FC2ブログ

北朝鮮の役割は終わった・・?。

北朝鮮、核放棄の考えなし 無能力化中断

08/26 20:21更新

記事本文 北朝鮮が6カ国協議で国際社会に約束した「核施設無能力化」の作業を中断させるという“脅迫”に出た背景は、直接的には米国による「テロ支援国家指定解除」が遅れていることに対する不満が考えられる。


 しかしテロ支援国家指定解除の発効には、北朝鮮の核計画申告書に対する検証方法に北朝鮮が合意しなければならない。国際社会によるしっかりした検証が実現してこそ、核施設無能力化や核放棄も確認され、その結果、北朝鮮が国際的に安心できる国になる。


 米国は6カ国協議でテロ支援国家指定解除(8月11日以降)を一応、約束したが、そうした“ツメの甘さ”について米国内や日本などから批判を受けた。このため検証問題で舞台裏交渉を続けていたが、北朝鮮の反発で進まず、結果的に指定解除に踏み切れないでいる。


 北朝鮮は「核施設無能力化に協力しているのだからまずテロ支援国家指定解除をしろ」という立場だが、米国は「その前に検証問題でも進展」を要求しているというわけだ。

 米国としては、対北譲歩に対する代価のハードルを上げたともいえる。しかし北朝鮮にとって検証問題は今後、国際社会からさらなる譲歩を得るための貴重な交渉カードだ。


 北朝鮮は声明で「米国は核の申告書に対する検証に国際的基準を適用しなければならないという問題を持ち出し、わが国のいかなる場所でも思い通り探し、測定するというような査察受け入れを強く迫った」「米国がわが国に対してもイラクでのような自分勝手な家宅捜索ができると考えているとすれば、それは大きな誤算だ」と非難している。


 国際社会にとって北朝鮮の核放棄の最大課題は検証・査察問題だが、北朝鮮はこの核心的な問題をにらんで早くも強い拒否反応を見せているのだ。検証・査察拒否は「核放棄」ではなく「核固持」を意味する。


 北朝鮮は、核を放棄すればただの国になって誰も相手にしてくれないことをよく知っている。核放棄は交渉と譲歩ではなく、北朝鮮の“体制変化”でしか実現しないことをあらためて思い知らせてくれる動きだ。










蛇足


こんな嘘つき詐欺国家のケツをなめる日本国政府である、日本人は半島人支配によりパチンコ、サラ金、麻薬の三点セットで現在も支配されている。準共産国家韓国と北朝鮮のコラボレーションは市民の間で反日で一致し(なぜか)、日本はたかり捲られている・。ついにとは言わないがロックフェラー大明神が北朝鮮擁護から退いたのであろう・。以前書きました石油から戦争準備資金の流れは中東、アフリカ、中央アジア、東アジアと広範囲にばらまかれつつある。戦争を欲する支配層と合致するのだろう・。ロシア包囲網を構築しつつある。北朝鮮はこのまま行けば核施設空爆か内戦に持って行かれるかもしれない・。


朝鮮半島は今も昔も、ロシアの脅威からしか必要性はないのだから・。叫び

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■使いすてられるのが目に見えるようですね(^_^.)

 今までも、蜜月であった国はいくらでもありましたが・・・いきなり手のひらを返されて使いすてられた国は数限りないですよね(^_^.)

 その国がまた一つ増えたように思います。

>核施設空爆か内戦に持って行かれるかもしれない・。
 目に見えるようです。イラクや、アフガニスタンと同じ目にあいそうに見えます
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR