FC2ブログ

真実は有耶無耶・。

【角界大麻汚染】「法的措置も視野に」 露鵬が反撃か、弁護士が会見

2008.9.8 21:43



このニュースのトピックス:大相撲


解雇された露鵬との話し合いを終えた塩谷安男弁護士 =東京都江東区(撮影、斎藤浩一) ロシア出身の兄弟力士、幕内露鵬(28)と十両白露山(26)が精密検査でも大麻の陽性反応が出て解雇処分となった問題で、露鵬の代理人の塩谷安男弁護士は8日夜、大嶽部屋の近くの公園で会見を行った。


 塩谷弁護士は処分後まだ露鵬と面会していないとした上で、「部屋の関係者から聞いたが、(解雇処分に)露鵬は怒りで体が震えるほど怒っているようだ。私も、根拠が足りないのと、結論を出すのが早く、慎重に決めてもらえなかったのが残念だ」と話した。今後については「協会の意見を吟味し、戦えるかどうか検討する。その上で、露鵬の気持ちを考えて決めたい。法的措置も視野に入れている」と話した。













Japan bans Russian sumo wrestlersStory Highlights

Lifetime bans handed out over alleged use of marijuana


Russian brothers tested positive for drug last month


Head of Japan's Sumo Association resigns over charges


Next Article in World ?










TOKYO, Japan (AP) -- Two popular Russian sumo wrestlers were slapped with lifetime bans from Japan's ancient national sport for allegedly using marijuana and the head of the Japan Sumo Association resigned Monday to take responsibility for the scandal, officials said.




Russian sumo wrestler Hakurozan, left, receives water from his brother Roho in this July 2006 photo.


The wrestlers, brothers Roho and Hakurozan, tested positive for the drug when the sport conducted its first drug tests following the arrest last month of another Russian wrestler, Wakanoho, for marijuana possession.


The scandal has rocked the sumo world, which has its roots in religious ritual and tends to hold its athletes and officials to high moral standards. Marijuana possession is considered a serious offense in Japan, and the scandal has been front-page news.


The punishment was handed out at an emergency meeting of top sumo officials Monday, according to the Japan Sumo Association.


Kitanoumi, the association's chairman and Hakurozan's mentor, also told the meeting that he would resign to take responsibility. Kitanoumi is a former grand champion wrestler who is considered by many to have been one of the best ever.


"It was my decision to resign," Kitanoumi said. He will be replaced by another former wrestler, Musashigawa.


Sumo wrestlers in Japan are usually known by a single fighting name.


Sumo's current crisis began last month with the arrest and subsequent lifetime ban on Wakanoho, whom police said had a small amount of marijuana in his wallet.


Wakanoho was the first wrestler ever to be ejected from sumo for drug use. His real name is listed by the sumo association as Soslan Aleksandrovich Gagloev.


The association then held tests on all 69 of its top two division wrestlers and found Roho and Hakurozan positive for the drug.


A second test was done by a Japanese laboratory internationally certified to conduct doping tests, Mitsubishi Chemical Medience Corp. Results released Friday showed the two consumed the drug in amounts far beyond what could be inhaled from secondhand smoke, sumo association spokesman Yuichi Ida said.


Roho, whose real name was listed by the association as Boradzov Soslan Feliksovich, is in sumo's top division, while Hakurozan -- who was listed as Baradzov Batraz Feliksovich -- is in the next-highest tier.


Roho and Hakurozan have repeatedly denied using the drug.


Kitanoumi said he had been assured by Hakurozan that he had not used marijuana.


"He had told me he had not used it, and I believed him," he said.


Police have questioned the two wrestlers and searched their rooms. It was not immediately clear if any further legal action would be taken. Unlike possessing or selling the drug, it is not illegal to be found to have used it.


Triathlete Dmitriy Gaag of Kazakhstan has received a two-year ban for doping.


The International Triathlon Union said Gaag tested positive for the blood-boosting substance EPO in an out-of-competition doping control in the United States in July.


The result was confirmed by the backup "B" sample, the Vancouver-based ITU said.


日本はマリファナの嫌疑のかかる使用でロシアの相撲レスラー人生のハイライトを生涯禁止と通達されます。

ロシアの兄弟の先月薬物反応が陽性と判明しました。

日本の相撲協会のトップは協議の上で辞任します。

世界の記事

東京、日本(AP)--2人のポピュラーなロシアの相撲取りが、申し立てによるとマリファナを使用したためにスポーティーな日本の古代の国技からスキャンダルについての責任を取るために月曜日に観念した日本相撲協会のトップから生涯禁止によってたたかれたと当局は言いました。

ロシアの相撲取り白露山、左はこの2006年7月の写真の中の彼の兄弟露鵬から水を受け取ります。

スポーツがマリファナ所持のために別のロシアの相撲レスリング選手、若の鵬の先月の逮捕に続くその最初の薬物検査を実施した時に、相撲レスリング選手、露鵬と白露山兄弟は薬物が陽性と判明しました。

スキャンダルは相撲界を揺り動かしました(それは宗教の儀式においてその根源を持っていて、高い道徳的な水準にそのスポーツ選手と役員を押さえる傾向があります)。

マリファナ所持は日本で重罪と考えられて、スキャンダルは第一面の記事でした。

日本相撲協会によると、処罰は月曜日に幹部の相撲役員緊急会議で分配されました。

北の湖(協会の会長、および白露山の師)はまたミーティングに、彼が、責任を取るために辞任するであろうと言いました。

北の湖は、これまで最もよいもののひとりであったと考えられる前のグランド・チャンピオン・レスリング選手(横綱)です。

「辞任は私の決意でした」と北の湖は言いました。

彼は別の前の相撲レスリング選手、武蔵川によって取り替えられるでしょう。

日本の相撲取りは通常1つのしこ名によって知られています。

相撲の現在の危機は、警察が若の鵬の財布の中に少量のマリファナを持っているとして逮捕、その後の生涯禁止が先月決まりました。

若の鵬は、薬物使用のために相撲界から取り出されるこれまでで最初のレスリング選手でした。

彼の本名はソスラン・アレクサンドロヴィッチ・ガグロエフとして相撲協会によって発表されています。

それから、協会はそのトップの2人の部屋レスリング選手のすべての69人のテストを実施し、露鵬と白露山が薬物のためにポジティブであるとわかりました。

2番目のテストは、ドーピング・テストを実施する資格を国際的に与えられた日本の研究所、三菱化学メディエンス社によってされました。

金曜日にリリースされた結果は、間接喫煙から吸入されることができたものをはるかに越えて、2人が薬物を大量に消費したのを示したと相撲協会スポークスマン ユウイチ・アイダは言いました。

白露山--バラゾノフ・バトラ・フェリクソビッチとしてリストされました--次に最も高い層にある実名がバラゾノフ・ソスラン・フェリクソビッチとして協会によって露鵬は相撲の一番上の部屋の中にいます。

露鵬と白露山は、繰り返し、薬物を使ったことを否定しました。

北の湖は、白露山はマリファナを使わなかったことを保証されたと言いました。

「彼は、私にそれを使わなかったと言い、私は彼を信じました」と彼は言いました。

警察は2人の相撲レスリング選手に質問し、彼らの部屋を捜しました。

どのようなさらなる訴訟でも起こされるかどうかはまだ明らかでありませんでした。

薬物を所有するかは、売ることと違って、それを使ったためだけでは違法でありません。

カザフスタンのトライアスロン選手デミトリ・ガーグはドーピングのために2年の禁止を受けました。

国際的なトライアスロン組織組合は、ガーグが7月の米国の競争外のドーピングコントロールの中の血圧亢進物質EPOのために陽性と判明すると言いました。

結果はバックアップ「B」サンプルによって確認されたとバンクーバーが本拠地のITUは言いました。

2000年にシドニーオリンピックで4番目で終わり、1999年の世界選手権を勝ち取ったガーグは、6月20日以来勝ち取られたすべての賞金を戻す必要があるでしょう。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR