FC2ブログ

目には目で・。

「アジアの真実」より





2008年07月14日


・「竹島」の言葉は明記するも韓国へ配慮した記載へ ~日本の失策も韓国の過剰反応で帳消しとなるか~


テーマ:韓国・竹島問題




「竹島」中学校の解説書に明記、領土巡る表現は韓国に配慮:読売


 政府は14日、中学校社会科の新学習指導要領の解説書に、日本の領土である竹島の領有権を韓国が主張している問題を新たに記載することを決めた。


 当初検討していた、「我が国の固有の領土」という表現は避ける一方、「我が国と韓国の間に、竹島を巡って主張に相違があることなどにも触れ、北方領土と同じ様に、我が国の領土、領域について、理解を高めさせることも必要である」と記述することで決着した。文部科学省は同日午後、都内で開いている中央説明会で、都道府県教委の担当者に解説書を提示する。


 政府はこうした方針を、外交ルートを通じて韓国側に伝えた。記載自体の見送りを求めていた韓国政府は、抗議し、是正を求めると見られる。


 この問題では、韓国が解説書への記載に強く反対し、北海道洞爺湖サミット(主要国首脳会議)の際の日韓首脳会談でも、李明博大統領が福田首相に懸念を伝えていた。これを受け、日本政府は14日午前も町村官房長官と銭谷文部科学次官が首相官邸で協議するなど、中央説明会と並行して調整を続け、最終的には福田首相の判断で記述を決めた。


 解説書では北方領土については、「我が国の固有の領土で、現在、ロシア連邦に不法に占拠されている」などと記述する予定だ。これに比べると、竹島問題は韓国への配慮が強く反映された表現となった。ただ、政府は北方領土と並ぶ形で竹島に触れることで、領土問題として明確に取り上げたことになると見ている。





竹島明記で駐日大使召還へ=「深い失望と遺憾」-韓国大統領:時事



韓国の李明博大統領は14日、日本が中学校社会科の新学習指導要領解説書で竹島(韓国名・独島)を「領土」と表現したことについて、「深い失望と遺憾を表明せざるを得ない」と強い不快感を表明、「断固として厳重な対応」を取るよう指示した。これを受け、韓国政府は権哲賢駐日大使を一時帰国させ、事実上召還することを決めた。李大統領が2月に就任して以来、改善が期待された日韓関係だが、竹島問題を契機に再び暗転する可能性が出てきた。





 懸念されていた、中学校指導要領への竹島問題の記述ですが、韓国に配慮して「日本固有の領土」という記述を避けた模様です。しかしながら、今まで一切記述のなかった「竹島」という言葉を領土問題の話題の中に盛り込んで明記したのは過去からの前進でもあり、最悪の事態は免れたと言えると思います。しかしながら、北方領土と比べて記述が弱く、これでは、「どちらが悪いのかわからないが領土問題というものが存在する」という教え方になってしまう恐れがある上、韓国の圧力に屈したという前例が残ってしまうことに大きな問題も抱えています


 政府は、体面も保った、韓国へも配慮した。という、日本政府にありがちな「玉虫色」の方法でうまい解決を図ったつもりかも知れませんが、全くそうではありません。以前の記事でも書きましたが、国を構成する根本の一つである領土については一歩も引くことは許されないのです。子供達には、日本固有の領土であるという間違いない歴史的事実、そして如何にして韓国が違法な行為で不法占拠をしているのか。李承晩ラインとは何なのか。そしてそれにより、罪のないたくさんの日本の漁民が韓国に虐殺された事実。これをしっかりと教える必要があるのです。「我が国と韓国の間に、竹島を巡って主張に相違がある」こんな表現に止めるべきではないのです。




 本来であれば、事なかれ主義を貫く福田政権が韓国の圧力に屈した。つまり日本の負けであるのですが、韓国が予想以上に大きな反応をするため、逆に日本の勝利とも言えるかもしれない状態になってきました。過去に何度も述べていますが、この問題は問題意識の薄い日本国内、そして世界へ対して、こういう領土問題が存在しているということを広く認知させることが最重要となります。つまり、この異常なまでの韓国の過剰反応は、日本にとっては領土問題を有利に進める材料にしかならないのです。







 駐日大使の引き上げと言えば、国際社会では国交断絶の準備のような行為です。願ってもない反応と言うべきでしょう。日本国内へも、そして世界へも竹島問題の存在を広くアピールできます。是非やって頂き、事を大きくして頂きたいものです。韓国の事ですから、散々興奮した後に困るのは自分だということに後から気付いて、行動を変えてくるかも知れませんが、決してこちらから折れないことです。日本にとって困ることは何もありません。日本政府は、これ以上の過ちを侵さず、毅然とした態度でこれを迎えるべきです。








李承晩ライン


(りしょうばんライン[1]
??? ??/李承晩 ??)は、
1952年
(昭和27年)1月18日
大韓民国
(韓国)大統領
李承晩
の海洋主権宣言に基づき韓国側が一方的に設定した軍事境界線[2]
韓国では「平和線」と宣言された。


海洋資源の保護のため、韓国付近の公海
での漁業
を韓国籍以外の漁船で行うことを禁止したものであるが、本当の狙いは韓国で獨島(日本の漢字
では「独島」)と呼ばれている竹島
対馬
の領有を主張するためであるとする説もある。[要出典
]


これに違反したとされた漁船(主として日本国籍)は韓国側による臨検
拿捕
の対象となり、銃撃
され殺害される事件が起こった(第一大邦丸事件
など)。


国際法
上の慣例を無視した措置として日米側は強く抗議したが、このラインの廃止は1965年
(昭和40年)の日韓漁業協定
の成立まで待たなくてはならなかった。協定が成立するまでの13年間に、韓国による日本
人抑留者は3,929人、拿捕された船舶数は328隻、死傷者は44人を数えた。


李承晩ラインの問題を解決するにあたり、日本政府は韓国政府の要求に応じて、日本人抑留者の返還と引き換えに、常習的犯罪者あるいは重大犯罪者として収監されていた在日韓国・朝鮮人
472人を収容所より放免し、尚かつ全ての在日韓国・朝鮮人に在留特別許可
を与えた。





抑留者




蛇足


竹島の問題は戦後、李承晩が李承晩ラインという一方的な軍事境界線で朝鮮戦争前のどさくさに紛れて作った自己満足のシロモノだ。朝鮮戦争でその李承晩はアメリカに亡命したが、このラインだけ残り、今、竹島を実行支配している。また、在日犯罪者を無罪放免してきたつけが、在日朝鮮などの治外法権的態度となっている。税金を免除され、年金や生活保護を頂こうという姑息な行動を取る事を許してきた。もう戦後レジュームの見直しをすべき時。国際法廷へ引きずり出すべきだ・。日本は朝鮮半島人に間接支配されている。こんな非常識がまかり通るのもおかしな話しである。公務員、マスコミ、宗教、政治まで尾っぽを振る様は見られたモノではない・。武士の国らしく事を構える腹を持つべきである。





サンフランシスコ平和条約における竹島の扱い


1.概説


 1952年1月、韓国は「海洋主権宣言」を行い、いわゆる「李承晩ライン」を公海上に線引きして、国際法に反して同ラインの内側の広大な水域への漁業管轄権を一方的に主張するとともに、竹島をそのライン内に取込みました。韓国はその後、SCAPIN677やSCAPIN1033を根拠に、連合国もまた竹島を韓国領土であると認めていたとの主張をしています。しかし、李承晩ラインの設定に先立つ「日本国との平和条約」(サンフランシスコ平和条約)の草案起草過程において、日本が放棄すべき地域の1つに竹島を明記するよう要求した韓国政府に対し、米国は、竹島は「朝鮮の一部として取り扱われたことがなく」、「かつて朝鮮によって領有権の主張がなされたとは見られない」として、明確に韓国側の主張を否定しています。


2.経緯


(1)1951(昭和26)年9月に署名されたサンフランシスコ平和条約は、日本による朝鮮の独立承認を規定するとともに、日本が放棄すべき地域として「済州島、巨文島及び鬱陵島を含む朝鮮」と規定しました。


(2)この部分に関する米英両国による草案内容を承知した韓国は、同年7月、梁(ヤン)駐米韓国大使からアチソン米国務長官宛の書簡を提出しました。その内容は、「我が政府は、第2条a項の『放棄する』という語を『(日本国が)朝鮮並びに済州島、巨文島、鬱陵島、独島及びパラン島を含む日本による朝鮮の併合前に朝鮮の一部であった島々に対するすべての権利、権原及び請求権を1945年8月9日に放棄したことを確認する。』に置き換えることを要望する。」というものでした。


(3)この韓国側の意見書に対し、米国は、同年8月、ラスク極東担当国務次官補から梁大使への書簡をもって以下のとおり回答しました。

 「・・・合衆国政府は、1945年8月9日の日本によるポツダム宣言受諾が同宣言で取り扱われた地域に対する日本の正式ないし最終的な主権放棄を構成するという理論を(サンフランシスコ平和)条約がとるべきだとは思わない。ドク島、または竹島ないしリアンクール岩として知られる島に関しては、この通常無人である岩島は、我々の情報によれば朝鮮の一部として取り扱われたことが決してなく、1905年頃から日本の島根県隠岐島支庁の管轄下にある。この島は、かつて朝鮮によって領有権の主張がなされたとは見られない。・・・・」

 これらのやり取りを踏まえれば、竹島は我が国の領土であるということが肯定されていることは明らかです。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR