FC2ブログ

人口根絶

POPULATION EXTERMINATION

HOW WILL IT BE DONE?


By: Alan Stang





Regular readers of these diatribes are aware that one of the conspiracy for world government’s persistent goals is a massive reduction of the earth’s population. There are just too many people out there for the conspirators to control, so they want to eliminate some of them. The “ideal society” that results would include the few conspirators at the top and the rest of us slaves at the bottom to serve them.


Over the years, they have concocted many spurious justifications for the purpose, including the “ecology movement,” Zero Population Growth, phony energy “shortages,” etc. That is one of the reasons the birth rate has fallen among bamboozled American women ? and especially among European women ? while it booms among illegal aliens.


The idea is that there are just too many people for the planet to sustain. Indeed, the Communist UN is hawking a program called Agenda 21, which includes a scam called “sustainable development.” It means total, totalitarian control of the environment and is presently being implemented here in these united States.


Mike Garbacheff is one of the conspiracy factotums assigned to supervise this program, probably because as “former” Soviet dictator and KGB boss he has hands-on experience in exterminating large groups of humans. Mike is the man with the mark of Cain on his head, who says in his book about perestroika that Communism remains his goal, from which he will never deviate.


Remember that when the Soviet Union “““fell,””” and Mike was “““deposed,””” the conspiracy for world government brought him here in a trice and installed him at the Presidio, the historic U.S. Army base in San Fransicko. (Now he has relocated to Northeastern University in Boston.) Remember, we’re talking about a “former” Soviet dictator of the “evil empire.” Wouldn’t you think such an arrangement should arouse at least a few questions in the normal mind?


But of course it did not. Our Communist media left and right ? from the Communist Broadcasting System to Shtupid Sean ? let it go down, and Mike Garbacheff ? now reborn as an “ecologist,” went right to work at the tax-exempt foundation created in his name. There was no planning involved, you understand, certainly no conspiracy. Land o’ Goshen, no! All of this happened by accident. Mike just happened to be at the right place at the right time.


The Garbacheff Foundation conducts regular “State of the World” forums, which attract some of the biggest names in totalitarianism. Ted the Traitor Turner, for instance, is one of them. So is Canadian billionaire Maurice Strong. So are Bill Gates and Zbigniew “Zbig Brother” Brzezinski, of the Trilateral Commission. So is Bush 41. Would you guess such a group could exert some influence?


Mike officiates, of course, and his devastating charm seems to captivate women. Not being one of them, I can’t understand why; there is nothing remarkable about him personally except the Mark of Cain on his head ? but he reduced England’s “Iron Lady,” Margaret Thatcher, who beat Argentina, to giggling girlhood and the headline in a recent story by Jennifer Edwards, a putative female, says he “captivates crowd,” presumably starting with her.


At a recent session, Mike said this: “The United States has developed a disease for which there is no vaccination.” He calls it “winner’s disease,” referring to our “victory” over the “former” Soviet Union. America is arrogant, says Garbacheff, and must be brought down, controlled and managed. This is a necessary step on the way to world government.


At these sessions, there is argument and debate on the question of population reduction. Participants argue and debate about how many of the earth’s people should be exterminated. For instance, Barbara Marx Hubbard, one of the women Mike presumably has charmed, explains as follows in The Book of Co-Creation:


"Out of the full spectrum of human personality, one-fourth is electing to transcend . . . . One-fourth is destructive . . . . In the past they were permitted to die a 'natural death.' . . . Now . . . the destructive one-fourth must be eliminated from the social body . . . . Fortunately, you are not responsible for this act. We are. . . . We are the riders of the pale horse, Death."


As you can see, Babs is a moderate, a voice of reason. She only wants to eliminate 25% of the world’s people. On the other hand, at the first meeting of the Garbacheff Foundation, someone named Dr. Sam Keen, a “philosopher-professor,” explained at the closing, plenary session that “the ecological crisis, in short, is the population crisis. Cut the population by 90 percent and there aren't enough people left to do a great deal of ecological damage."


Jacques Cousteau, the late oceanographer and environmentalist, wasn’t present on that occasion, but the November, 1991 UNESCO Courier quotes him as saying, "One American burdens the earth much more than twenty Bangladesh. . . . In order to stabilize world populations, we must eliminate 350,000 people per day. . . .”


Jacques didn’t say how many days we need to do that, so we don’t know how many corpses would satisfy him, but obviously if one American is worse than twenty Bangladeshis, we should start in Cincinnati. The leaders of this movement advocate “voluntary extinction,” which presumably means suicide. They could establish instant credibility if they committed it themselves, but they prefer that you do it, because, remember, we need them to supervise and they are ? let’s face it ? superior.


Let’s see, there are about five billion human beings. Ninety percent of five billion is 4,500,000,000 (four billion five hundred million). Twenty five percent of five billion is “only” 1,250,000,000 (one billion two hundred fifty billion). Is this right? Math and I don’t get along. Let’s be moderate and work with Babs Hubbard’s “low” number.


How do you exterminate 1,250,000,000 people? We are told that when Hitler really got rolling he killed a measly 10-15 million, but, remember, he was in power only twelve years. Working night and day, Mao Tse-tung and his fellow Communists have killed maybe 100 million people; so did Mike Garbacheff and the Soviets. In other words, even the biggest mass killers we know about were relative pikers in terms of the job that needs to be done. It could never be done using their primitive methods.


So, how would you eliminate that many people? I contend that you could do so only through medical means, only through a species of biological warfare, which would offer advantages available no wise else. First, using biological means, you could target entire populations. There are not enough bullets and no gas chambers big enough to do that.


Second, and most crucial, if your target is the World Trade Center, your victims will know they are under enemy attack (unless you are a moron who happens to be President); but, when you hit them with biological and chemical weapons, they won’t. They will tell each other something “is going around.” They will go to see their doctors, who won’t know any more than they do.


So, what is happening? Look around. The government is drugging as many Americans as possible, starting in the delivery room and continuing throughout life. School kids are routinely narcotized. Parents who refuse to allow it are threatened. Many older people are loaded on drugs, enough to go into the racket, except that the drugs have turned them into zombies, because many of those prescriptions still contain mercury.


Every year brings a new flu and a new shot, which is out of date when you get it months later, because the critter it was designed for has mutated. It is also contaminated with killers like mercury, etc. Recently, FDA approved the spraying of live viruses on our food, with no testing whatsoever. You will not be able to avoid such food, because it won’t say it has been sprayed on the label. It comes from a company called Intralytix out of Baltimore, which must be plugged in at the top.


The federal government is covering our air space with chem-trails, not contrails, which dissipate quickly, but chemicals and biologics sprayed high above us that spread out to cover the sky, and cover everything when they hit the ground. They include aluminum oxide, barium, benzene, fibers, bacilli and mold, pseudomonas Aeruginosa, Pseudomonas Florscens, Streptomyces, etc. They are suspected in the Alzheimer’s epidemic and the “fiber disease,” called Morgellons.


In short, our environment ? our air, our food, our water, via fluoridation ? is extremely toxic and getting more so. I am not talking about mythical insects that close down construction projects and whole industries, but about the real thing. Question: Could it be that we are under enemy attack; that the enemy ? the conspiracy for world government ? is implementing its scheme to decimate the earth’s population, manipulating the growing toxicity for the purpose?


You say that’s impossible, that I’m just blowing smoke? Maybe, but why is the hair on the back of your neck standing up?


人口根絶

どのように、それはされますか?


次によって:

アラン・スタング

これらの悪口の定期購読者は、世界政府の持続的なゴールのための共謀のそれが地球の人口の大規模な縮小であることに気づいています。

コントロールする共謀者のために、世の中にあまりにも多くの人々がいるので、彼らは、彼らの何人かを取り除きたいと思っています。

結果として生じている「理想的な社会」はトップに少数の共謀者を含むであろうし、彼らに奉仕するために、我々の残りは彼らに貢献するために底であくせく働きます。

数年の間に、彼らは、「環境保護運動」、人口増加停止運動、にせのエネルギー「不足」などを含めて目的のための多くの偽の根拠を調合しました。


それは、それが不法入国者の急成長する間、出生率がだまされたアメリカ女性と、そして特にヨーロッパ女性と騙された理由の1つです。

この考えは、地球が支えるにはあまりに多くの人々がいるということです。本当に、共産主義国連は、アジェンダ21と呼ばれている番組を売り歩いています。そして、それは「持続可能な発展と呼ばれている詐欺を含みます。」、それは環境の完全な、全体主義制御を意味して、現在ここアメリカ合衆国で実行されています。

おそらく「元」ソビエト独裁者とKGBボスとして彼が人間の大きなグループを絶滅することの実際の経験したので、マイク・ゴルバチョフはこのプログラムを監督するよう命じられる陰謀雑用係のうちの1人です。マイクは彼の頭にカインの跡をもつ男です。そして、この人はペレストロイカに関する彼の本で共産主義が彼のゴールのままであると言います、そこから、彼は決してそれません。

ソビエト連邦が「「「落ちました」」」、そして、マイクが「「「証言されます」」」であったとき、世界政府のための陰謀があっという間に彼をここに連れてきて、要塞(サンフランシスコの歴史的なアメリカ陸軍基地)で彼を就任させたのを思い出してください。(今は、彼はボストンのノースイースタン大学に移転しました。)思い出してください。我々は、「悪の帝国の「元」ソビエト独裁者について話しています。」、あなたはそのような取り決めが通常の心で少なくとも2、3の質問を起こさなければならないと思ってもらえませんか?

「生態学者」として生まれ変わった今、彼の名前でつくられる財団で働くためにうまく行きました。関係する計画が、ありませんでした ― あなたが思う ― もちろん、陰謀でない。グランド0、ゴシェン、いいえ!これの全ては、偶然に起こりました。マイクは、ちょうど偶然正確な時刻に適切な場所にいることで起こりました。

ゴルバチョフ財団は普通の「世界状態」フォーラムを行います。そして、それは全体主義で最も大きい名前のいくつかを引きつけます。テッドターナーです、たとえば、彼らのうちの1人です。そして、カナダの億万長者も、モーリスストロングです。そして、ビルゲイツもとズビグニェフ「Zbig兄弟」も、ブレジンスキー(三極委員会の)です。そして、ブッシュも41です。そのようなグループが若干の影響を及ぼすことができたと思ってもらえますか?

マイクはもちろん司会し、彼の呆然とさせるような魅力は、女性を魅惑するようです。

そのひとりではなく、私はなぜかを理解することができません;

彼の頭のケインのマークを除いて彼について個人的に顕著な何もないけれども、彼は、イギリスの「鉄の女、」マーガレットサッチャー〈アルゼンチンを攻撃した〉を、くすくす笑っている少女時代に戻して、ジェニファーエドワーズ〈推定の女性〉による最近の物語のヘッドラインは、たぶん彼女と始まる「群衆を魅惑する」と彼を言います 。

最近のセッションに、マイクはこれを言いました:

「米国は、予防接種が全然ない病気を患いました」.彼は「前者」ソビエト連邦で私達の「勝利」を参照して、それを「勝者の病気」と呼びます。

アメリカは横柄で、倒されて、コントロールされて、管理されなければならないとゴルバチョフは言います。

これは世界統治に行く途中の必要なステップです。

これらのセッションで、議論と人口縮小の問題についての議論があります。参加者は口論して、地球の人々のどれくらいが絶滅されなければならないかについて議論します。たとえば、




バーバラマルクスハバード(マイクがおそらく魅惑した女性のうちの1人)は、Co-Creationのブックで以下の通りに説明します:


「人間の個性の完全な範囲から、4分の1は超越することに決めています...。4分の1は破壊的です...。過去には、彼らは『自然死になって死ぬのを許されました。』。。現在...破壊的な4分の1は、社会的身体...から除かれなければなりません。幸いにも、あなたはこの行為に対して責任がありません。我々はそうです...。我々は、薄い色の馬(Death)のライダーです。」


ご覧の通り、バブズは穏健派(理由の声)です。彼女は、世界の人々の25%を排除したいだけです。他方、ゴルバチョフ財団での会議で、




サムキーン博士(「哲学者-教授」)という名の誰かが閉鎖で説明したこと、本会議その、「生態学的な危機は、要するに、人口危機です。人口を90パーセント削減してください、そして、多くの生態学的な損傷をするのを任せられる十分な人々がいません。」


ジャック・クストー(亡くなった海洋学者、および環境保護活動家)はその機会に出席していなかったけれども、1991年11月のユネスコクーリエは、彼が、「1人のアメリカ人が20人のバングラデシュよりずっと地球に悪いです」と言うのを引用します。

. . .

世界の総人口を安定させるために、私達は1日あたり350,000人の人々を取り除かなければなりません。

ジャックは、何日私達が、それをする必要があるかを言わなかったので、私達は、いくつの死体が彼を満足させるであろうかを知らないけれども、明らかに、1人のアメリカ人が20人のバングラデシュ住民より悪いならば、私達はシンシナティを始めるべきです。

この動きのリーダーは、「自発的な絶滅」(それはたぶん自殺を意味しています)を主張します。

もし彼らがそれを自身で委任するならば、彼らは即時の信頼性を設立できるけれども、彼らは、あなたがそれをすることを好みます。なぜなら覚えてください。私達は、それらが監督することを必要とし、それらはより優秀に現実を直視しようであるからです。

ええと、約50億人の人間がいます。

50億の90パーセントは4,500,000,000(45億)です。

50億の25パーセントはだけ1,250,000,000(12億5000万)です。

これは正しいですか?

数学と私はうまくやっていきません。

適量で、バブス ハバードの「低い」数によって働きましょう。

どのようにあなたは1,250,000,000人の人々を皆殺しにしますか?

私達は、ヒトラーが本当に、彼が殺した回転を得た時に、わずかな1000万-1500万がけれども覚えていると言われて、彼は権力をわずか12年間握っていただけです。

夜と昼に働き、毛沢東、および彼の仲間の共産主義者はたぶん1億人の人々を殺しました;

マイクゴルバチョフとソ連もそうでした。

すなわち、行われる必要がある仕事で、私達が知っている最も大きな大量殺人者さえ相対的な怠け者でした。

それは決してそれらの原始的な方法を使い終えていることができませんでした。

従って、どのようにあなたはそんなに多くの人々を取り除くでしょうか?

私は、あなたが医学の方法を通して、細菌戦の種を通してだけそうすることができたと主張します(それは他に、賢明でなく入手可能な利点を提供するでしょう)。

第一に、生物学の方法を使って、あなたは全人口をターゲットとすることができました。

それをするのに十分に大きい十分な銃弾がなく、どのガス室もありません。

第二に、最も重要な、あなたの目標がワールドトレードセンターであるならば、あなたの犠牲者は、彼らが、敵の攻撃(あなたが、偶然大統領である魯鈍でない限り)の下にいると知るでしょう;

しかし、あなたが生物と化学兵器によってそれらを攻撃する時に、それらはしないでしょう。

彼らは、何かが「回っている」互いに、.彼らがしないのと同様に、知らないであろう彼らの医師に会いに行くであろうと言うでしょう。

それで、何が起こっていますか?

見回ってください。

政府は可能な限り多くのアメリカ人に薬物を混ぜていて、分娩室で始まっていて、生涯にわたって続いています。

学童は定期的に麻酔をかけられます。

それを許すことを断る両親は脅迫されます。

それらの処方箋の多くがまだ水銀を含んでいるので、薬が彼らをゾンビに変えた以外、多くの年配の人は、ラケットに入るのに十分に薬を処方されます。

それがデザインされた動物が変異したので、毎年、あなたが数ヶ月後それを得る時に、時代遅れの新しいインフルエンザと新しいショットをもたらします。

それはまた水銀などのような殺人者と汚染されます。

最近、食品医薬品局はテストなしで私達の食物の上の生きているウイルスのスプレーを承認しました。

それがラベルに吹きかけられていると伝えないであろうから、あなたは、そのような食物を避けることができないでしょう。

ボルチモアからIntralytixと呼ばれる会社からそれは来ます(それはトップで差し込まれなければなりません)。

連邦政府は、飛行機雲(それは迅速に散ります)ではなく化学跡によって私達の空隙をカバーしているけれども、それらがグラウンドに当たった時に、空をカバーし、すべてをカバーするために、化学薬品と生物製剤は私達の上でその広がりを外に高く吹きかけました。

それらは酸化アルミニウム、バリウム、ベンゼン、ファイバー、細菌、および型、シュードモナス菌Aeruginosa、シュードモナスFlorscens、放線菌などを含みます。

それらはMorgellonsと呼ばれるアルツハイマー病の流行と「ファイバー病」において疑われています。

要するに、私達の環境、私達の空気、私達の食物、フッ化物投入を経て極めて有毒で、よりそうになる私達の水。

私は、建設計画と産業全体を閉鎖する神話的な昆虫についてではなく本物について話しています。

問題:

それは、私達が敵の攻撃の下にいることであるかもしれません;

世界政府のための敵、共謀は目的のための成長毒性を処理して、地球の人口の多くを殺すその計画を実施しています。

あなたは、それが不可能で、私がまさに煙を吹きつけていると言います?

たぶんけれどもなぜ、あなたの首の後ろの毛は立ち上がっていますか?

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■これ

長いです!

2 ■(*^_^*)

 参考になります。
 人口削減しようと思っても
 しようとしている人々も必ず巻き込まれますってことですよね。

 すなわち、実行しようとする人がいない。というか実行不可能・・・

 都合のいい人だけ生き残らせる方法がない。
 

3 ■u-toramanさん

i遺伝子、化学薬品、生物兵器など・・どこで広まるかはわかりませんし・。自分に返ってくる可能性の方が大ですしね・。長生きしたいでしょうからね・。自分らだけ、火星でも行くしかないでしょうけど・。

4 ■siromeiさん

こんなもんです・。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR