FC2ブログ

無防備都市宣言ドレスデンの真実

DRESDEN:

An Undisputed Holocaust

Eddy Morrison reminds us of a real destruction by fire




All pictures added to this article by Gnostic Liberation Front reproduced from: http://kriegsende.ard.de/pages_std_lib/0,3275,OID1077950,00.html



On the 27th of last month, we were treated to the 60th Anniversary of the dubious 'liberation' of Auschwitz by the rampaging and half-drunk Red Army. This date in each year is the day we are forced by our Marxist-liberal government to acknowledge the fact that the Holocaust actually happened.


Much has been written on this subject, and nowadays many questions have been, and are being, asked about the true nature of the 'Holocaust'. Needless to say, in many countries, honest and open debate about the Holocaust is now suppressed due to Zionist-inspired anti-revisionist laws. The alleged 'facts' of the Holocaust are written in stone and must never be questioned ? or talked about other than as solid and accepted historical fact.


It is not the purpose of this article to examine whether Britain needs a Holocaust Day. The purpose is to show that there were many other Holocausts in the Second World War (and beyond and before that too). These other Holocausts are mostly forgotten. Only the official 'Holocaust' is constantly pushed in our faces ? and, I would claim, for essentially political reasons.


I could have written of many other Holocausts of which the facts are beyond question: the Hamburg firebombing; the atrocities in Cambodia under the Communist maniac Pol Pot; the 'Great Leap Forward' in China; the Katyn Forest Massacre (at first blamed on the Germans but later admitted to be the work of the Soviets) and many, many more ? mostly now buried and forgotten. There is one such Holocaust which we in particular should remember: it was unforgivable and should never be forgotten ? and it was one in which the blood was, at least partly, on Britain's hands. The Dresden Holocaust was committed not by the awful Nazis, nor even by brutal Reds but by the so-called democratic freedom-loving allies, Britain and the USA! So the next time you are faced with the accusation of 'Holocaust Denial', just mention the Dresden Holocaust.


An act of terrorism








ドレスデン:

明白なホロコースト

エディ・モリソンは、火によって私達に本当の破壊を思い出させます。

次から複製されたグノーシス主義者解放戦線によるこの記事にすべての写真は追加しました:

http://kriegsende.ard.de/pages_std_lib/0
、3275、OID1077950、00.html

先月の27日に、我々は暴れ回っていて半分酔っぱらった赤軍によって、アウシュヴィッツの疑わしい『解放』の第60周年記念を迎えました。各年のこの日付は我々が我々のマルクス主義の中の自由主義政府によってホロコーストが実際に起こったという事実を認めることを強制される日です。


多くはこの主題に書かれていて、多くの問題があり、現代は‘ホロコースト’の真実の性質について尋ねました。

言うまでもなく、多くの国で、ホロコーストについての正直で、オープンな討論は現在シオニストからインスピレーションを得た反修正論者法のために抑制されています。

ホロコーストの疑わしい‘事実’は石の中で書かれて、同じくらい堅固で、受け入れられた歴史上の事実以外決して質問されてはならない。


それは、英国に大虐殺記念日が必要であるかどうかを調査するこの記事の目的ではありません。

目的は、第二次世界大戦前後において多くの他のホロコーストがあったことを示すことです。

その他のホロコーストはたいてい忘れられます。

公式な‘ホロコースト’が私達の面と向かって常に押されれば、私は本質的に政治的な理由のために主張するでしょう。

私は多くの他のホロコーストについて書いたかもしれません(事実は疑いもない):

ハンブルク焼夷弾攻撃;

共産主義の狂気のポルポトの下のカンボジアでの残虐行為;

中国の‘文化大革命’;

カティンの森虐殺(最初はドイツ人に責任を負わせられるけれども後でソ連の仕事であると認められています)とさらに多くのホロコーストが存在した。

私達が特に覚えるべき1つのホロコーストがここにあります:

それは決して許されなく、忘れられるべきでなく、それは、流された血が英国の手で少なくとも行われたものでした。

ドレスデンホロコーストは恐ろしいナチによって、野蛮な共産党によってではなくいわゆる民主主義の自由を愛する同盟国英国および米国によって行われました!

従って、あなたが次回‘ホロコースト否定’の告発に直面している時、唯一ドレスデンホロコーストに言及してください。







An act of terrorism

Fifty-seven years ago, on the evening of February 13, 1945, an orgy of genocide and barbarism began against a defenceless German city, one of the greatest cultural centres of Europe. Within less than 14 hours, not only was this city reduced to flaming ruins but an estimated quarter of its inhabitants, possibly as many as a quarter of a million, had perished in what was one of the worst massacres of all time.


Toward the end of World War II, as Allied planes rained death and destruction over Germany, the old Saxon city of Dresden lay like an island of tranquillity amid an ocean of desolation. Famous mainly for its art and Baroque architecture and possessing no military value, Dresden had been spared the terror that descended from the skies over the rest of the country.


In fact, little had been done to provide the ancient city of artists and craftsmen with anti-aircraft defences. One squadron of planes had been stationed in Dresden for a while, but the Luftwaffe decided to move the aircraft to another area where it was thought they would be of more use. A gentleman's agreement seemed to prevail, designating Dresden an 'open city'.


On Shrove Tuesday, February 13, 1945, a flood of refugees fleeing the Red Army 60 miles away had swollen the city's population to well over a million. Each new refugee brought fearful accounts of Soviet atrocities. Little did those refugees retreating from the red terror imagine that they themselves were about to die in a horror worse than anything Stalin could devise.






テロ行為

57年前、1945年2月13日の夕方、大量虐殺と野蛮さの喧騒は無防備なドイツの都市(ヨーロッパの最も大きな文化センタ-の1つ)に対して始まりました。

14時間以内に、この都市は燃え上がる廃墟にされただけでなく、その住民の4分の1以上(約25万人)は、人生最悪の虐殺の1つとして消滅しました。

第二次世界大戦の終結に、英米同盟した飛行機がドイツの上で死と破壊を雨のように降らせた時に、ドレスデンの古いザクセン人都市は荒廃の海洋の中央で静穏の島のように横たわっていました。

主にそのアートそしてバロック式のアーキテクチャで有名、軍隊関係を全然所有していないドレスデンは、ドイツの他の地域のような空爆の恐怖を免れました。

実のところ、ほとんどは、アーティストと職人の古代の都市なので対空の防御も提供されませんでした。

飛行機の1つの支隊がしばらくの間、ドレスデンに配置されたけれども、ドイツ空軍はすぐに航空機を役立つ別のエリアに移動させると決めました。

紳士協定では、ドレスデンを‘無防備都市’と称して、広報普及しました。

懺悔火曜日に、1945年2月13日、60マイルの彼方の赤軍から逃げて来た避難民の氾濫により100万以上に都市は膨らみました。各々の新しい避難民はソビエト連邦の残虐行為の心配を持っていました。

ほとんどの、赤い恐怖から退却する避難民は、彼ら自身が、スターリンが考案する何よりも悪く恐怖で死ぬ事になるとは想像していませんでした。

Normally, a carnival atmosphere prevailed in Dresden on Shrove Tuesday. In 1945, however, the outlook was rather dismal. Houses everywhere overflowed with refugees, and thousands were forced to camp out in the streets shivering in the bitter cold.


However, the people felt relatively safe; and although the mood was grim, the circus played to a full house that night as thousands came to forget for a moment the horrors of war. Bands of little girls paraded about in carnival dress in an effort to bolster waning spirits. Half-sad smiles greeted the laughing girls, but spirits were lifted.


No one realized that in less than 24 hours many of those same innocent children would die screaming in Churchill's firestorms. But of course, no one could know that then. The Soviets, to be sure, were known to be savages, but at least the British were and Americans were thought to be 'honourable'.


So when those first alarms signalled the start of 14 hours of hell, Dresden's people streamed dutifully into their shelters. But they did so without much enthusiasm, believing the alarms to be false, since their city had never been threatened from the air. Many would never come out alive, for that 'great democratic statesman' Winston Churchill, in collusion with that other 'great democratic statesman' Franklin D. Roosevelt, had decided that the city of Dresden was to be obliterated by saturation bombing.

普通に、お祭り気分は懺悔火曜日のドレスデンに満ちていました。

しかし、1945年の展望は少し暗かった。

どこの家も避難民であふれていて、数千の人は厳寒に震えて通りでキャンプすることを強制されました。

しかし、人々は相対的に安全であると感じていました;

そして、気分的には厳しかったけれども、少し戦争の恐ろしさを忘れるように、多くの人々が来るにつれて、サーカスはその夜大入りになりました。

萎える気分を支えるためにカーニバルドレスで小さな女の子の集団は行進しました。

半分悲しい微笑みは笑顔の女の子を迎えて、気分は高揚させられました。

誰も、24時間足らずに、それらの同じ罪のない子供の多くが、チャーチルの火事場風のために絶叫して、死ぬであろうということに気付きませんでした。が、もちろん、誰も当時それを知ることができませんでした。

ソ連は確かに、野蛮人であると知られていたけれども、少なくとも英国人は別であり、アメリカ人は、‘立派’であると考えられました。

従って、それらの最初のアラームが14時間の地獄の開始を伝えた時に、ドレスデンの人々は忠実に彼らのシェルターに流れ込みました。

今まで、この都市が一度も空襲されたことがなくて、アラームを間違いであると信じて、彼らの多くは熱狂しました。


多くの人々は決して生きられません、なぜならば、その『偉大な民主主義の政治家』ウィンストンチャーチルは、『偉大な民主主義の政治家』フランクリンD・ルーズベルトとの共謀において、ドレスデン市が完全爆撃によって壊滅することになっていると決めていたからです。






Political motives

What where Churchill's motives? They appear to have been political rather than military. Historians unanimously agree that Dresden had no military value. What industry it did have produced only cigarettes and china. But the Yalta Conference was coming up, in which the Soviets and their Western allies would sit down like ghouls to carve up the shattered corpse of Europe. Churchill wanted a trump card ? a devastating thunderclap of Anglo-American annihilation with which to impress Stalin.


That card was never played at Yalta, because bad weather delayed the originally scheduled raid. Yet Churchill insisted that the raid be carried out to "disrupt and confuse" the German civilian population behind the lines.


Dresden's citizens barely had time to reach their shelters. The first bomb fell at 10:09 p.m. The attack lasted 24 minutes, leaving the inner city a raging sea of fire. Precision saturation bombing had created the desired firestorm.


A firestorm is caused when hundreds of smaller fires join in one vast conflagration. Huge masses of air are sucked in to feed the inferno, causing an artificial tornado. Those persons unlucky enough to be caught in the rush of wind are hurled down entire streets into the flames. Those who seek refuge underground often suffocate, as oxygen is pulled from the air to feed the blaze, or they perish in a blast of white heat ? heat intense enough to melt human flesh.






政治的な動機

何がチャーチルの動機 ?

それらは、軍というよりも政治的であったようです。

歴史家は、ドレスデンが軍隊を全然持っていなかったことに満場一致で合意します。

産業はタバコと磁器だけを生産していた街でした。

しかし、ヤルタ会談に現れました(ソ連と西側同盟諸国が、ヨーロッパの粉砕した死体を切り分けるために食屍鬼のように座るでしょう)。

チャーチルは、切り札を望みましたスターリンに感銘を与える英米絶滅的な破壊的な雷鳴で1つ都市を破壊すること。悪天候が当初予定の急襲を延ばしたので、そのトランプはヤルタで行われませんでした。それでも、チャーチルは急襲の方針が遅れてもドイツの民間人に対し「崩壊させて、混乱させる」ために行われると主張しました。ドレスデンの市民はかろうじて、彼らのシェルターに着く時間がありました。

荒れ狂う火の海をスラムに残して、午後10:09の攻撃の最初の爆弾獣皮は24分間続きました。

正に照準による集中爆撃は要求された火事場風を作成しました。

数百のより小さな火事が1つの広大な大火に加入する時に、火事場風は起こります。

空気の巨大なマスは、人工的なトルネードを起こして、地獄に供給するために吸い込まれます。

一陣の風につかまるのに十分で不運な人々は炎の中に通り全体に沿って投げつけられます。

酸素が、火炎に供給するために空気から引かれる時に、地下に避難する人々は窒息するか、人の肉を溶かすのに十分に強烈な白熱、熱風のために、彼らは消滅しました。

Women and children targeted

One eyewitness who survived told of seeing "young women carrying babies running up and down the streets, their dresses and hair on fire, screaming until they fell down, or the collapsing buildings fell on top of them."


There was a three-hour pause between the first and second raids. The lull had been calculated to lure civilians from their shelters into the open again. To escape the flames, tens of thousands of civilians had crowded into the Grosser Garten, a magnificent park nearly one and a half miles square.


The second raid came at 1:22 a.m., with no warning. Twice as many bombers returned, with a massive load of incendiary bombs. The second wave was designed to spread the raging firestorm into the Grosser Garten.


It was a complete 'success'. Within a few minutes, a sheet of flame ripped across the grass, uprooting trees and littering the branches of others with everything from bicycles to human limbs. For days afterward, all these remains remained bizarrely strewn about as grim reminders of Allied sadism.


At the start of the second air assault, many were still huddled in tunnels and cellars, waiting for the fires of the first attack to die down. At 1:30 a.m. an ominous rumble reached the ears of the commander of a Labour Service convoy sent into the city on a rescue mission. He described it this way:-


'The detonation shook the cellar walls. The sound of the explosions mingled with a new, stranger sound which seemed to come closer and closer, the sound of a thundering waterfall; it was the sound of the mighty tornado howling in the inner city.'


ターゲットとされた女性と子供

生き残った1人の目撃者は、「彼らが倒れるか、崩壊建物が彼らの上に落ちるまで絶叫して、通りで、彼らのドレス、および毛を上下して走ってる火の中で赤ん坊を抱いている若い女性に会った」ことを話しました。

一番目と2番目の急襲の間に3時間の休止がありました。

小康は、再び彼らのシェルターから野外へと民間人をおびき出すために計算されていました。

炎を免れるために、数万人の民間人はより大きいガーデン(約1.5マイル四方の壮大な公園)に押し寄せました。

2番目の急襲は警告なしで午前1:22にやって来ました。

最初の倍の爆撃機は焼夷弾の大規模な絨毯爆撃とともに返って行きました。

第2波は、より大まかなガーデンの中に荒れ狂った火事場風を広めるようにデザインされていました。

それは完全な‘成功’でした。

2、3分以内に、1枚の炎は芝生の向こうで裂けました。そして、木を根こそぎにして、自転車から人間の四肢までバラバラにすべて散らかしました。その後何日も、そのままの状態で残り、連合軍サディズムを厳しく思い出させるものとして、周辺に異様にばらまかれるままでした。


初め、第2次空襲では、多くの人はトンネルと地下室でまだごたごた集められました。そして、最初の攻撃の火事が静まるのを待ちました。午前1時30分に、不吉な響きは、救出作戦に関して都市へもたらされる労働党サービス輸送隊の指揮官の耳に達しました。彼は、このようにそれを解説しました:-


『爆発は、地下室の壁を揺るがしました。爆発の音は、より間近に聞こえるようでした。次に新しい変な音(とどろき渡る滝の音)に混じりました:都心でほえる強力な竜巻の音でした。』

Melting human flesh

Others, hiding below ground, died. But they died painlessly. They simply glowed bright orange and blue in the darkness. As the heat intensified, they either disintegrated into cinders or melted into a thick liquid often three or four feet deep in spots.


Shortly after 10:30 on the morning of February 14th, the last raid swept over the city. This time it was the turn of the Americans. Their bombers pounded the rubble that had been Dresden for a steady 38 minutes. But this attack was not nearly as heavy as the first two. However, what distinguished this raid was the cold-blooded ruthlessness with which it was carried out. US Mustangs appeared low over the city, strafing anything that moved, including a column of rescue vehicles rushing to the city to evacuate survivors. One assault was aimed at the banks of the Elbe River, where refugees had huddled during the horrible night.


In the last year of the war, Dresden had become a hospital town. During the previous night's massacre, heroic nurses had dragged thousands of crippled patients to the Elbe. The low-flying Mustangs machine-gunned those helpless patients, as well as thousands of old men, women and children who had escaped the city.


When the last plane left the sky, Dresden was a scorched ruin, its blackened streets filled with corpses. The city was spared no horror. A flock of vultures escaped from the zoo and fattened on the carnage. Rats swarmed over the piles of corpses.


A Swiss citizen described his visit to Dresden two weeks after the raid:-


'I could see torn-off arms and legs, mutilated torsos and heads which had been wrenched from their bodies and rolled away. In places the corpses were still lying so densely that I had to clear a path through them in order not to tread on arms and legs.'


The death toll was staggering. The full extent of the Dresden Holocaust can be more readily grasped if one considers that well over 250,000 ? and possibly even as many as a half a million ? persons died within a 14-hour period, whereas estimates of those who died at Hiroshima range from 90,000 to 140,000.*


Allied apologists for the massacre have often 'twinned' Dresden with our own city of Coventry. But the 380 killed in Coventry during the entire war cannot begin to compare with perhaps 1,000 times that number who were slaughtered in 14 hours at Dresden. Moreover, Coventry was a centre of the motor and munitions industries, a legitimate military target. Dresden, on the other hand, produced nothing in those categories.


As a comparison with the London Blitz ? which I acknowledge was bad and showed the bravery of the London people, it should still be considered in the light of the destruction visited upon Dresden. In just one night, 16,000 acres of land were destroyed in the Dresden massacre, whereas London escaped with damage to only 600 acres during the entire war.


As one ironic note, Dresden's only conceivable military targets, its railroad yards, were ignored by Allied bombers. They were too busy concentrating on helpless old men, women and children. If ever there was a war crime, then certainly the Dresden Holocaust ranks as one of the most sordid of all time. Yet there are no movies made today condemning this fiendish slaughter; nor did any Allied airman ? or Sir Winston ? sit in the dock at Nuremberg. In fact, the Dresden airmen were actually awarded medals for their role in this mass murder. But, of course, they could not have been tried, because there were "only following orders."


Churchill, who ordered the Dresden slaughter to appease Stalin, as we have seen, was knighted; and the rest is history. The cold-blooded sadism of the massacre, however, is brushed aside by Churchill's biographers, who still cannot bring themselves to tell how the desire of one madman to impress another one led to the mass-murder of possibly up to a half million people.


So to repeat, when we talk about Holocausts and war crimes let us not forget Dresden, when fellow white men bombed into annihilation hundreds of thousands of other white men, women and children. Will we ever see a Dresden Memorial Day in Britain? Somehow I doubt it!

溶ける人の肉

他の人は、地面の下で隠れて、死にました。しかし、彼らは痛みを伴わず死にました。彼らは、単に明るくオレンジ色で暗闇が青く輝きました。熱が強まったので、彼らは燃え殻になり崩壊した。所々に深さ3または4フィートの濃い液体になって溶けました。


2月14日の朝の10:30の直後に、最後の急襲があり、都市を襲いました。今度は、アメリカ人の攻撃でした。彼らの爆弾は、安定した38分間のドレスデンであった粗石を打ちつけました。しかし、この攻撃は、最初の2つほど強い物ではありませんでした。しかし、この急襲が識別したことは、それが実行された冷血で冷酷なものでした。米国のマスタングは都市の上に低く入り、動ていた何でも地上掃射しました。そして、生存者を避難させるために都市に急行している救出車両の縦列に攻撃しました。1つの攻撃はエルベ川の岸を狙いました、そこで、難民は恐ろしい夜の間うずくまっていました。

この戦争の最後の年にドレスデンは病院の町になりました。前の夜の大虐殺の間に、英雄的看護婦は、エルベ川に何千もの不自由な患者を引きました。低空飛行のマスタングは、それらのどうすることもできない患者(都市を逃れた何千もの老人、女性と子供たちと同様に)を機関銃で撃ちました。


最後の飛行機が空を出発したとき、ドレスデンは焦げて破壊されていました。そして、その黒く焦げにされた通りは死体で満たされていました。都市は、恐怖を免れませんでした。ハゲワシの群れは、動物園から逃げて、虐殺を食べて太りました。ネズミは、死体の積み重ねの上に群がりました。


スイスの市民は、急襲の2週間後に、ドレスデンに訪問した時の事を話しました:-


『私は引き離された腕と脚を見ることができ、彼らの体からもぎ取られた胴と頭を切断して、広がっていました。所々で、私が死体の腕と脚を踏まないために彼らを退かして道をあけなければならなかったほど高密度に、まだ存在していました。』


犠牲者の数はゆれています(不確かです)。人間が250,000人以上として考慮するならば、ドレスデンのホロコーストの限界はすぐにわかります ? そして、おそらく100万人の半分(50万人)より多いとしてさえ ? 人は14時間の期間以内で死にました、ところが、広島で死んだ人々の推定は90,000人から140,000人にわたります。


大虐殺のための同類の弁解者は、我々自身のコベントリー市で、しばしば『対になった』ドレスデンを持って来ます。しかし、この戦争の全期間にコベントリーで殺される380人は、ドレスデンで14時間で壊滅されたその数の約1,000倍に匹敵しそうにありません。さらに、コベントリーはモーターと軍需産業(合法的な軍事目標)のセンターでした。ドレスデンは、それらのカテゴリーは何もありませんでした。


ロンドン大空襲による比較として ? 私はどちらが悪くても、ロンドン人々の勇敢さを示したと認めます、それはドレスデンに加えられた破壊に照らしてまだ考慮されなければなりません。ちょうど一晩には、16,000エーカーの土地のドレスデンで大虐殺され破壊されました。ところが、ロンドンはこの戦争の全期間にわずか600エーカーへの損害だけでした。


1つの皮肉なメモとして、ドレスデンの唯一の考えられる軍事目標(その鉄道操車場)は、連合国の爆撃機で無視されました。彼らは、どうすることもできない老人、女性と子供たちに集中するのにあまりに忙しかったです。戦争犯罪があるならば、確かに、ドレスデンのホロコーストはすべての時間で最も不潔なもののうちの1つとしてランクされます。それでも、この巧妙な虐殺を非難して今日製作される映画が、ありませんし、そして、どんな連合国の飛行士でもそんな映画はありませんでした ? またはウィンストン卿 ? ニュルンベルクのドックに座ってください。実際、ドレスデンの飛行士は、実はこの大量殺人での彼らの役割章を与えられました。しかし、もちろん、彼らは裁判にかけられることができませんでした。

チャーチル(ドレスデンの虐殺にスターリンをなだめるよう命令しました)は、以上のようにしてナイト爵に叙されました。そして、残りは歴史です。大虐殺の冷酷なサディズムは、しかし、チャーチルの伝記作者によって払いのけられます。その人はまだ別のものに印象づけたいという1人の狂人の願望がどのように最高50万人の大量殺人につながったかについて見分ける気にならないのです。


繰り返しに、そう、我々はホロコーストについて話をして、戦争犯罪として我々は仲間の白人が絶滅させた何十万人もの他の白人、女性と子供たちを爆破したときのドレスデンを忘れないようにしましょう。我々は、英国でドレスデンのメモリアルデーを見ますか?それはまずないでしょう!








蛇足


人類削減の残虐行為は、優しい顔した悪魔のせいかもしれない・。戦争などを欲する事については、確かに金儲けを優先しているように見えるが、その実、人類自体をターゲットにしたテロではないでしょうか?紀元前以前から選民主義による世界征服の理論と実行はその時々の支配層に受け継がれている・。だが、イルミナティなどオカルトチックなことと、繰り返し行なわれる人類を生贄にしたような残虐行為を正常な感覚では信じられない・(異常者の集まりなのか?)。私は人類以外の計略を感じる・(人類とは違う種の極悪知的なものが・・ずっと仕切っているのだろうか・・)。









スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■日本語訳がめちゃ読みにくいです

ご自信で訳されたのですか?

ブログで紹介される以上、
そこまで気配り願います。
(まさか、翻訳サイトでお手軽自動翻訳の
カット&ペーストではないですよね?)

基本的に「戦争」は政治家や軍人が引き起こすものではなく、資本家が仕掛けるものなんですヨ。
それさえ分かっておれば、全ての戦争を正しく読み解くことが出来ます。

2 ■ぼちぼちと・。

徐々になおしますのでよろしく・。(^▽^;)

3 ■おやび。ん

おやびんのいいところは
難しい記事とか、いろんなこと知ってるのに
訳だけ 超直訳のところだよ(笑)。無理して直さなくてもいいよ。(´A`)

4 ■しろめいさん

ありがとさん・・。( ̄▽+ ̄*)

5 ■で

これの感想。
私も某集団を率いるのは
たぶん人類ではないと思う。もし 同じ人類なら異常者の集まりだろうなー。尋常な神経ではない。
と思う。

6 ■濃い血液「レプティリアン=イルミナティ」

自動翻訳機で十分でしょう、注意すべき記事を抜粋して貰えるだけで有り難いですよ。一般的に翻訳代は高額ですしここでは無償で支払ってないのですからね。

皇族系はどうしても近親相姦になるから血液が濃くなるんでしょうね?これは昔からだと思いますが。日本でも昔は兄弟で結婚していたとか。
これを繰り返すと血液が濃くなって、奇形児やキチガイが産まれます。
外見上は辛うじて人間として見えるでしょうが、魂は爬虫類か爬虫類と同等ですね。
レプティリアン=イルミナティが取り沙汰されているのはそういうDNAレベルでの物理科学的根拠があるからだと私は思っています。
イルミナティの生殖環境は爬虫類の生殖環境と極似していてDNAも持つコミュニティ特性の爬虫類的要素を活発にするからでしょうね。

7 ■しろめいさん

なんと無しに考えるには、爬虫類脳の活性化みたいなものなのか?・・神経だけの生き物とか(ダークスカイ)みたいな。(@_@)

8 ■GoGさん

脳の異常活性か変異体なのかも知れませんね・。爬虫類人かもしれないが冷血とはよく言ったものです・。

9 ■無題

誤字がありました。
訂正→
イルミナティの生殖環境は爬虫類の生殖環境と極似していてDNA  が  持つコミュニティ特性の爬虫類的要素を活発にするからでしょうね。

ハエとヒトの遺伝子が同じようなDNA配列と遺伝子発現パターンを持っていることはすでに科学で分かっています。
ヒトの遺伝子の中の爬虫類のDNA配列部位が活性化されそれが原因でその思想や行動パターン、家族構成や組織創りに顕著に現れるとするならそれらの支配と奴隷制度は人間以下なのではないでしょうか。

10 ■なるほどー

GoGさんのような 知識は全くなかったので びっくりしました。。
すぐ 宇宙人と思う私にも勉強になります。
その他のハートと脳に関係する病等でも、そのような 遺伝子配列の問題も関係するのでしょうか? ということは人間の身体も心も遺伝子次第なのですね。。。

11 ■英文解釈

[「紳士協定では、ドレスデンを‘無防備都市’と称して、広報普及しました。」

原文はこうです。

A gentleman's agreement seemed to prevail, designating Dresden an 'open city'.

「ドレスデンを無防備都市とする暗黙の了解が行き渡っているように思われた」

難しいのはprevailという動詞ですが、「優勢である」をこの文脈にあてはめれば、「双方が受け入れていた」くらいになるでしょうか。重要なのは"seemed"です。「と思われた」以外に訳せませんが、最初の訳ではそれが省かれています。

訳してくださったこの文が示しているのは、皮肉にもドレスデンが「無防備都市宣言」など出してはいなかったということです。「紳士協定」という実体のない言葉をこの作者が持ち出していること自体が、それを裏付けています。

12 ■焼きそうせいじさん

投稿ありがとうございます。国際社会は非常なモノでしょう・。日本人ほどお人好しは無いでしょうね・。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR