FC2ブログ

新経済再編の時

US Economy: Rudderless and Reeling from Direct Hits


PAUL CRAIG ROBERTS

COUNTERPUNCH

Tuesday, September 16, 2008


We were promised a “New Economy” of high-tech tradable services to take the place of the offshored manufacturing economy. Wondering what had become of the “New Economy,” Duke University’s Offshoring Research Network searched for it and located it offshore. Yes, the activities of the “New Economy” are also outsourced offshore.


Call centers, IT operations, back-office operations, and manufacturing have long been moved offshore. Now high-value-added proprietary activities such as research and development, engineering, product development, and analytical services are being sent offshore. All that’s left is finance, and it is crumbling before our eyes.


Independent broker-dealers are disappearing: Merrill Lynch, Bear Stearns, Lehman Brothers. These venerable institutions were too thinly capitalized for the risks that they took. Merrill Lynch is now part of the Bank of America, and Lehman Brothers is history.

アメリカ経済:

舵がきかず、直撃のためのよろめき

ポール・クレイグ・ロバーツ

カウンターパンチ

2008年9月16日火曜日

私達は、海外投資された製造経済に取って代わるためにハイテクな取引可能なサービスの「ニュー・エコノミー」を約束されました。

何が「ニュー・エコノミー」に起こったかと思って、デューク大学の海外投資市場研究ネットワークはそれを検索し、外国投資でそれを突き止めました。

はい、「ニュー・エコノミー」の活動は海外投資でまたアウトソーシングされます。

コールセンター、IT操作、バックオフィス操作、および製造はずっと外国取引市場に移動しています。

さて、研究開発、エンジニアリング、製品開発、および分析的なサービスなどの高付加価値所有者の活動は海外投資市場に送られています。

残るすべては財政であり、それは私達の目の前で砕けています。

独立なブローカーディーラーは消えています:

メリルリンチ、ベアースターンズ、リーマンブラザーズ。

これらの古い歴史のある施設は、それらの会社が取ったというリスクのためにあまりにも薄く大文字で書かれました。

メリルリンチは現在アメリカ銀行の一部であり、リーマンブラザーズはもう歴史です。

Ill-advised financial deregulation led to financial concentration and not to more efficient markets. Independent local banks, which focused on financing local businesses, and Saving and Loan Associations, which knew the local housing market, have been replaced with large institutions that package unanalyzed risks and sell them worldwide.


Regulation over-reached. The pendulum swung. Deregulation became an ideology and a facilitator of greed.


Deregulating electric power gave us Enron.


Deregulating the airlines destroyed famous American brand names such as Pan Am, shrank the number of companies, and caused a decline in service. When airlines were regulated, they could afford standby equipment, and cancelled flights were rare. Today, the bottom line prohibits standby equipment, and mechanical problems result in cancelled flights. When economists calculated the benefits of deregulation, they left out many of its costs.


There are no longer any blue chip companies, which means that investing for retirement has become a crapshoot. People realize this; thus, the privatization of Social Security has no support.


If we look realistically at the US economy, we see that what is not moved offshore is being bailed out. Last year, the US Department of Energy was authorized to make $25 billion in loans to auto manufacturing firms and suppliers of automotive parts. Last week the Secretary of the Treasury took $5 trillion dollars in Fannie Mae and Freddie Mac home mortgages under its wing.

The Congressional Budget Office says this action by the Treasury means “that the operations of Fannie Mae and Freddie Mac should be directly incorporated into the federal budget.”
http://cboblog.cbo.gov/
Their revenues would be treated as federal revenues, and their expenditures as federal expenditures. If the former were greater than the latter, there would be no reason for the takeover.

愚かな金融自由化はより多くの効率的市場をではなく金融の集中を引き起こしていました。

地元企業と合理化と金融組合(それはローカルな住宅市場を知っていました)に資金提供することに集中した独立な地方銀行は、分析されていないリスクをパッケージし、世界的にそれらを売る大きな組織と取り替えられています。

統制は行き過ぎました。

振り子は揺れました。

規制緩和は貪欲さのイデオロギーと世話役になりました。

規制解除電力は私達にエンロンを与えました。

航空会社を規制解除することはパンナムなどの有名なアメリカの商標名を破壊し、会社の数を縮ませて、サービスにおける低下を起こしました。

航空会社が調節された時に、彼らは非常使用装置を持つ余裕があり、キャンセルされたフライトはまれでした。

今日、収益は非常使用装置を禁止し、メカニカルな問題はキャンセルされたフライトを結果として生じています。

エコノミストが規制緩和の恩恵を計算した時に、彼らはそのコストの多くを除外しました。

もう、どのような優良株会社もありません(それが、退職のために投資することが投機的な事業になったことを意味しています)。

人々はこれを実現します;

従って、社会保障の民営化はサポートを全然持っていません。

私達が現実的にアメリカ経済を見るならば、私達は、海外投資に移動しないものが保釈されているとわかります。

昨年、米国エネルギー省は、自動車部品の自動車製造会社と供給業者に貸付金250億ドルを得ることについて権限を与えられました。

先週、財務長官はその傘下のファニー・メイと連邦住宅金融抵当公社の住宅ローンにおいて5兆ドルを取りました。

議会予算局は、財務省によるこの行動が、「連邦国民抵当協会と連邦住宅金融抵当公社の活動が国家予算に直接組み入れられるべきですという」.http://cboblog.cbo.gov/それたの収益が連邦の経費として連邦の収益とそれらの経費として扱われるであろうということを意味していると言います。

前者が後者より大きかったならば、乗っ取りの理由が全然ないでしょう。

The open question is: what do these new liabilities do to the Treasury’s own credit standing?


For now, this question is submerged. The traditional practice of fleeing to the US dollar and US Treasury bonds during periods of financial stress and uncertainty has boosted the dollar and kept interest rates low. But sooner or later the large US budget deficit, worsened by recession and bailouts, and the large trade deficit, which requires constant recycling of dollars held by foreigners into US financial and real assets, will result in renewed effort on the part of foreigners to lighten their dollar holdings.


When this time arrives, US interest rates will have to rise in order for the government to be able to continue to rely on foreigners to recycle the dollars acquired in trade to finance the US government’s annual budget deficit.


The current financial problems have pushed into the background the larger problems of the US budget and trade deficits. Goods and services for American markets that US corporations outsource offshore return as imports, which widen the US trade deficit. Moving production offshore reduces US GDP and employment and increases foreign GDP and employment. Moving production offshore reduces the export capacity of the US economy while raising the import bill.


Therefore, how is the trade deficit to be closed? One way is through the dollar’s loss in exchange value, which would reduce American consumers’ real incomes and leave them too poor to purchase the offshored goods and services.


How is the budget deficit to be closed when jobs are disappearing and GDP (tax base) is being relocated offshore?


Not by higher taxes. Higher taxes are problematic for a recessionary economy in which unemployment, properly measured, is already in double digits (www.shadowstats.com
).


Some people have speculated that the budget deficit will be closed by dismantling entitlement programs such as Medicare. However, considering the cost of medical insurance, this would be catastrophic for tens of millions of older Americans.

未決問題は以下の通りです:

これらの新しい債務は宝庫の信用状態に何をしますか?

今のところ、この問題は沈められます。

金融のストレスと不確実性の期間に米ドルとアメリカ財務省の束縛に逃げる伝統的な実行はドルを押し上げて、利率を低くしておきました。

しかし、遅かれ早かれ、米国金融と実物資産の中に外国人によって保持されたドルのリサイクルを絶えず必要としている景気後退と緊急援助によって悪化させられた大きな米国財政赤字と大きな貿易赤字は、彼らのドルの所有財産を保持する外国人の側の更新された努力を結果として生じるでしょう。

これが到着する時に、米国利率は、政府が、米国政府の年間予算赤字欠損に資金提供するために貿易において取得されたドルをリサイクルするために外国人に依存し続けることができるように秩序の中で起き上がる必要があるでしょう。

現在の財政問題の背景の中に米国予算と貿易赤字のより大きな問題を押しました。

米国企業が海外投資市場でアウトソーシングするアメリカ市場のための商品とサービスはインポートとして返ります(それは米国貿易赤字を広げます)。

生産を海外に移動させることは米国GDPと雇用を削減し、外国のGDPと雇用を増大させます


輸入手形を引き起こし、生産を海外に移動させることはアメリカ経済の輸出能力を減らします。

従って、手詰まりの貿易赤字はどうですか?

1つの方法が交換価値の中のドルの損失を通り抜けています(それは、アメリカの消費者の本当の収入を減らし、彼らを、海外投資された商品とサービスを購入するにはあまりにも貧しいままにしておくでしょう)。

仕事が消えていて、GDP(課税基準)が外国で再配置されている時に、手詰まりの財政赤字はどうですか?

より高い税金によってでない。

より高い税金は、適切に測定された失業がすでに2桁(www.shadowstats.com
)にある景気後退の経済のために問題が多い。

何人かの人々は、財政赤字が、メディケア(高齢者公的医療保険)などのエンタイトルメント・プログラムを解体することによって閉じられるであろうということを推測しました。

しかし、医療保険のコストを考慮すると、これは数千万人のより高齢者のアメリカ人のために壊滅的でしょう。

The more likely avenue will be a raid on private pensions. The Clinton administration’s appointee, Alicia Munnell, as Assistant Secretary of the Treasury for Economic Policy argued that private pensions should face a capital levy to make up for the fact that their accumulation was tax free. I expect that the federal government, faced with its own bankruptcy, will resurrect this argument, as it will be preferable to printing money like a banana republic or Weimar Germany.


In the 21st century, the US economy has been kept going by debt expansion, not by real income growth. Economists have hyped US productivity growth, but there is no sign that increased productivity has raised family incomes, an indication that there is a problem with the productivity statistics. With consumers overloaded with debt and the value of their most important asset?housing?falling, the American consumer will not be leading a recovery.


A country that had intelligent leaders would recognize its dire straits, stop its gratuitous wars, and slash its massive military budget, which exceeds that of the rest of the world combined. But a country whose foreign policy goal is world hegemony will continue on the path to destruction until the rest of the world ceases to finance its existence.


Most Americans, including the presidential candidates and the media, are unaware that the US government today, now at this minute, is unable to finance its day-to-day operations and must rely on foreigners to purchase its bonds. The government pays the interest to foreigners by selling more bonds, and when the bonds come due, the government redeems the bonds by selling new bonds. The day the foreigners do not buy is the day the American people and their government are brought to reality.


This is not the financial position of a superpower.


Will what happened to Lehman Brothers today be America’s fate tomorrow?




よりありそうな大通りは企業年金への急襲になるでしょう。

経済政策のため財務省の次官補が、企業年金の蓄積が税金なしであったという事実を償うために資本課税に直面するべきであると主張したクリントン政権の被指定人、アリシアヌンネル。

私は、それがバナナリパブリックまたはワイマールドイツのような印刷されたお金より望ましくなるであろうと、それ自身の破産に直面している連邦政府がこの議論を復活させるであろうということを予想しています。

21世紀に、アメリカ経済は本当の所得の伸びによってではなく借金拡張によって続けさせられています。

エコノミストは米国生産性向上を誇大宣伝したけれども、増大した生産性が、世帯所得(生産性統計についての問題があるという徴候)を上げたという合図が全然ありません。

消費者に借金と下落している彼らの最も重要な財産?住宅?の価値によって過負荷をかける状態で、アメリカの消費者は回復を導いていないでしょう。

聡明なリーダーを持っていた国はその苦境を認知し、その不必要な戦争を止めて、その大規模な軍事予算を削減するでしょう(それは結合された世界の残りのそれを越えています)。

しかし、世界の残りが、その存在に資金提供することを止めるまで、外交方針のゴールが世界制覇である国は破壊へのパスを続けるでしょう。

大統領候補とメディアを含むほとんどのアメリカ人は、現在この記録である今日の米国政府が、その日常業務に資金提供することができず、外国人がその債券を購入することを信頼しなければならないことに気づかない。

より多くの債券を売ることによって、政府は外国人に利息を支払い、債券が起因して来る時に、新しい債券を売ることによって、政府は債券を償還します。

外国人が買わない日は、アメリカ人と彼らの政府が現実を実感する日です。

これは超大国の財務状態ではありません。

今日、リーマンブラザーズに起こったことは明日アメリカの運命になるでしょうか?




蛇足


日本のエコノミスト(?)はアメリカの早期回復のご託を述べていましたが、まったく根拠の無い、占いのようなオカルトエコノミックであることがわかる・。すでにドルは信頼を失って数十年も経つ・。ある意味日本円が世界を支配していると言ってもよい・(ご理解いただけないでしょうが・・。)。そこで、ドルをオフショアで運用して、アメリカの金融市場に環流する詐欺システムを完成したわけであるが、もともと、ドルなど紙切れとわかっている支配者層は次の手を打っている・。アメリカ人がEUのような経済圏を志向するように誘導する訳である・。新しい通貨アメロの出番は近い・。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR