FC2ブログ

教員は民営でいい・。

だまされるな!溢れる情報の中で漂流するあなたへ!より・・。


2008.01.23 この財政危機に、教師を増やす?

時事

*****************************************************

公立小中の教員1200人増・政府・与党合意 (NIKKEI NETより)

 政府・与党は18日、来年度予算編成の焦点の一つである公立小中学校の教員増の是非を巡り、約1200人の増員を認めることで合意した。同日午後に財務省と文部科学省が最終協議して決める。改正学校教育基本法が規定する「主幹教諭」を1000人配置、特別支援教育の担当教諭と栄養教諭を新たに195人確保する。

 政府が昨年策定した経済財政運営の基本方針「骨太方針2006」では、2007年度から5年間で公立小中学校の教員を1万人削減する方針を明記。09年度以降の大幅な削減は難しく、純減目標の達成も厳しい状況となった。(15:04)

*****************************************************

 本当に官僚というのは、予算確保の無駄金使いが好きですね。

そもそも児童生徒の数は、少子化で激減している上に、ゆとり教育で教育内容も減り、教師の仕事は加速度的にラクになっています。

 今どき公立学校の教師になる輩なんて、大半は「親が教師で、休みも多く、残業も少なく、女でも一生働ける…」みたいな“ラクしたい病の患者”ばかりだから、いつの時代も「教師は大変だ大変だ…」とバカの一つ覚えのように訴える。

しかし、思い出してください。まだ1クラス45名以上が普通だった頃には、日教組をはじめとして教師たちは、「40人学級の実現」を求めて騒ぎ、「40人学級を実現できれば、生徒に目が届き、理想的な教育を実現できる…」とのたまっていました。

ところが、どうですか?現在40人学級はおろか、20人台のクラスも珍しくありません。

とっくに「一人一人に目が届き、理想的な教育」が実現していてしかるべきです。

 しかしながら、

・学力は低下→以前より、まともな教科教育が出来ていない。

・学力ダメならせめて人間として立派になってくれていれば良いが、それも全く実現されていない。いじめだらけ…

・教員もワイセツ・暴力…犯罪のオンパレード。

・児童の私学進学率は著しく増加。→高い学費払ってでも私立に行かさざるをえないほど公立が劣化した証左。


 こんな如実にダメという結果がでているのに、まだ税金投じて公立教員なんていうやる気のない人間の代表を増やそうとしているのは、キチガイ沙汰だね。どんな事業でも、結局は“人”なんですよ。そして、今どき公立の先生になろうなんて発想の人間は、ろくなのがいるわけないんだから、うまくいくわけがない。雇うなら公立の教員なんて、なりたいとも思っていない人材をヘッドハントでもして雇うぐらいじゃないとね…。

 やる気なし団塊老人教員がどんどん辞めるにまかせておけば少しは税金の無駄も減るというもの。増やすバカがどこにいる?

そんなくだらない金使うぐらいなら、私立に通わせている親に学費の援助でもしてあげなさい。公教育がダメすぎて、仕方なく通っている人が大半なのだから。

 公立は減るに任せ、私学の助成を増やして私学をもっと通いやすくするべきですね。日本をよくしたいなら…。


一昔前に較べりゃ、半分ぐらいの負担しかないのに揃いも揃って根性なしばっかり

 ↓   ダメだこりゃ!こんな心の弱い連中が、人の師となろうなんてのが、間違い。

 ↓   おこがましい。適性なし…

*****************************************************

・教員の「心の病」急増=精神疾患の休職最多に /時事通信より

うつ病などの精神性疾患で2006年度中に病気休職した公立学校教員が、4675人と過去最多を更新したことが28日、文部科学省の調査で分かった。前年度より497人増え、10年前の約3.4倍に達した。保護者や子どもとの関係で悩みが高じたケースなどが多いとみられる。

同省が毎年度実施している教員の懲戒処分に関する調査のうち、適格性を理由とした「分限処分」を受けたケースをまとめた。

増加は14年連続。特に過去4年間はいずれも、対前年度で1割以上の伸びを示し、病気休職者全体(7655人)に占める割合も初めて6割を超えた。

各教育委員会に原因を聞いたところ、保護者や児童生徒との人間関係の悩み、多忙によるストレスなどが原因との回答が多数を占めた。各教委はメンタルヘルスの研修を充実させたり、復職支援のためのプログラム策定などに取り組んでいるという。

一方、今回の調査では、全国の公立学校教員約91万7000人のうち、懲戒や訓告、諭旨免職などの処分者が4531人となったことも明らかになった。

この中で490人は06年末、全国規模で発覚した高校必修科目の履修漏れが原因。大半は校長、教頭などの管理責任で、最も厳しかったのは減給処分。過去にも履修漏れがあった兵庫、広島両県で12人に上った。

懲戒処分だけをみると、わいせつ、セクハラ行為が170人で、前年度より46人増。交通事故は531人(前年度比85人減)、体罰が169人(同23人増)、成績情報の入ったパソコン紛失などの「個人情報の不適切な取り扱い」が21人(同18人減)だった。(了)




2008.06.29 教員採用試験≒インチキ出来レース…入り口がこれですから教育界は・・・ 資格

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<「縁故」うわさ絶えず/県教委試験見直しへ>  /朝日新聞2008年06月23日

 小学校教員の採用を巡る贈収賄事件は22日で、発覚から1週間がすぎた。県教委幹部や現職の学校長など逮捕者4人全員が教職者だっただけに、教員同士のなれ合い体質への批判は強い。教員採用試験を巡っては以前から、「縁故採用」「身内有利」といったうわさが絶えず、この一端を裏付ける事件との指摘もある。県教委は疑惑払拭(ふっ・しょく)へ採用試験見直しの検討を始めた。

 教員採用を巡っては以前から「縁故採用」や「身内有利」といったうわさが絶えなかった。福岡市内の教員養成予備校の代表は「大分は九州の中でも不透明な採用が多かった」という。「成績が優秀なのに3、4回受験しても合格せず、一方で、成績が悪くても両親が教員だった生徒は一発で合格するケースもあった」と打ち明ける。

 今回の事件を受け、県教委は面接の回数や面接官を増やすなど、教員採用試験システムの再検討を早々と表明した。だが、それで不正がなくなるのか、疑問視する声は少なくない。20日の県議会文教警察委員会でも、委員から「事実解明に消極的だ」「身内のなれ合い体質はシステムを変えてもなくならない」と厳しい批判が相次いだ。

 身内意識の強さは「制度上の問題」という指摘もある。同じ公務員でも、県や県警は県人事委員会が試験を実施し、試験問題の作成も外部に委託している。だが、教員採用は教育公務員特例法で、任命権者の教育長が行うと定められ、問題の作成や採点、集計などをすべて県教委だけで行っている。

 ある県警幹部は「試験から採用、人事までが内部で完結してしまうシステムこそが、身内意識やなれ合いを強め、不正の温床になっているのではないか」と話している。

 ◆県教委 児童の心のケア急ぐ

 事件発覚以来、県教委や佐伯市教委は子どもたちの心のケアや保護者への説明などの対応に追われた。

 現職の校長と教頭が逮捕された蒲江、重岡の両小学校はともに逮捕翌日の15日夜、保護者を集めて緊急の説明会を開いた。保護者からは「事件の詳細がわかれば、また説明をしてほしい」などの要望が出たが、大きな混乱はなかったという。

 市教委も同日、臨時校長会を開き、両小学校を除く全45小中学校の校長に事件の説明と服務規程の厳守を訴えた。

 県教委は18日、両小学校の教員や児童の不安を解消するため、2校に1人ずつスクールカウンセラーを派遣した。ただ、今のところは児童から具体的な相談は寄せられていないという。

 重岡小では同日、教頭の逮捕で延期されていた校内行事の田植えをしたが、子どもたちは笑顔で楽しんでいたという。山城豊校長は「今のところ子どもたちに影響は出ておらず、その点についてはほっとしている」と話した。














 ◆事件の経緯

 今回の汚職事件では、収賄容疑で県教委義務教育課参事の江藤勝由(52)、贈賄容疑で佐伯市立蒲江小学校長の浅利幾美(52)、同課参事の矢野哲郎(52)と妻で同市立重岡小教頭のかおる(50)の4容疑者が逮捕された。全員が容疑を認めているという。

 県警などによると、浅利容疑者は試験に2度失敗した長男(25)と長女(22)を08年度の教員採用試験に合格させる見返りとして昨年8、10月の2回、江藤容疑者に現金や商品券計400万円相当を渡した疑いがもたれている。

 江藤容疑者は当時、人事班の課長補佐を務め、採用試験事務を担当。矢野夫妻は江藤容疑者との間を仲介し、浅利容疑者に現金を渡すことを助言したり、授受の場にも同席したりしていたという。

 これまでの調べで、江藤容疑者は長男を合格させるため、試験で便宜を図ったことが判明。一方で、矢野容疑者が「子ども1人を合格させるのに200万円が相場」「1人ならなんとかなる」などと助言していたことから、県警は不正の常態化を疑わせる発言として注目している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 
教師の採用の実態は、本当にいい加減なもので、とても先進民主主義国家の行いとは思えないことは、教育関係者なら周知の事実。

コレが、日本の教育をダメにしている“2世教師”という負の連鎖の元凶だ。

そして、恐ろしいことに、教育界では、それが常識になっているのだ。

たとえば、

・「教員の子弟の採用が、統計的に有り得ないほど異常に多い」

・「地元の公立教員養成大出身者には、試験結果に下駄をはかせているとしか思えない」

・「教員夫婦の一方が辞めることで、その夫婦の子供が採用される」

・「教育委員会・議員などのコネが、めっぽう威力を発揮する」

・「教育実習でお手つきの女学生は、採用」…etc


 これらは、一般人から見れば、明らかに不公正・不公平だが、教師の世界では、

「いままで貢献してきた現教師の子供を優先的に採用するのは、当然。」

「教員夫婦の一方が辞めて出来た欠員を、その子供が埋めるのは、当然。」

という感覚なのだ。

 生徒には、「正しいことをしろ…」とか言っているわりには、自分たちは、みっともない不正を働くのが、「先生」の実態です。

こんな輩が、“教育”してるわけだから、日本もダメになるわけだ。

 教員採用試験なんて学科試験なりの客観的なテストだけで判定しろ!


「人間性を見る…、ペーパーテストでは人間は評価できない…」とか、カッコいい事言って“小論文・面接…”といった主観的で、どうにでも評価できる項目を増やすから不正が起こるのだ。

 正直言って、面接や小論文なんて、まったく人間の能力を“客観的に”判断など出来ないのだ。

そんなことが出来るなら、知能テストも適性試験も学科試験もいらないでしょ!

面接や小論文なんてのは、学科試験や適性試験で、同点の者が、多数いる場合に、その中から選択するのに使うぐらいに留めるべきでしょう。

そして、学科試験や適正試験の結果は当然公開すべきですね。

こんな当然のことをしないこと自体が、既に教員採用試験などイカサマである事の証明なのです。

いまどきこんなイカガワシイ試験他では受けたくても、受けられないよ!

生徒達は、学科試験できっちり評価してるのに…いい加減にしないとね! “先生”諸君!





2008.07.05 なぜ教師は、わいせつ犯罪者なのか?

時事

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【最近のわいせつ教師】 /時事通信

 ・女子生徒10人にわいせつ行為=部活で「マッサージ」-中学教諭を懲戒免職・熊本 (2008/07/01-20:49)

・わいせつの博報堂元社員に実刑=「接待」目的、女性に睡眠剤-東京地裁(07/01 15:04)

・女児に強制わいせつ容疑=刃物で脅し、32歳男逮捕-着衣も奪う・警視庁(06/30 12:12)

・わいせつ映像、撮影指示=チャットで知り合う-小中学生ら被害50人か・兵庫県警(06/29 19:51)

・東京福祉大元総長に実刑=女性職員に強制わいせつ-東京地裁(06/27 11:03)

・教え子に2年間わいせつ行為=中学教諭を懲戒免職-福島県教委(06/20 20:44)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<1.わいせつ事件発生率一般の15倍  突出する中学教師>  /神戸新聞HPより(掲載日:2002/12/14)

 毎月一人、教師が兵庫県内で逮捕されている。今年五月からの半年余りでその数、七人。うち五人は性犯罪の容疑をかけられた中学教師だ。シリーズ学校にはこれまで、懸命に子どもと向き合う先生が数多く登場した。しかし一方に、教師の犯罪が多発する現実がある。なぜこれほど続くのか。重い疑問を胸に、事件の周辺を追った。


優秀な熱血漢が…

 教師によるわいせつ行為などの性犯罪は、本当に多いと言えるのか。いくつか試算してみた。例えば、兵庫県警が今年一―九月に強制わいせつ(未遂含む)容疑で摘発、逮捕したのは七十九人。県内の十五歳以上六十五歳未満人口を基礎にすると、四万八千人に一人という計算になる。


 一方、県内の中学校教師は臨時教員を含めて約九千五百人。同容疑で同じ期間に逮捕された教師は三人、三千二百人に一人だ。男女構成比の違いを無視した計算にはしても、発生率は、先の平均値の実に十五倍に上る。


 こんな数字もある。県迷惑防止条例違反を含むわいせつ事案で逮捕された中学教師は五人。県内の中学校は三百九十五校。七十九校に一校が今年、逮捕者を出したことになる。中学教師の性犯罪は確かに多い。「個人の資質」では済ましようのない数字が並ぶ。

◇       ◇       ◇

 「これがうちであったら、学校はひっくり返る」。八月二十五日の朝刊を見て、伊丹市の中学校長はそう思ったという。新聞は、近接する中学の教諭(30)が、強制わいせつ容疑で逮捕されたと伝えていた。教育委員会への報告、生徒や保護者への事情説明、事件後の学校運営…。校長は、顔見知りの教師たちが奔走する姿を想像し、「大変やろうなぁ」と同情した。


 九月五日。校長は同じ立場に立たされる。逮捕されたのは三年生を担任する社会科教諭(39)。容疑は同じ強制わいせつだった。


 市立中学教諭の相次ぐ逮捕は、伊丹市の教育関係者に衝撃を与えた。内容はいずれも破廉恥事件。しかも二教諭とも、周囲の信頼を集める人物だった。


 「教委の指導主事にだれか推薦を、と言われれば間違いなく彼を推していた」と校長。それだけの信任を得ていた社会科教諭は市の教育研究所の研究員を務めたことがあり、教材開発や指導方法など、社会科では同市の指導者的存在。「分かりやすい授業」で知られ、担当していないクラスの生徒たちも、この教諭の授業のノートを借りて勉強するほどだった。


 「野球部がいのちの元気者」でもあった。早朝練習のため、毎日午前七時すぎには学校にいた。自宅は神戸市西部。車で一時間余りはかかる。それでも放課後の部活動はもちろん、土日曜も返上して練習や試合に明け暮れていた。


 「伊丹の中学野球部を初めて県大会に導いた男」とも呼ばれる。親身になっての指導に「先生がいたから今の自分がある」と話す卒業生も少なくない。父母たちも「礼儀正しく、情熱的で頼りがいのある先生」と感じていた。


 模範的だったその教諭が今、神戸地裁の被告席に立つ。「嘘(うそ)だ」と、逮捕当時、生徒たちは叫んだ。何が起きたのか。次回は、それを報告したい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本当に毎日のように、教師・教育関係者の生徒に対する性犯罪が、報道されます。

 このような事件が起こると、評論家・コメンテーターは「教師がこんなことをするとは…。魔が差した…。大半は、まじめに仕事している教師なのです…。」とか、的外れなことを言うものです。

敢えて言いますが、(男性)教師というのは、性犯罪をする可能性が非常に高い集団なのですから、個人的には、まったく驚きません。

表に出てこない・もみ消される事件は、報道される事件の100倍は軽く超えるでしょう。

閉じられた世界なので、大半はもみ消され、先生は処分すらされず、どこかへ異動するのが通例です。(しかしながら最近は、世の中も変り、親も厳しくなり、もみ消すことがままならず、表に出るケースが急増してきているというのが実態です。教師の性犯罪は、昔も今もすごい数ですから…)


 ではなぜそう言えるのか? 

そもそも教師になる人間を考えてみてごらんなさい。

 女性の場合は、雇用機会均等とはいえ、まだまだ民間企業での勤務は、出産・育児まで考えると、難しい面があり、教師のような公務員で、かつ女性の多い職場で、休みが多く(自宅研修という名の休みも含め)、残業も無く、産休・育休取りまくりという職場は、魅力的でしょう。

 では、男性の場合は、どうでしょう?

高度成長期以降は、産業構造も変り、教師などより、社会的な評価も高くやりがいある職業は、いくらでもあります。

能力の高い・他の分野に関心ある若者は、正直教師など、従来から目指しません。(デモシカ教師なんてことも言われましたね…)

取り柄と言えば、”休みが多く、残業も無く、上司は少なく、労働組合が強く、女性が多く厳しさも変化もない”教育現場。 (…私の大学時代の友人も、教師になってからヒマが多いので、本格的に登山を始め、山ばっかり行ってます。いっぱしの登山家のようです。ある意味羨ましいですね、趣味に生きられて…。まあ、その友人は、山のお陰でヒマをつぶせて、性犯罪者にはならないで済んでます。)


 親や世間からは、呆れられ、ダメと思われ、バカにされる存在となっている教師…。

そんな教師という職を選ぶのは… → 本当に!“子供(女の子)が好き”なのです。

本人の自覚しているかどうかは別にして、客観的には、大人になれないロリコン傾向の男性が異常に、多いことは確か。大昔はイザ知らず、現在は教師とは、道徳的な人間がなる職業ではなく、「ラクがしたい」か「女子好きロリコン」がなる職業に成ってしまっています。この認識は正しくもっておかないと我が子が被害に遭いますよ!!

   ↓

 これは、適当にいっているのではなく、教員養成系の大学・教員志望の男子大学生の本音を、知っているから言えるのです。建前じゃなく本音を聞いてご覧なさい「実は、ロリコンで女生徒の側にいられる職業が…」という声を聞けますよ!!(「へーそうなんだ」なんて言いながら、こちらは暗然とした気持ちで聞いてますがね…。)…(注)

 皆さんも教員養成系の大学へ行って御覧なさい。大半の男子大学生は、ひ弱な感じの、子供大好きな(笑)、青白いロリコンばっかりですから…。そして、彼らは、大学で相対的に優秀な女子学生にイニシアチブを取られ、何も言えずに、あごで使われてます。 

 そんな、学校という狭い世間しか知らない・女の子好きが、純粋培養されて、就く職業…それが“男性教師”の実態です!

 今も昔もこんなのが教師になってきているわけですから、現場では、性犯罪が頻発するわけです。 

 これを無くすためにも、私は教師(特に男性教師)は、社会経験をし、何か別の職業で一人前になった人だけを採用すべきだという持論をもっています。

 今の“男性教師”の平均像は、親が教師で、自我も無く、親の言う通りに育ち、学校大好きで、大志がなく、女子とばっかり遊んでいたような男子生徒が、小中高と進み、大学は教員養成系、そして大学出るとすぐ“先生”…。

 …どうです!性犯罪者になるべくして、なっているのですよ!


 そのうえ、公立学校は、労組も強く、多少の事件では、辞めさせらることなどないので、性犯罪教師は、1校に2人は、たらい回しで回ってきているのことは、チョット教育現場を知っている人なら、周知の事実ですよ!

 (特に、正規の人事異動でない時期に異動してくる男性教師には、要注意!!まだ私立は、見つかれば辞めさせられるので、多少は安心ですが…。)

 

皆さんも、(特に女の子を、公立学校に通わしている皆さん)「今度は、男の担任だ」なんて喜んでいる場合じゃないですよ。喜ぶ気が知れない…。

どうせ、いまどき男でも女でもロクな教師は、いないわけですから、子供が性犯罪に遭うリスクを考えれば、女性教師を希望しておいたほうが良いですよ!


*後記

ロリコンが教師になるのと似た典型的ケースに、火事が大好きだから、消防団に入る…ケースがあります

消防団員だから、「火災が嫌いで、防火に貢献したい人に違いない。」なんて素直に思い込むのは、お人好しの世間知らず、ほどほどにしないと騙されますよ。放火があったら、「消防団員で疑わしいのがいないか」考えるのが心理を知るプロの刑事です。


(注)教員養成系の大学でも、“東京学芸大学”だけは、関東には、文系国立大学が少ないので、教師志望ではないが、仕方なく入学する学生も多く存し、実際卒業生も、教師以外に就職するものが多いことは付言しておきましょう。


蛇足

教育界という立派な魑魅魍魎・依怙贔屓・・不正・不義・談合・汚職・贈収賄・詐欺・詐称・インチキ集団だった・。

全国津津うらうらで・・目を見張る不正と詐欺が毎日・生徒の前で・偉そうにしゃべっている・。もう公務員やめたら・民間委託の方がええで。北朝鮮ばりの世襲制度で教員一族を形作り・・日教組の北朝鮮共産主義ばりの自分達は特権階級意識で立派な集団だとほざく・・。それにありがたくもない集団に支持される政治家・・。国旗国歌という当たり前の事にも反対して、生徒よりァフォ主義に染まる寄生団体だ・。今回の件を大分の地方に限定した事件としようと躍起だが、もうすでにばればれだ・・。戦後60数年のGHQの支配体制ここに極めり・・・。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■カネチャイルドさん

暑いですね。。。
(´д`)

2 ■30年以上の闇

まあだいたい30年くらい日本は本来の正常社会化が遅れていますね。
教育、医療不正受給、道路建築談合、NTT(独占固定電話網)、農協、銀行(日本銀行や宝くじ)、証券債権先物取引、経団連(大企業優先)などなど。
30年以上遅れた裏悪徳集団の日本社会、その90%は詐欺容疑に値します。

3 ■無題

夏は暑い・・あついはなつい・。

4 ■GoG殿

利権山分け体質が染みついているので・・ちょっ時間がかかる・。不正とごまかしはちゃんと処罰せんと・
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR