FC2ブログ

公務員制度廃止法案の成立

【主張】居酒屋タクシー 公務員に常識はないのか

2008.6.8 03:30

 東京・霞が関の中央省庁の公務員が深夜に公費でタクシーを使って帰宅するさい、運転手から缶ビールやおつまみなどを提供される。このサービスが問題になっている。慣行化し、現金や金券(商品券、図書券など)まで受け取る役人もいた。


 公務員は社会常識とモラルに立ち返ってよく考えてもらいたい。そうすれば、どこまでが許容範囲で、過剰なサービスを受けることがいかに常識に反するかが分かるはずだ。タクシー代が税金であることも忘れてはならない。


 国家公務員倫理法に違反するとの指摘があり、職員の処分も検討されている。タクシー業者の方も、金券や現金の提供が運賃の割り戻しを禁じた道路運送法違反に当たる可能性がある。


 各省庁で徹底調査し、国民が納得できるようけじめをつけてもらいたい。


 福田康夫首相が「国民から疑念を抱かれるようなことは一切、すべきでない。当たり前のことをどうして守れないのか」と苦々しく語ったのも当然である。


 ビールなど金品のサービスをするタクシーは業界内で「居酒屋タクシー」と呼ばれ、大半が個人タクシーだ。客の獲得競争は激しく、長距離を使ってくれる上客の役人を確保するため、車内に冷蔵庫を備え付けたり、グループで客を回したりしている。


 一度、上客をつかまえると、次回からその役人の呼び出しを受けられるように携帯電話番号入りの名刺を渡す。役人もチケット支払いだから高額な運賃を気にせずタクシーを使う。


 しかし、公務員が特定の運転手と癒着することになり、行き過ぎると、汚職の温床にもなる。


 6日の衆院決算行政監視委員会に町村信孝官房長官が提出した資料によると、財務省や金融庁、農林水産省など計13省庁500人以上の職員がタクシー運転手から金品を受け取っていた。


 職員数、回数ともに財務省が圧倒的に多く、現金を受け取っていたのも財務省の職員だった。それだけ財務省は忙しく残業の多い役所なのだろうが、仕事を能率良く片づけ、連夜のタクシー帰りを少しでも減らす努力が必要だ。経費節減にもなるし、職員の健康維持にも役立つ。


 細かいことに対し、目くじらを立てるつもりはない。要は公務員としての自覚の問題だ。






蛇足


公務員に自覚を求める事ほど無理なことない・。公務員自体は法律によって存在しているだけであり・。法律が無くなると違う法律を内閣法制局へ図り、看板の書き換えで存続する・。だから、法律を盾に、時間をだらだら費やし、必要な物など無くても、次の能タリン事業へと残業して、増殖するゾンビに等しい・。そんなに残業がしたかったら・。朝早く来て、仕事をせい・。環境とエネルギーの節約になる・。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■ねずみ講

公務員組織ってねずみ講ですね。
誰か「ねずみ講容疑」で公務員を訴訟してください。

2 ■うーん

公務員の人でも朝早くから遅くまで働きずめで働いてる人もいる…と思うよ(´д`)
中でも格差があるのがダメなんだと思う…。
公務員も下っ端はかわいそうなものだよ…本当に。。。

3 ■GoG殿

国民寄生法案を作らねばなりません。

4 ■しろさん

下っ端にやらせる制度を一掃せねば・。下っ端は恵まれません。

5 ■そうだねー

公務員だけでなく組織に属していると 現場を知らない 頭のいい人達の無駄な法案に無駄なお金と労力につきあわされる機会が多い…ことも確か…。
下っ端はいつの世も恵まれず。わけもワカラズピラミッドの□の一つを作ってるみたいなものかなー?よくわからないんだけど、例えば公務員が民営化したら、採算はとれるのかな?
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR