready to roll and just need the right catalyst to press ahead.


In a post 9/11 America it has become clear that should another terror attack (real or staged) occur then, according to General Tommy Franks, the Constitution will likely be discarded in favor of a military form of government.


It has also become clear that in a post Hurricane Katrina America, another large scale natural disaster (real or staged) will mean a total federal crackdown.


Now it seems that a virus outbreak such as that of Bird Flu, which we have been told over and over is inevitable, will also be remedied with a police state.


During the White House press conference of October 4th President Bush confirmed that he would attempt to impose military curfews and quarantines as well as closing Schools and restricting travel in case of a flu pandemic occurring in the United States


.


That came on the heels of a majority of the nation's governors rejecting the Bush administration's proposal to use active-duty military assets in providing disaster relief. Understanding this in the context of Hurricane Katrina, this means total gun confiscation and enforced evacuation at gunpoint.


The critics of the Bird Flu hype have ranged from Foreign Politicians in Russia and Spain, calling it "science fiction", to US Congressmen, including Ron Paul who stated


"To me it's so strange that the President can make these proposals and it's even plausible. When he talks about martial law dealing with some epidemic that might come later on and having forced quarantines, doing away with Posse Comitatus in order to deal with natural disasters, and hardly anybody says anything. People must be scared to death."


Paul, himself a medical doctor, agreed that the bird flu threat was empty fearmongering.


"I believe it is the President hyping this and Rumsfeld, but it has to be in combination with the people being fearful enough that they will accept the man on the white horse. My first reaction going from my political and medical background is that it's way overly hyped and to think that they have gone this far with it, without a single case in the whole country and they're willing to change the law and turn it into a military state? That is unbelievable! They're determined to have martial law."


Experts all over the world are dumbfounded by ludicrous claims that we are all about to keel over and die from Avian Flu. Gary Butcher has been an extension veterinarian at the University of Florida's College of Veterinary Medicine since 1988. He was trained as a veterinarian specializing in avian diseases, and has a Ph.D. in poultry virology. He commented:




"The emphasis of all my work has changed to dealing with this madness... Realistically, avian influenza is not a threat to people, but everywhere you go, it has turned into a circus."




Dr. Marc Siegel, a practicing internist and associate professor of medicine at the New York University School of Medicine also stated that "If anything is contagious right now, it's judgment clouded by fear."




In 2003 it was SARS, the deadly virus that caused lethal pneumonia and lung failure was sweeping the globe and it was only a matter of time before the west would succumb to its devastating wrath.


It never happened. And the pharmaceutical Companies netted huge profits.




Now we are seeing the same tactic used again with H5N1 - the dreaded bird flu.


Bush has announced a $7.1 billion strategy to prepare for the danger of a pandemic influenza outbreak, saying he wanted to stockpile enough vaccine to protect 20 million Americans and spend $1 billion on more anti-viral drugs. The World Bank is Also going to put up $1 Billion to "Fight Bird Flu". Not to mention the scores of foreign governments who are scrambling to stock up on vaccines.


So it comes as little surprise to discover that a whole host of globalists and Administration front-runners are set to personally rake millions of dollars in from the bird flu scare.


A year ago Tamiflu was known, if at all, as an obscure remedy for influenza, which doctors typically treat with bed rest and chicken soup. Today, with panic mounting over a potential bird flu pandemic, it's the most sought-after drug in the world.


Among the beneficiaries of the run on Tamiflu is Secretary of Defense Donald Rumsfeld, who was chairman of Gilead from 1997 to 2001 and owns at least $5 million of the stock, which has jumped from $35 in April to $47.






Former Secretary of State and long term Bilderberg member George Shultz, who is on Gilead's board, has also sold more than $7 million worth of Gilead in 2005.




Another Bilderberger regular is Lodewijk J.R. de Vink, who sits on the board of Hoffman-La Roche, Gilead's business partner in their venture into therapies that treat and prevent viral influenza.

http://www.roche.com/home/company/com_gov/com_gov_dir/com_gov_dir_vink.htm


Roche declared towards the end of October that they would not produce enough Tamiflu unless the government agreed to buy more of their products. This was very well politically timed as it meant just as the hype was reaching a peak it APPEARED that there was a scarcity of Tamiflu. They then reversed their statement and just produced more, which is being snapped up at an astounding rate as the hype continues.




Recall that it was Rumsfeld, as chairman of G.D. Searle, who got the FDA to approve Aspartame. The FDA relented for almost a decade but now Aspartame, an artificial sweetener and known carcinogen that has 92 known side effects including blindness and death, is in thousands of foods all over the world.


No further surprise then that according to Dr. Joseph Mercola, author of the "Total Health Program.", Tamiflu is


"... a worthless drug that in no way shape or form treats the avian flu, but only decreases the amount of days one is sick and can actually contribute to the virus having more lethal mutations,".


Tamiflu is not an influenza cure, it merely relieves symptoms. Therefore if it was prescribed in huge doses we would likely see a resistance build up and a mutation of H5N1 into a more lethal strain of influenza (That is IF it was transmittable between humans, which many experts say is unlikely to happen)


So not only will this anti-viral be more or less redundant against a flu pandemic, it may even make it worse. But do you think Rumsfeld et al care about that? Not when there's money to be made and power to be seized.

鳥インフルエンザ:

戒厳令とグローバリスト金のなる木のための先例はものの中に転がった。

スティーブ・ワトソン|2005年11月8日

政府が鳥インフルエンザのグローバルな突発の上で恐怖を徐々に上げて、一般大衆が、antiviralsの株を買い占めることを奪い合う時に、私達は、これらの恐怖感策略が、私達の人生の未来の政府統制のために危険な先例を作るように使われている方法で露光し続けた。

新保守主義管理がすべての可能なシナリオに角を作っていて、戒厳令をほとんどどのようなイベントの結果として生じているソリューションにでも推薦しているようである。

私達が、警察国家が来ることを警告した数年の間、どのように戒厳令がそのノルマになるであろうか、どのように古代人が訴訟を起こすか、権利か、そして自由は転覆していて、コントロールの抑圧的なメカニズムと取り替えられている。

何年もの間、私達は家庭でより多くの集中化した軍隊のコントロールを要求している証拠、陸軍戦争大学校文書、国内の軍隊の乗っ取りドリル、過酷な立法、役員の左の右、およびセンターを提出した。

さて、グローバリストが、転がり、まさに、押し進むために右の触媒が必要である用意ができているようである。

ポスト9/11アメリカにおいて、別のテロ攻撃(現実であるか、上演される)が万一トミー・フランクス将軍によるとその時起こるならば、憲法がたぶん政府の軍隊の形態のために処分されるであろうということはクリアになった。

ポストハリケーン カトリーナ・アメリカの中で、別の大規模自然災害(現実であるか、上演される)が全体の連邦の取り締まりを意味するであろうということはまたクリアになった。

10月4日のホワイトハウス記者会見の間に、ブッシュ大統領は、彼が、学校を閉めて、米国に存在している全国的流行のインフルエンザの場合に旅行を限定することと同様に軍隊の夜間外出禁止令と隔離を課すことを試みるであろうということを確認した。

.

災害救助を提供することにおいて現役の軍隊の財産を使うブッシュ政権の提案を拒絶している国家の知事の大多数のすぐ後に、それは来た。

ハリケーン カトリーナの文脈の中でこれを理解して、これは銃を突きつけて全体の銃没収と強制立ち退きを意味している。

鳥インフルエンザ大宣伝の批評家は、それを「SF小説」と呼んでいるロシアとスペインの外国政治家から、述べたロン・ポールを含む米国下院議員に及んでいた。

「私に、それはとても奇妙なので、大統領はこれらの提案をすることができて、それはもっともらしくさえある」。

後で来るかもしれず、自然災害を扱うために民兵隊壮年団を廃止して隔離を強制したいくらかの流行によって、彼が戒厳令取引について話し、ほとんど、誰も何も言わない時。

「人々は死ぬほど怖がらせられなければならない」。

ポール、自身医者は、鳥インフルエンザ脅威が空のfearmongeringであったことに合意した。

「私は、それがこれを騙している大統領とラムズフェルドであると信じるけれども、それは、人々が、彼らが白い馬の上の人を受け入れるであろうということを十分に心配している状態で組み合わせにある必要がある」。

私の政治的で、医学のバックグラウンドからなっている私の最初の反応は、それが過度に騙された方法であり、それを考えるために、彼らがこんなに遠くまでそれと一緒に行き、シングルなしで、全国で収納し、彼らが法律を快く変更し、それを軍隊の状態に変えることである?

それは信じられない!

「彼らは、戒厳令を持つことを決心している」。

エキスパートは世界中で、私達がすべて、ひっくり返り、鳥インフルエンザで死にかかっているこっけいな主張によって驚く。

ゲーリー・ブッチャーは1988年以来ずっと獣医学のフロリダ大学の大学で拡張獣医である。

彼は鳥の病気が専門の獣医として訓練されて、鳥肉ウイルス学の中に博士号を持っている。

彼はコメントした:

「すべての私の仕事の強調は、この狂気を扱うことに変わった…」

「現実的に、鳥のインフルエンザは人々への脅威ではないけれども、あなたがどこに行っても、それはサーカスに変った」。

マーク・シーゲル博士、医学のニューヨーク大学学校の医学の練習内科医、および準教授はまた、「何かがちょうど今伝染性ならば、それは恐怖によって曇らせられた判断である」を述べた。

2003年に、それはSARSであり、致命的な肺炎と肺故障を起こした致死性ウイルスは地球を掃除していて、西がその破壊的な憤りに負けるであろう前に、それはただの時間の問題であった。

それは決して起こらなかった。

そして、製薬会社は莫大な利益を稼いだ。

さて、私達はH5N1によって再び同じ戦術が使われるのを見る - 恐れられた鳥インフルエンザ。

ブッシュは、彼が、2000万人のアメリカ人を保護し、10億ドルをより多くの抗ウイルス薬薬に使うことに十分なワクチンを備蓄したかったと言って、全国的流行のインフルエンザ突発の危険の準備をする71億ドルの戦略を発表した。

世界銀行は、また、「戦い鳥インフルエンザ」を10億ドルに前もって知らせようとしている。

ワクチンをため込むことを奪い合っている外国の政府のスコアは言うまでもなく。

従って、グローバリストと管理リードする者のホスト全体が、個人的に鳥インフルエンザ恐怖感から数百万ドルをかき集めるセットであると気づくために、それはほとんどない驚きとして来る。

1年前、Tamifluはインフルエンザのためにあったとしても不明瞭な救済策として知られていた(それは一般にベッドでの長期療養とチキンのスープによって楽しみを混ぜる)。

今日、全国的流行の潜在的な鳥インフルエンザの上の突然のマウンティングによって、それは世界で最も人気がある薬である。

1997年から2001年までのギレアデの会長であり、株の少なくとも500万ドルを所有する国防長官ドナルド・ラムズフェルトはTamifluの上のランの受益者の間にいる(それは4月の35ドルから47ドルに急上昇した)。

ギレアデの取締役会の上にある前の国務長官と長期のBilderbergメンバー・ジョージ・シュルツは2005年にまたギレアデの700万ドルより多くの価値を売った。

規則的な別のBilderbergerは、ホフマン・ラ・ロッシュ(ウイルスインフルエンザを扱い、防止する療法の中へのそれらのベンチャーについてのギレアデのビジネスパートナー)のボードに座っているLodewijk J.R. de Vinkである。

http://www.roche.com/home/company/com_gov/com_gov_dir/com_gov_dir_vink.htm


ロッシュは、政府が、それらの製品のより多くを買うことに合意しない限り、彼らが十分なTamifluを生産しないであろうということを10月の終わりごろに言明した。

それが、ちょうどピークのために麻薬常用者がそれを取って来たので、意味していたので、これが非常によく政治的に調節された APPEARED that Tamifluの不足があった。

それから、彼らはそれらのステートメントをリバースし、ただ、もっと産出した(大宣伝が続いているにつれて、それが驚くほどのレートでかみつかれている)。

食品医薬品局に、アスパルテームを承認させたのがGDサールの会長としてラムズフェルドであったことを思い出しなさい。

食品医薬品局はほぼ10年の間和らいだけれども、現在、アスパルテーム(盲目と死を含む92の既知の副作用を持っている人工甘味料と既知の発がん物質)は世界中に数千個の食物の中にある。

ジョセフMercola博士(.「全体健康維持プログラム」の作者)によると、Tamifluがあるその時の全然もう驚き

「... 少しも形づくられないか、または組み立てない無価値の薬が、鳥のインフルエンザを扱うけれども、日のものの減少量だけが病気で、実際、より致命的な変異を持っているウイルスに寄与できる、」。

Tamifluはインフルエンザ治療ではなく、それは単に徴候を救う。

従って、それが、インフルエンザ(それは、それが人の間で伝達できたかどうかであり、多くのエキスパートがどれを言うかは、起こることがありそうにない)のより致命的な緊張の中に、私達がたぶん抵抗が増強するのを見るであろう莫大な一服とH5N1の変異において規定されたならば

ただ、この抗ウイルス薬も全国的流行のインフルエンザに対して多少冗長になるであろうのでなく、それはそれをより悪くしさえするかもしれない。

しかし、あなたはそれについてラムズフェルドをその他世話と考えるか?

得られるお金とつかまれるパワーがある時。








デーヴィッド・アイク(David Icke)の情報


インフルエンザと戒厳令http://icke.seesaa.net/article/9165220.html
  上記記事の要約


アメリカでは鳥インフルエンザが流行したら、軍隊を使って検疫などを行う準備をしている。国民は恐怖のため、それらの措置を白馬の王子が助けにやってきたと思うだろう。



法律を改正して軍事国家にする。信じられないことだが、ブッシュたちは、何か言があれば、戒厳令を引こうと決心している。


蛇足

さもあらん・・。
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鳥インフルエンザよりたちの悪い人間アンフルエンザ(動画)

毎年この時季がやって来ると、インフルエンザが話題に上る。そしてまたも新型が発生し、死者が出たとマスコミが騒ぐ。突然変異?それは環境破壊がもたらしたもので結局自分たちに跳ね返ってくるのである。その昔私達は身体の中に虫を飼っていました(共存)。子どもの頃虫下

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR