FC2ブログ

今の問題の本質は私物中央銀行制度だ・。

IT’S THE DERIVATIVES, STUPID!

WHY FANNIE, FREDDIE AND AIG ALL HAD TO BE BAILED OUT

愚かさ、それはデリバティブです!

ファニー、フレディーとAIGは、なぜすべて救済されなければなりませんでしたか。






Ellen Brown, September 18, 2008

www.webofdebt.com/articles/its_the_derivatives.php


“I can calculate the movement of the stars, but not the madness of men.”

? Sir Isaac Newton, after losing a fortune in the South Sea bubble

「私は星の動きを計算することができるけれども人の狂気を計算することができません」。?南の海泡において財産を失った後のサー・アイザック・ニュートン

Something extraordinary is going on with these government bailouts. In March 2008, the Federal Reserve extended a $55 billion loan to JPMorgan to “rescue” investment bank Bear Stearns from bankruptcy, a highly controversial move that tested the limits of the Federal Reserve Act. On September 7, 2008, the U.S. government seized private mortgage giants Fannie Mae and Freddie Mac and imposed a conservatorship, a form of bankruptcy; but rather than let the bankruptcy court sort out the assets among the claimants, the Treasury extended an unlimited credit line to the insolvent corporations and said it would exercise its authority to buy their stock, effectively nationalizing them. Now the Federal Reserve has announced that it is giving an $85 billion loan to American International Group (AIG), the world’s largest insurance company, in exchange for a nearly 80% stake in the insurer . . . .


The Fed is buying an insurance company? Where exactly is that covered in the Federal Reserve Act? The Associated Press calls it a “government takeover,” but this is not your ordinary “nationalization” like the purchase of Fannie/Freddie stock by the U.S. Treasury. The Federal Reserve has the power to print the national money supply, but it is not actually a part of the U.S. government. It is a private banking corporation owned by a consortium of private banks. The banking industry just bought the world’s largest insurance company, and they used federal money to do it. Yahoo Finance reported on September 17:

何か並みはずれていることがこれらの政府緊急援助を続けています。

2008年3月に、投資銀行Bear Stearnsを、破産(連邦準備法の限界をテストした非常に物議をかもす動き)から「救う」ために、連邦準備銀行は550億ドルの貸付金をJPMorganに拡張しました。

2008年9月7日に、米国政府は私的な抵当巨人ファニー・メイと連邦住宅金融抵当公社をつかみ、保護者の職、破産のフォームを課しました;

しかし、破産裁判所に請求者の間で財産を仕分けさせるというよりも、財務省は無制限な信用供与限度を破産した企業に拡張し、それが、彼らを効果的に国営化して、彼らの株で購入するその権限を発揮するであろうと言いました。

さて、連邦準備銀行は、それが保険業者の中の約80%の持ち分と交換に850億ドルの貸付金をアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)、世界の最も大きな保険会社に与えていることを発表しました。

. . .

連邦準備局は保険会社を買っています?

それは連邦準備法の中で正確にはどこでカバーされていますか?

AP通信はそれを「政府乗っ取り」と呼ぶけれども、これは米財務省によるファニー/フレディの株の購入のようなあなたの普通の「国営化」ではありません。

連邦準備銀行は、全国的なマネーサプライをプリントするパワーを持っているけれども、それは実際米国政府の一部ではありません。

それはプライベートバンクのコンソーシアムによって所有されているプライベート・バンキング企業です。

銀行業はただ世界の最も大きな保険会社を買い、それをするために、彼らは連邦のお金を使いました。

ヤフー財政は9月17日に報告しました:

“The Treasury is setting up a temporary financing program at the Fed’s request. The program will auction Treasury bills to raise cash for the Fed’s use. The initiative aims to help the Fed manage its balance sheet following its efforts to enhance its liquidity facilities over the previous few quarters.”

「財務省は連邦準備局の要求で一時的な資金調達計画を設定しています」。

プログラムは、連邦準備局の使用のために現金を集めるように財務省短期証券を競売するでしょう。

「イニシアチブは、前のほとんどない四半期の間にその流動性便を強化するその努力に続いて、連邦準備局がそのバランスシートを管理するのを手助けすることをめざしています」。

Treasury bills are the I.O.U.s of the federal government. We the taxpayers are on the hook for the Fed’s “enhanced liquidity facilities,” meaning the loans it has been making to everyone in sight, bank or non-bank, exercising obscure provisions in the Federal Reserve Act that may or may not say they can do it. What’s going on here? Why not let the free market work? Bankruptcy courts know how to sort out assets and reorganize companies so they can operate again. Why the extraordinary measures for Fannie, Freddie and AIG?


The answer may have less to do with saving the insurance business, the housing market, or the Chinese investors clamoring for a bailout than with the greatest Ponzi scheme in history, one that is holding up the entire private global banking system. What had to be saved at all costs was not housing or the dollar but the financial derivatives industry; and the precipice from which it had to be saved was an “event of default” that could have collapsed a quadrillion dollar derivatives bubble, a collapse that could take the entire global banking system down with it.


財務省短期証券は連邦政府のI.O.U.sです。

それが、彼らがそれをすることができると伝えるかもしれないしそうしないかもしれない連邦準備法の中で不明瞭な供給を行使して、視界、銀行、またはノンバンクにおけるみんなにしていた貸付けを意味して、私達、納税者は連邦準備局の「強化された流動性便」のためのフックの上にいます。

何がここで起こっていますか?

自由市場を働かせてはどうか?

彼らが再び働くことができるように、破産裁判所はどのように財産を仕分けするか、そして会社を再編成するかを知っています。

ファニー、フレディ、およびAIGのためのなぜ並みはずれた手段?

答えは、歴史(私的なグローバルな銀行制度全体を停滞させているもの)において、最も大きなポンジー計画によってより、緊急援助を強要している保険事業、住宅市場、または中国の投資者を保存することによってする少しを持つかもしれません。

ぜひとも保存される必要があったものは住宅またはドルではなく金融のデリバティブ産業でした;

そして、それが、保存される必要があった絶壁は、1000兆ドルのデリバティブ泡(それによってグローバルな銀行制度全体を書き留めることができた崩壊)を崩壊させたかもしれない「支払不能事由」でした。

The Anatomy of a Bubble

Until recently, most people had never even heard of derivatives; but in terms of money traded, these investments represent the biggest financial market in the world. Derivatives are financial instruments that have no intrinsic value but derive their value from something else. Basically, they are just bets. You can “hedge your bet” that something you own will go up by placing a side bet that it will go down. “Hedge funds” hedge bets in the derivatives market. Bets can be placed on anything, from the price of tea in China to the movements of specific markets.


“The point everyone misses,” wrote economist Robert Chapman a decade ago, “is that buying derivatives is not investing. It is gambling, insurance and high stakes bookmaking. Derivatives create nothing.”1 They not only create nothing, but they serve to enrich non-producers at the expense of the people who do create real goods and services. In congressional hearings in the early 1990s, derivatives trading was challenged as being an illegal form of gambling. But the practice was legitimized by Fed Chairman Alan Greenspan, who not only lent legal and regulatory support to the trade but actively promoted derivatives as a way to improve “risk management.” Partly, this was to boost the flagging profits of the banks; and at the larger banks and dealers, it worked. But the cost was an increase in risk to the financial system as a whole.2


Since then, derivative trades have grown exponentially, until now they are larger than the entire global economy. The Bank for International Settlements recently reported that total derivatives trades exceeded one quadrillion dollars ? that’s 1,000 trillion dollars.3 How is that figure even possible? The gross domestic product of all the countries in the world is only about 60 trillion dollars. The answer is that gamblers can bet as much as they want. They can bet money they don’t have, and that is where the huge increase in risk comes in.


Credit default swaps (CDS) are the most widely traded form of credit derivative. CDS are bets between two parties on whether or not a company will default on its bonds. In a typical default swap, the “protection buyer” gets a large payoff from the “protection seller” if the company defaults within a certain period of time, while the “protection seller” collects periodic payments from the “protection buyer” for assuming the risk of default. CDS thus resemble insurance policies, but there is no requirement to actually hold any asset or suffer any loss, so CDS are widely used just to increase profits by gambling on market changes. In one blogger’s example, a hedge fund could sit back and collect $320,000 a year in premiums just for selling “protection” on a risky BBB junk bond. The premiums are “free” money ? free until the bond actually goes into default, when the hedge fund could be on the hook for $100 million in claims.


And there’s the catch: what if the hedge fund doesn’t have the $100 million? The fund’s corporate shell or limited partnership is put into bankruptcy; but both parties are claiming the derivative as an asset on their books, which they now have to write down. Players who have “hedged their bets” by betting both ways cannot collect on their winning bets; and that means they cannot afford to pay their losing bets, causing other players to also default on their bets.


The dominos go down in a cascade of cross-defaults that infects the whole banking industry and jeopardizes the global pyramid scheme. The potential for this sort of nuclear reaction was what prompted billionaire investor Warren Buffett to call derivatives “weapons of financial mass destruction.” It is also why the banking system cannot let a major derivatives player go down, and it is the banking system that calls the shots. The Federal Reserve is literally owned by a conglomerate of banks; and Hank Paulson, who heads the U.S. Treasury, entered that position through the revolving door of investment bank Goldman Sachs, where he was formerly CEO.

バブルの解剖学

最近まで、ほとんどの人々は一度もデリバティブを耳にしさえしたことがありませんでした;

しかし、売買されたお金で、これらの投資は世界で最も大きな金融市場を表しています。

デリバティブは、本質的な価値を全然持っていないけれどもそれらの価値を他の何かから引き出す金融商品です。

基本的に、それらはまさに賭けです。

あなたは、あなたが、側を置くことによって上がるであろうと認めているものが、それが降りるであろうということを賭けた「あなたの賭けをヘッジする」ことができます。

「ヘッジファンド」はデリバティブ市場で賭けをヘッジします。

賭けは中国のお茶の価格から具体的な市場のムーブメントまでの何にでも置かれることができます。

「誰もがはずすポイントは、デリバティブを買うことが投資していないことです」とエコノミスト ロバート・チャップマンは10年前書きました。

それはギャンブル、保険、および高い賭け金編集です。

それらが何も造らない.インチ1として、デリバティブは何も造らないだけでなく、それらは、本当の商品とサービスを作成する人々の費用で非製作者を豊かにすることに役立ちます。

1990年代の初期の議会の公聴会において、デリバティブ取引はギャンブルの違法なフォームであることとして問題にされました。

しかし、慣習は、法律と規制のサポートを貿易に貸しただけでなく活動的に、部分的に「危機管理」を改善する方法として、デリバティブを促進した連邦準備局会長アラン・グリーンスパンによって合法化されて、これは、銀行のたれ下がる利益を増やすことになっていました;

そして、より大きな銀行とディーラーで、それはうまく働きました。

しかし、コストは金融制度全体へのリスクの増加でした。

それ以来、現在、それらが世界経済全体より大きくなるまで、派生した交換は指数的に成長しています。

国際決済銀行は、最近、全体のデリバティブ交換が1000兆ドル?それを越えていると報告しました 1000兆ドルである 。

どうその数値は可能でさえありますか?

世界のすべての国の国内総生産はわずか約60兆ドルです。

答えは、賭博師が、彼らが望んでいるだけ賭けることができることです。

彼らは、彼らが持っていないお金を賭けることができて、それは、リスクの莫大な増加が入る所です。

クレジットデフォルトスワップ(CDS)は最も広くクレジットデリバティブの売買されたフォームです。

会社がその束縛について履行を怠るであろうかどうかにかかわらず、CDSはオンの2つのパーティーの間で賭けです。

典型的なデフォルトスワップの中で、会社が一定の期間以内に履行を怠る一方デフォルトのリスクを仮定するために、「保護売り手」が「保護買手」から周期的な支払い額を収集するならば、「保護買手」は「保護売り手」から大きな支払を得ます。

従って、CDSは保険証券と似ているけれども、実際どのような財産でも保持するか、どのような損失でも被る要件が全然なく、従って、CDSは、市場変化に賭けることによって利益を増大させるためだけに広く使われます。

1人のブロガーの例において、ヘッジファンドは、ゆったり座ってただ、危険なBBBジャンク・ボンドの上の「保護」を売るためにプレミアムの中で1年に320,000ドルを収集することができました。

ヘッジファンドが主張における1億ドルで窮地にあるかもしれない時に、債券が実際債務不履行に陥るまで、プレミアムは自由にお金の?を「解放すること」です。

そして、捕獲物があります:

ヘッジファンドが1億ドルを持っていなかったら?

資金の企業のシェルまたは合資会社は破産に入れられます;

しかし、両当事者は、彼らが現在、書き留める必要がある彼らの本の上の財産としてデリバティブを主張しています。

両方向で賭けることによって「両賭けをし」たプレーヤーは彼らの成功した賭けにおいて集まることができません;

そして、それは、彼らが、他のプレーヤーに、彼らの賭けについてまた履行を怠らせて、それらの負け賭けを支払う余裕がないのを意味しています。 銀行業全体を感染させて、グローバルなネズミ講を危険にさらすクロス・デフォルトのカスケードにおいて、ドミノは降ります。

この種類の核反応の可能性は、デリバティブを、それがまた、銀行制度が主要なデリバティブプレーヤーを降りさせることができない理由である「金融の大量破壊の武器」と呼ぶように億万長者投資者ウォレンBuffettを促したものであり、牛耳るのは銀行制度です。

連邦準備銀行は文字どおりに銀行の複合企業によって所有されています;

そして、彼が以前CEOであった所で、米財務省を率いるハンク・ポールソンは投資銀行ゴールドマン・サックスの回転ドアを通してそのポジションに入りました。




Desperate Measures for Desperate Times

It was the best game in town until September 14, when Treasury Secretary Paulson, Fed Chairman Ben Bernanke, and New York Fed Head Tim Geithner closed the bailout window to Lehman Brothers, a 158-year-old Wall Street investment firm and major derivatives player. Why? “There is no political will for a federal bailout,” said Geithner. Bailing out Fannie and Freddie had created a furor of protest, and the taxpayers could not afford to underwrite the whole quadrillion dollar derivatives bubble. The line had to be drawn somewhere, and this was apparently it.


Or was the Fed just saving its ammunition for AIG? Recent downgrades in AIG’s ratings meant that the counterparties to its massive derivatives contracts could force it to come up with $10.5 billion in additional capital reserves immediately or file for bankruptcy. Treasury Secretary Paulson resisted advancing taxpayer money; but on Monday, September 15, stock trading was ugly, with the S & P 500 registering the largest one-day percent drop since September 11, 2001. Alan Kohler wrote in the Australian Business Spectator:

必死な時の必死な手段

ポールソン財務省長官、連邦準備局会長ベン・バーナンキ、およびニューヨーク連邦準備局頭ティムゲイトナーがLehman Brothers、設立158年のウォール街投資会社、および主要なデリバティブプレーヤーに緊急援助ウィンドウを閉じた9月14日まで、それは町で最もよいゲームでした。

なぜ?

「連邦の緊急援助のための政治的な意志が全然ありません」とゲイトナーは言いました。

ファニーとフレディを保釈することは抗議の熱狂を作成し、納税者は、1000兆ドルのデリバティブ泡全体を承諾する余裕がありませんでした。

ラインは、どこかで引っ張られる必要があり、これは見たところそれでした。

または、連邦準備局はまさにAIGのためにその弾薬を蓄えていましたか?

AIGの格付けの中の最近の格下げは、その大規模なデリバティブ契約への契約相手が、直ちに増加資本準備において105億ドルを考え出すか、破産を申請することをそれに強制することができることを意味していました。

ポールソン財務省長官は、納税者のお金を前払いすることに抵抗しました;

しかし、9月15日月曜日に、株取引は2001年9月11日以来最も大きな1日のパーセントの低下を登録しているS&P500によって不快でした。

アラン・コーラーはオーストラリアビジネス観客を書き込みました:

Time for a 21st Century New Deal?

Another hole has been plugged in a very leaky boat, keeping it afloat another day; but how long can these stopgap measures be sustained? Professor Roubini maintains:


“The step by step, ad hoc and non-holistic approach of Fed and Treasury to crisis management has been a failure. . . . [P]lugging and filling one hole at [a] time is useless when the entire system of levies is collapsing in the perfect financial storm of the century. A much more radical, holistic and systemic approach to crisis management is now necessary.”

21世紀ニューディールの時間?

別の穴は、それをあと1日浮遊中にして、非常に漏れたボートの中で塞がれています;

しかし、どれくらいこれらの暫定措置は支えられることができますか?

Roubini教授は維持しています:

「危機管理への連邦準備局と宝庫のステップ・バイ・ステップで、その場限りで、非全体観のアプローチは失敗でした」。

. . .

課税の全システムが世紀の完全な金融の嵐において崩壊している度に1つの穴を引きずっていて、埋めているのは無駄です。

「危機管理へのもっとずっと根本的で、全体観、および体系のアプローチは現在必要です」。

We may soon hear that “the credit market is frozen” ? that there is no money to keep homeowners in their homes, workers gainfully employed, or infrastructure maintained. But this is not true. The underlying source of all money is government credit ? our own public credit. We don’t need to borrow it from the Chinese or the Saudis or private banks. The government can issue its own credit ? the “full faith and credit of the United States.” That was the model followed by the Pennsylvania colonists in the eighteenth century, and it worked brilliantly well. Before the provincial government came up with this plan, the Pennsylvania economy was languishing. There was little gold to conduct trade, and the British bankers were charging 8% interest to borrow what was available. The government solved the credit problem by issuing and lending its own paper scrip. A publicly-owned bank lent the money to farmers at 5% interest. The money was returned to the government, preventing inflation; and the interest paid the government’s expenses, replacing taxes. During the period the system was in place, the economy flourished, prices remained stable, and the Pennsylvania colonists paid no taxes at all. (For more on this, see E. Brown, “Sustainable Energy Development: How Costs Can Be Cut in Half,” webofdebt.com/articles, November 5, 2007.)


Today’s credit crisis is very similar to that facing Herbert Hoover and Franklin Roosevelt in the 1930s. In 1932, President Hoover set up the Reconstruction Finance Corporation (RFC) as a federally-owned bank that would bail out commercial banks by extending loans to them, much as the privately-owned Federal Reserve is doing today. But like today, Hoover’s ploy failed. The banks did not need more loans; they were already drowning in debt. They needed customers with money to spend and invest. President Roosevelt used Hoover’s new government-owned lending facility to extend loans where they were needed most ? for housing, agriculture and industry. Many new federal agencies were set up and funded by the RFC, including the HOLC (Home Owners Loan Corporation) and Fannie Mae (the Federal National Mortgage Association, which was then a government-owned agency). In the 1940s, the RFC went into overdrive funding the infrastructure necessary for the U.S. to participate in World War II, setting the country up with the infrastructure it needed to become the world’s industrial leader after the war.


The RFC was a government-owned bank that sidestepped the privately-owned Federal Reserve; but unlike the Pennsylvania provincial government, which originated the money it lent, the RFC had to borrow the money first. The RFC was funded by issuing government bonds and relending the proceeds. Then as now, new money entered the money supply chiefly in the form of private bank loans. In a “fractional reserve” banking system, banks are allowed to lend their “reserves” many times over, effectively multiplying the amount of money in circulation. Today a system of public banks might be set up on the model of the RFC to fund productive endeavors ? industry, agriculture, housing, energy -- but we could go a step further than the RFC and give the new public banks the power to create credit themselves, just as the Pennsylvania government did and as private banks do now. At the rate banks are going into FDIC receivership, the federal government will soon own a string of banks, which it might as well put to productive use. Establishing a new RFC might be an easier move politically than trying to nationalize the Federal Reserve, but that is what should properly, logically be done. If we the taxpayers are putting up the money for the Fed to own the world’s largest insurance company, we should own the Fed.


Proposals for reforming the banking system are not even on the radar screen of Prime Time politics today; but the current system is collapsing at train-wreck speed, and the “change” called for in Washington may soon be taking a direction undreamt of a few years ago. We need to stop funding the culprits who brought us this debacle at our expense. We need a public banking system that makes a cost-effective credit mechanism available for homeowners, manufacturing, renewable energy, and infrastructure; and the first step to making it cost-effective is to strip out the swarms of gamblers, fraudsters and profiteers now gaming the system.

すぐ私達には聞こえるかもしれません ある「クレジット市場は凍結されます」? 持ち家所有者をそれらの家、労働者に引き留めるどのお金も有利に雇用しないか、または、インフラストラクチャーが維持した 。

しかし、これは真実でありません。

すべてのお金の潜在的なソースは、政府クレジット? 私達自身の公的なクレジット です。

私達は、それを中国人またはサウジアラビア人またはプライベートバンクから借りる必要がありません。

政府は、それ自身クレジット?にそれらがペンシルベニアの入植者が18世紀に後に続くモデルであったという「米国の十分な信頼と信用」を出すことができて、それはよくきらきらと作動しました。

州政府がこの計画を思い付く前に、ペンシルベニア経済は衰えていました。

貿易を実施する金がほとんどなく、英国の銀行家は、入手可能であったものを借りるために8%の利息をチャージしていました。

それ自身の紙受取証を出し、貸すことによって、政府はクレジット問題を解決しました。

公営の銀行は5%の利率でお金を農夫に貸しました。

お金は、インフレを防止して、政府に返されました;

そして、税金を取り替えて、利息は政府の経費を支払いました。

期間の間に、システムは適所にあり、経済は茂り、価格は安定し続けて、ペンシルベニアの入植者は税金を全然支払いませんでした。

(これの詳細については、E.ブラウンで、「持続可能なエネルギー開発:コストは半分にどう切断されることができます」、webofdebt.com/記事を2007年11月5日見ます。)

今日の金融恐慌は1930年代にハーバート・フーバーとフランクリン・ルーズベルトに向かっているそれに非常に類似しています。

1932年に、民営の連邦準備銀行が今日しているのと同じくらい貸付金をそれらに拡張することによって商業銀行を保釈するであろう連邦政府により所有されている銀行として、フーバー大統領は復興金融公社(RFC)を設立しました。

しかし、今日のように、フーバーの策略は失敗しました。

銀行にはより多くの貸付金が必要でありませんでした;

それらは借金においてすでに溺れていました。

費やし、投資するために、彼らはお金を持つ顧客が必要でした。

それらがあった貸付金を拡張するルーズベルト大統領が使われたフーバーの新しい政府が所有する貸付制度にほとんど?が住宅、農業、および産業のために必要でした。

多くの新しい連邦機関は、HOLC(家所有者金融公庫)とファニー・メイ(連邦国民抵当協会(それはその時政府が所有するエージェンシーでした))を含めて、RFCによって設定されて、出資されました。

1940年代に、RFCは、それに、戦争の後で世界の産業のリーダーになることが必要であったインフラストラクチャーと国を設定して、米国が第二次世界大戦に参加することに必要なインフラストラクチャーに出資しているオーバードライブに入りました。

RFCは、民営の連邦準備銀行を避けた政府が所有する銀行でした;

しかし、ペンシルベニア州政府(それは、それが貸したお金を考案しました)と違って、RFCは、最初にお金を借りる必要がありました。

RFCは、国債を発行し、収益を再び貸すことによって出資されました。

それから、現在のように、新しいお金はとりわけ私的な銀行融資という形でマネーサプライに入りました。

「部分準備」銀行制度の中で、銀行は、流通において金額を効果的に増加させて、何度もそれらの「準備」を貸すことを許されます。

今日、公的な銀行のシステムは、生産的な努力?産業(農業、住宅、エネルギー)に出資するためにRFCのモデルの上でセットアップされるかもしれません--けれども、私達は、RFCより1段遠くまで行き、新しい公的な銀行に、ちょうど、ペンシルベニア政府がしたように、そしてプライベートバンクが現在するように自身でクレジットを作成するパワーを与えることができました。

銀行がFDIC管財人管理の中に行くレートで、連邦政府は、すぐ、それが生産用途に置いたほうがよい一続きの銀行を所有するでしょう。

新しいRFCを設立することは、政治的に、連邦準備銀行を国営化しようとするより容易な動きであるかもしれないけれども、それは、適切に、論理的にされるべきであることです。

私達、納税者が、連邦準備局が世界の最も大きな保険会社を所有するようにお金を出しているならば、私達は連邦準備局を所有するべきです。

銀行制度を改良することについての提案は今日プライム・タイム政治のレーダー網の上で均一でありません;

しかし、現在のシステムは列車転覆スピードで崩壊していて、ワシントンで要求されていた「変化」はじきに数年前夢にも思わない方向を取っているかもしれません。

私達は、私達の費用でこの破壊を私達に持って来た被告人に出資するのをやめる必要があります。

私達は、費用効果が高いクレジットメカニズムを持ち家所有者、製造、再生可能エネルギー、およびインフラストラクチャーに利用可能にする公的な銀行制度が必要です;

そして、それを費用効果が高くすることへの最初のステップは、現在賭博師、ペテン師、および不当利得者の大群の外でゲーム システム を取り除くことです。




蛇足


詐欺システムの上で生活している我々庶民は毎日茶番劇に翻弄されている・。サブプライムはプライムの対極であり不良顧客と訳されるべきもの、そこにはあらかじめ生贄としてセットされている・。不動産とは言え、土地本位性の真似事を作ってみたが、まがい物でしかない・。サブプライムの金利は最初の2年だけ5%で3年後から24%、そして30数%になる代物である。ざっと借りた金の10倍以上を返すというほぼ不可能なものである・。そんな分かりきったサラ金で家を買うシステムこそどうかしている・。FRBはほぼ無限にインフレを起こすシステムだ・。政府を通して我々に国債という税金を課している。嘘で塗り固めた中央銀行制度の国営化こそ・。戦争、格差、飢餓、医療制度、年金制度、政府の役割などをマトモニする近道である。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR