FC2ブログ

人口生物兵器の二番煎じ

Was The "Spanish Flu" Epidemic Man-made? (Flashback)

By Henry Makow Ph.D.

July 16, 2008

流行性の「スペインかぜ」は人造でしたか?

(フラッシュバック)

ヘンリーメイコウ博士によって






2008年7月16日

In 1948 Heinrich Mueller, the former head of the Gestapo, told his CIA Interrogator that the most devastating plague in human history was man-made.


He was referring to the influenza pandemic of 1918-1919 that infected 20% of the world's population and killed between 60 and 100 million people. This is roughly 3 times as many as were killed and wounded in World War One, and is comparable to WWII losses, yet this modern plague has slipped down the memory hole.


Mueller said the flu started as a US army bacteriological warfare weapon that somehow infected US army ranks at Camp Riley KS in March 1918, and spread around the world. He says that it "got out of control" but we cannot discount the horrible possibility that the "Spanish Flu" was a deliberate elite depopulation measure, and that it could be used again. Researchers have found connections between it and the current "Bird Flu."


There was nothing "Spanish" about this flu. According to Wikipedia: "In the U.S., about 28% of the population suffered, and 500,000 to 675,000 died. In Britain 200,000 died; in France more than 400,000. Entire villages perished in Alaska and southern Africa. In Australia an estimated 10,000 people died and in the Fiji Islands, 14% of the population died during only two weeks, and in Western Samoa 22%. An estimated 17 million died in India, about 5% of India's population at the time. In the Indian Army, almost 22% of troops who caught the disease died of it."


"Indeed, symptoms in 1918 were so unusual that initially influenza was misdiagnosed as dengue, cholera, or typhoid. One observer wrote, "One of the most striking of the complications was hemorrhage from mucous membranes, especially from the nose, stomach, and intestine. Bleeding from the ears and petechial hemorrhages in the skin also occurred. ...Another unusual feature of this pandemic was that it mostly killed young adults, with 99% of pandemic influenza deaths occurring in people under 65 and more than half in young adults 20 to 40 years old. This is unusual since influenza is normally most deadly to the very young (under age 2) and the very old (over age 70). "


1948年に、ハインリヒ・ミューラー(ゲシュタポの前のトップ)は彼のCIAの質問者に、人の歴史において最も破壊的な疫病が人造であったと言いました。

彼は、世界の人口の20%を感染させて、6000万人から1億人の間で死亡した1918年-1919年のインフルエンザ大流行病を参照していました。

これは、第1次世界大戦において殺され、傷つけられた者の約3倍以上であり、第2次世界大戦損失に匹敵しているけれどもこの現代の疫病は歴史的事実の無視の状態にあります。

ミューラーは、インフルエンザが、なぜか、1918年3月にキャンプ ライリーKSで米国陸軍を感染させて、世界中に広がった細菌戦闘兵器を米国軍隊から始動させたと言いました。

彼は、それが「コントロール不能状態になった」と言うけれども、私達は、「スペインかぜ」が故意のエリート人口減少手段であったと思う。そしてそれが再び使われるかもしれないという恐ろしい可能性を割引くことができません。

研究者はそれと現在の「鳥インフルエンザ」の間の接続を見つけました。

このインフルエンザについて「スペイン産の」ものは何もありませんでした。

Wikipediaによると:

「米国で、人口の約28%が苦しみ、500,000から675,000人は死にました」。

英国で、200,000人は死にました;

フランスで400,000人以上。

村全体がアラスカと南アフリカで消滅しました。

オーストラリアで、約10,000人の人々が死に、フィジー諸島で、人口の14%がわずか2週間の間に、そして西サモアで22%が死にました。

インドの人口の5%約1700万人がインドで死にました。

「インド軍隊で、病気に感染した軍のほぼ22%がそれで死にました」。

「実に、1918年の徴候はとても異常であったので、最初、インフルエンザはデング熱、コレラ、または腸チフスと誤診断されました」。

1人のオブザーバーは、「複雑化の中で最も著しいものの1つは特に鼻、胃、および腸からの粘膜からの大出血でした」と書きました。

皮膚の中、耳などから点状出血から出血することが起こりました。


65才以下の人々に起こっている99%の全国的流行のインフルエンザ死亡で、そして、20才から40才へのヤングアダルトの半分以上である。この世界的流行病のもう一つの変わった特徴は、それが大部分はヤングアダルトを殺したということでした。

インフルエンザがまさしく乳幼児(年齢2才以下)と老人(70才以上)に通常最も致命的な年齢であるから、これは珍しいです。




"MUELLER'S SOURCE


At a 1944 Nazi bacteriological warfare conference in Berlin, General Walter Schreiber, Chief of the Medical Corps of the German Army told Mueller that he had spent two months in the US in 1927 conferring with his counterparts. They told him that the "so-called double blow virus" (i.e. Spanish Flu) was developed and used during the 1914 war.


"But," according to Mueller, "it got out of control and instead of killing the Germans who had surrendered by then, it turned back on you, and nearly everybody else." ("Gestapo Chief: The 1948 CIA Interrogation of Heinrich Mueller" Vol. 2 by Gregory Douglas, p. 106) Actually the Armistice took place Aug 11, 1918.


The interrogator, James Kronthal, the CIA Bern Station Chief asked Mueller to explain "double blow virus." It reminds me of AIDS.


Mueller: "I am not a doctor, you understand, but the 'double-blow' referred to a virus, or actually a pair of them that worked like a prize fighter. The first blow attacked the immune system and made the victim susceptible, fatally so, to the second blow which was a form of pneumonia...[Schreiber told me] a British scientist actually developed it...Now you see why such things are insanity. These things can alter themselves and what starts out as a limited thing can change into something really terrible."


The subject of the Spanish Flu arose in the context of a discussion of typhus.

The Nazis deliberately introduced typhus into Russian POW camps and, along with starvation, killed about three million men. The typhus spread to Auschwitz and other concentration camps with Russian and Polish POWS.


In the context of the Cold War, Mueller says: "If Stalin invades Europe...a little disease here and there would wipe out Stalin's hoards and leave everything intact. Besides, a small bottle of germs is so much cheaper than an atom bomb, isn't it? Why you could hold more soldiers in your hand than Stalin could possibly command and you don't have to feed them clothes them or supply them with munitions. On the other hand, the threat of war...does wonders... for the economy." (108)


Is Mueller credible? In my opinion he is. Gregory Douglas apparently is a pseudonym for his nephew with whom he left his papers. Normally a hoax would not run to thousands of pages. The Interrogation is 800 pages. The Memoirs are 250 pages. The microfilmed Archive apparently covers 850,000 pages. Finally, the material I have read is incredibly well informed, consistent and full of plausible revelations .

ミューラーのソース

ベルリン、ウォルター・シュライバー将軍の1944年のナチ細菌学の戦闘会議で、ドイツ軍の衛生隊のチーフはミューラーに、彼が彼に対応する人と協議している1927年の米国で2ヶ月を過ごしたと言いました。

彼らは彼に、「いわゆる二重の打撃のウイルス」(すなわちスペインかぜ)が1914年の戦争中に開発されて、使われたと言いました。

ミューラーによると、「しかし、それはコントロール不能状態になり、その時までに降服したドイツ人を殺す代わりに、それはあなたとほとんど他のみんなに引き返しました」

(グレゴリー・ダグラスによる「ゲシュタポチーフ:ハインリヒ・ミューラーの1948のCIA質問」巻2、ページ)

106) 実際、停戦は1918年8月11日起こりました。

質問者、ジェームズKronthal、CIAベルンステーションチーフはミューラーに、「二重の打撃のウイルス」を説明するように頼みました。

それは、私にエイズを思い出させます。

ミューラー:

「私は医師ではないけれども、ウイルスまたは実際、働いた1組の彼らに差し向けられた‘二重の打撃’はプロボクサーが好きなあなたは理解しています」。

最初の打撃は免疫系を攻撃し、多感な犠牲を作られて、致命的に、そう、肺炎のフォームであった2番目の打撃としてシュライバーは私に話しました。英国の科学者は実際それを開発しました...さて、あなたは、なぜそのようなことが精神異常であるかをわかります。

「これらは自身を変更することができて、制限された物として出発するものは本当にひどいものに変位することができます」。

スペインかぜの主題は発疹チフスの議論の文脈の中で生じました。

ナチは意図的に発疹チフスをロシアの捕虜収容所に導入し、飢餓とともに、約300万人の人を殺しました。

発疹チフスはロシアとポーランドのPOWSとアウシュビッツと他の強制収容所に広がりました。

冷戦の前後関係では、ミューラーは言います:「スターリンがヨーロッパを襲うならば、...あちこちの少しの病気はスターリンの秘蔵を一掃して、無傷のすべてを葬り去ります。また、小さな瓶の細菌は、原爆より非常に安いですね?あなたがスターリンがおそらく命じることができたより多くのあなたの手の兵士とあなたが彼らを養う必要がないと考えることができた理由は彼らに服を着させ、あるいは、彼らに軍用品を供給してください。他方、戦争の脅威...驚くべき成果を収めます...経済のために。」(108)

ミューラーは信用できますか?

私の意見に彼がいます。

グレゴリー・ダグラスは見たところ、彼が一緒に彼の新聞を置いていった彼の甥の偽名です。

普通、デマは数千ページに渡らないでしょう。

質問は800ページです。

回想録は250ページです。

マイクロフィルム化されたアーカイブは見たところ850,000ページをカバーします。

最終的に、私が読んだ素材は信じられないほど情報に通じていて、一貫していて、もっともらしい新事実でいっぱいです。


CONCLUSION


The "Elite" cult has made no secret of its desire to decrease the world population. (See Alan Stang, Population Extermination: How Will it be Done? )


It's possible that World War One was a disappointment to the Elite in terms of the numbers killed. Whether the "Spanish Flu" was deliberate or not, we cannot say. But apparently the US Army has a record of experimenting with drugs/chemicals/bacteria on unwary soldiers. Did such an experiment get "out of control" at Fort Riley?


So far the Bird Flu has only killed 160 people since 2003. Is it a harbinger of something more deadly? Hopefully it isn't but we should be mindful of the shocking precedent set by the 1918 Influenza Pandemic.

結論

「エリート」カルトは、世界の総人口を減少させたいというその願望を秘密にしませんでした。

(アラン・スタング、人口根絶を見てください:どのようにそれはされるでしょうか?)



殺された人数で第1次世界大戦がエリートにとって失望であったことは理解できます。

「スペインかぜ」が故意であったかどうかにかかわらず、私達は言うことができません。

しかし、見たところ、米国軍隊は、不注意な兵士への薬/化学薬品/バクテリアによって実験するレコードを持っています。

そのような実験は「コントロール不能状態で」フォートライリーに近づきましたか?

これまでに、鳥インフルエンザで2003年以来160人の人々が死ぬだけです。

それはもっと必殺のものの前触れですか?

希望的に、それはそうではないけれども、私達は1918年のインフルエンザ大流行病によって作られた衝撃的な先例を心に留めているべきです。






蛇足


支配層のエリートたちは人口削減に自分達は巻き込まれないモノは既になく・。核にしても、環境変化にしても、病気にしても、経済暴落にしても無理だと気づき始めたのかもしれない・。限定的なモノなどこの地球では無理であろう・。そんなにァフォではないので、次々に出して来てはいるが、どれも中途半端である。その為、精神的な薬と科学、化学を駆使して自殺を画策しているが、宗教上欧米は難しいのでこれもいまいちではある・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR