FC2ブログ

中流階級の最終的な破壊

THE FINAL DESTRUCTION OF THE MIDDLE CLASS

中流階級の最終的な破壊

By Joan Veon

September 15, 2008

NewsWithViews.com










The Great 2008 Transfer of Wealth


Americans are confronted with what appears to be the worse economic situation since the Great Depression. What will history say about the U.S. credit crisis turned global financial crisis? At every turn investors are faced with new problems, new crises, and less than desirable solutions which include debt, deflation and a transfer of wealth.


With regard to debt, the American taxpayer has been made the lender of last resort for international bank Bear Stearns and now the two Government-sponsored Enterprises-GSEs, Fannie Mae and Freddie Mac. On top of the $29B for Bear Stearns, Fannie and Freddie’s debt of $5.4T has been effectively transferred to the balance sheet of the USA. This is equal to the entire publicly traded debt of the U.S. which is also the same as the total of America’s mortgage-related assets. In addition to personal debt, every American now has a financial responsibility for Bear Stearns and Fannie and Freddie.

富の大きな2008年乗り換え点

アメリカ人は、大恐慌以来より悪い経済状態であるようなモノと対侍します。

歴史は、何が米国金融恐慌についてグローバルな金融恐慌になったと伝えるでしょうか?

いつも、投資者は、新しい問題、新しい危機、および借金、デフレーション、および富の転送を含む望ましいとは言えない解決策に直面しています。

借金について、アメリカの納税者は国際銀行Bear Stearnsと今2つの政府で支援された企業GSE、ファニー・メイと連邦住宅金融抵当公社のために最後の手段の貸方にされています。

Bear Stearnsのための29Bドル(2兆9千億円)の上で、ファニーとフレディの5.4Tドル(540兆円)の借金は米国のバランスシートに効果的に移されています。

これは、また、アメリカの抵当関連の財産の合計と同じ米国の公然と売買された借金全体と等しい。

個人的な借金に加えて、すべてのアメリカ人は現在Bear Stearnsとファニーとフレディについての金融の責任を持っています。


We, the people, have saved the foreign investors such as China which owns $376B, Japan which owns $228B, South Korea which owns $65B, Taiwan which owns $55B, and Australia which owns $33B, from losing faith in America. It is the stockholders, both common and preferred, that have been given the raw end of the deal. While large financial institutions such as JP Morgan, which owns $1.2B of Freddie and Fannie stock, said a complete loss would only erase one or two months of profits, contrast this to smaller banks such as the Central Virginia Bank in Richmond which has $20M in shares of Freddie and Fannie. That type of loss will put them in the same kind of trouble as Lehman Brothers, not enough capitalization. There are 15 other banks that hold 10% or more of their capital in shares of Freddie and Fannie.


The Federal Accounting Standards Board is requiring more stringent standards for banks and savings and loans to maintain a certain amount of capital to protect against insolvency. Those rules are in the process of being changed to conform to international rules issued by the Bank for International Settlements in Basel, Switzerland which Congress has voted on. These rules which were only to pertain to international banks are now being applied to national banks.


Furthermore those in retirement who thought their money was safe?invested in the highest ranked bonds in the country are going to lose their dividends. Depending on the price they invested, they could have principal losses of up to 80 or 90% of their investment. Ouch.


私達、人々は、376Bドル(37兆7600億円)を所有している中国、228Bドル(22兆8千億円)を所有している日本、65Bドルを所有している韓国、55Bドルを所有している台湾、および33Bドルを所有しているオーストラリアなどのアメリカが信頼を失うことから外国人投資家を救いました。

取引の生の終わりを与えられているのは株主、一般的であり、好まれます。

フレディとファニーの株の1.2Bドルを所有しているJPモーガンなどの大きな金融機関が、完全な損失が1または2ヶ月の利益を消去するだけであろうと言ったのに対して、フレディとファニーの株の中に2000万ドルを持っているリッチモンドの中心的なバージニア銀行などのより小さな銀行に、これを対比します。

そのタイプの損失はそれらを十分な資本化ではなくLehman Brothersと同じ種類のトラブルに入れるでしょう。

10%以上をフレディとファニーのシェアの中のそれらの資本を保つ15の他の銀行があります。

連邦会計基準ボードは、銀行と貯蓄貸付組合が、支払い不能から保護するある程度の資本を維持するようにより厳格な標準を必要としています。

それらの規則は、バーゼル(議会が投票したスイス)で国際決済銀行によって発布された国際的な規則に対応するために変更されるところです。

国際銀行に付随するだけであったこれらの規則は現在国立銀行に適用されています。

さらに、それらのお金が国で最も高いランク付けされた債券に投資された安全であったと思った退職における、それらの配当を失おうとしています。

彼らが投資した価格に依存して、彼らは彼らの投資の最高80または90%の主要な損失を持つことになりました。

The credit crunch began a year ago when the various investment banks both here and abroad stopped buying each others paper, a very uncommon practice between them. As a result of no liquidity for mortgage paper caused by their decision, we have the most serious slowdown in real estate in decades. The decision to not buy mortgage paper includes the sub-prime loans made to home buyers that had no down payment. To relate, I recently met a young Latino who is worried about her home. Five years ago she bought a $370,000 townhouse with $14,000 down. Her interest rate varies causing her monthly payment to jump from $2700 per month to $3500. She cleans houses for a living.


Freddie and Fannie decided they could make more money by buying subprime mortgage paper. Today there is an eleven month inventory of unsold homes. Higher interest rates as a result of the hidden clauses on floating interest rates have put many people in jeopardy of foreclosure. All of these problems have given the Federal Reserve the opportunity to seize total control of powers they did not oversee in order to protect our economy. Perhaps we should ask where the desire to put poor people into homes came from? It was part of the Bush Administration’s policy to conform to the United Nations’ Millennium Development Goals unveiled in the year 2000.




ここと外国の様々な投資銀行が、証券(それらの間の非常に珍しい習慣)をそれぞれ買うのをやめた時に、信用収縮は1年前始まりました。

彼らの決定によって起こされた抵当証書のための無流動性の結果として、私達は数十年で不動産の中で最も重大な減速を持っています。

抵当証書を買わない決定は、手付け金を全然持っていなかった住宅購入者に対して行われたサブプライム貸付けを含みます。

私は最近、自分の家について心配する若い女性ラテンアメリカ人と会いました。

5年前、彼女は370,000ドルのタウンハウスを頭金14,000ドルで買いました。

彼女の利率が変わってその結果彼女の毎月の支払いを、1ヶ月あたり2700ドルから3500ドルに跳ね上げられた。

彼女は生計のために家を売る事にします。

フレディとファニーは、彼らが、サブプライム抵当証書を買うことによってより多くのお金を得ることができると決めました。

今日、売れない家の11ヶ月の在庫があります。

利率を浮かべることにおける隠れた条項の結果としてのより高い利率は多くの人々を抵当流れ処分の危険に入れました。

これらの問題のすべては、連邦準備銀行に、彼らが、私達の経済を保護するために監督しなかった能力の全体のコントロールを把握する機会を与えました。

たぶん、貧しい人々を家に入れたいという願望が来た所で、私達は尋ねるべきです?

2000年に初公開された国連のミレニアム開発のゴールに対応することはブッシュ政権の方針の役割でした。

Exacerbating the credit crunch have been the historically high oil prices which have caused pain at the gas pumps and a weak dollar which has made imports more expensive. To counter high oil prices, Americans have drastically reduced how many miles they drive and a number of buying habits. In light of a tight job market and job losses in housing and the automotive industries, we are confronted with higher energy costs to heat and cool our homes, increased costs for food, and the inability to refinance mortgages. Basically the economy is now in deflation. When people stop spending, it moves from deflation to stagflation?no matter how cheap an item becomes, people can’t afford to buy. All this without knowing what the real fall out will be from the bailout of Freddie and Fannie.


The situation we are confronted with did not happen in the last few years, but began in 1913 when a group of cunningly deceitful legislators passed the Federal Reserve Act on December 24 at 11:45 p.m., after those who were opposed went home for Christmas. The entire financial system of the U.S. was transferred from Congress to a private corporation that is NOT accountable to Congress. They create and destroy the business cycle by various means: raising and lowering interest rates. The government of the United States is in bondage to a group of individuals who own the Federal Reserve. The reason why the American people cannot forgive themselves the interest on our debt is because we do not owe it to ourselves we owe it to the Federal Reserve! Every single time since then that the Federal Reserve Act was amended, over 195 times, the Federal Reserve gathered more power over various aspects of our economy. However, they are in the final throes of stripping America of any remaining vestiges of sovereignty as has been laid out in the Treasury “Blueprint for a Modernized Financial Regulatory System.”


The Blueprint was written under the watchful eye of one of America’s most successful international bankers, former Goldman Sachs CEO Hank Paulson, who is now our illustrious Treasury Secretary. Is this not a case of the fox in the chicken coup? Long time investment sage Marty Whitman commented on his actions, “Paulson thinks he is in Russia and is not giving any value to stockholders. It is outrageous that the Treasury Secretary is not giving any consideration to the shareholders.”

信用収縮を悪化させることは、ガスポンプで苦痛を起こした歴史的に高い原油価格とインポートをより高価にした弱いドルでした。

高いオイル価格を打ち返すために、アメリカ人は、彼らが走行距離を減らし、多くの購入習慣を大幅に減らしました。

住宅と自動車産業におけるきつい求人市場と雇用喪失を考慮して、私達は、私達の家、食物のための増大したコスト、および抵当を借り換える能力のなさを熱し、冷却するためにより高いエネルギー費と対侍します。

基本的に、経済は現在デフレーションにあります。

人々が、費やすのをやめる時に、たとえどんなに安く、アイテムが適していても、それはデフレーションからスタグフレーションに動き、人々は、買う余裕がありません。

本当の落下がフレディとファニーの緊急援助から外れ何であろうかを知ることなしである。

私達が対侍する状況は過去数年に起こらなかったけれども、反対された人々がクリスマスの家に帰った後に、ずるく人をだました立法者のグループが午後11:45に12月24日に連邦準備法を承認した1913年に始まりました。

米国の金融制度全体が、議会から、議会に責任がない民間会社に移されました。

彼らは様々な方法によって景気変動を作成し、破壊します:

上げて、下がる利率。

米国の政府は、連邦準備銀行を所有している個人のグループへの奴隷身分にあります。

アメリカ人が私達の借金の自身の利子を許すことができない理由は、私達がそれを自身に借りていないので、私達がそれを連邦準備銀行に借りていることです!

連邦準備法が195回以上改正されたそれ以来のすべての時間に、連邦準備銀行は私達の経済の様々な面の上でより多くのパワーを集めました。

しかし、それらは、財務省「現代化された金融規制システムのための青写真」で規定されたアメリカから主権のどのような痕跡でも取り除く最終的な激痛の中にあります。

青写真は、現在、私達の輝かしい財務省長官であるアメリカの最も成功した国際銀行家の1人(前のゴールドマン・サックスCEOハンク・ポールソン)の用心深い目の下で書かれました。

これはチキンクーデターにおいてきつねのケースではありませんか?

長い時間投資賢人マーティ・ホイットマンは、「ポールソンは、彼がロシアにいて、どのような価値も株主に与えていないと思います」と彼の行動においてコメントしました。

「財務省長官が株主にどのような考慮も払っていないことはとんでもない」。

The Blueprint calls for key components of our financial system, not currently under Federal Reserve control, to be transferred to them. In order to do this, a number of changes will be necessary which Congress will have to approve. First, it recommends changing the banking charter to include all financial institutions, thus effectively transferring control over “national banks, federal savings associations, and federal [and state] credit union charters.” For your information, Washington Mutual is a savings and loan while Lehman Brothers is and Bear Stearns was an international bank. The Fed is to be given authority over the U.S. Payment and Settlement System thereby controlling the settlement process for securities. It will be given the role of Market Stability Regulator and it will have total control over the market. The Blueprint provides for the entire mortgage system of the U.S. to be federalized and to be under the control of the Mortgage Origination Commission. The Federal Reserve will be part of the Commission. Additionally the Federal Reserve will be given a say in the insurance industry which will be federalized and a new Office of Insurance Oversight will oversee its activities. The Federal Reserve will have a place on the Insurance Oversight commission.


By the time Congress votes on the Blueprint, there will be so many reasons for them to transfer the last vestiges of our financial sovereignty to the Federal Reserve that they will not even have to read the prepared legislation. So far, we have the bailout of Freddie and Fannie by giving Treasury a blank check to act; the Federal Reserve worked all weekend to find a buyer to Lehman, another international bank, their next project might be to rescue Washington Mutual, a savings and loan, and the Fed has been given initial powers to act as the Market Stability Regulator. The only component that is missing is the demise of an insurance company, AIG anyone?


For the record, at the heart of the Blueprint is changing our financial/banking and securities regulatory system from a national system to an international system to bring America into the world governmental system that functions above the nation-states. I have maintained that in order to get Congress to go along, we would have to have a huge problem which would allow Congress to be convinced that they need to act, however, the truth of the matter is they no longer have the power they once had because the majority has been transferred to the Federal Reserve.




彼らに譲渡されるために、青写真は現在連邦準備銀行コントロール下でなく私達の金融制度のキーコンポーネントを要求しています。

これをするために、多くの変化は必要になるでしょう(議会が、承認する必要があるでしょう)。

第一に、それは、すべての金融機関を含むためにバンキングチャーターを変えるように勧めて、従って、「国立銀行、連邦の貯蓄組合、および連邦と州のクレジットユニオンチャーター」に関してのコントロールを効果的に転送して、ご参考までに、Lehman Brothersがそうであり、Bear Stearnsが国際銀行であった期間、ワシントンミューチュアルは信用金庫です。

連邦準備局は、従って証券のために解決プロセスをコントロールしている米国支払いと決済システムの権限を与えられることになっています。

それは市場安定性レギュレーターの役割を与えられるであろうし、それは市場に関しての全体のコントロールを持つでしょう。

連邦化されるためと抵当考案委員会のコントロール下にあるために、青写真は米国の抵当システム全体に備えます。

連邦準備銀行は委員会の一部になるでしょう。

さらに、連邦準備銀行は、連邦化されるであろう保険事業の中で発言権を与えられるであろうし、保険監督の新しいオフィスはその活動を監督するでしょう。

連邦準備銀行は保険監督委員会の場所を持つでしょう。

議会が青写真について投票する時には、それらが、準備された立法を読む必要がありさえしないであろう、それらが私達の金融の主権の最後の痕跡を連邦準備銀行に転送するに多くの理由があるでしょう。

これまで、作動するために宝庫に白地式小切手を与えることによって、私達はフレディとファニーの緊急援助を持っています;

リーマン、別の国際銀行に買手を見つけるために週末じゅう作動させられた連邦準備銀行、それらの次のプロジェクトは、ワシントンミューチュアル信用金庫を救うことであるかもしれず、連邦準備局は、市場安定性レギュレーターとして作動する初期の能力を与えられています。

行方不明の唯一のコンポーネントは保険会社、AIGで 誰でも の崩御を考えるのですか?

公式に、青写真の中心で、民族国家の上で作動する政治のシステムを世界の中へのアメリカに持って来るために全国的なシステムから国際的なシステムまでの私達の金融/バンキングと証券の規制のシステムが変わっています。

私は、議会を、一緒に動かせるために、私達が、議会で彼らが、行動する必要があることを確信することを可能にするであろう莫大な問題を持つ必要があるであろうと主張しました。

しかし、問題の真実は、大多数が連邦準備銀行に転送されたので、彼らがもう、彼らが一度持っていたパワーを持っていないことです。

History will determine how the final stage was set but I believe it started in 2000 with the Crash of the Nasdaq. Who would have ever thought that a stock would drop 90% in value? About $7T vanished from the balance sheets of investors. But we did not have to worry, as a result of 9/11, the Federal Reserve started to reduce interest rates to 45 year lows to get Americans to support the economy by buying the dream home. We bit the bait. It was the Roaring 20s all over again. At one point in the housing boom, one out of four jobs was created by the housing industry. No one asked if they could afford the debt, they only asked if they could afford the payment: a big difference. They did not ask the right questions about their mortgage because the mortgage industry was not required to disclose to them, when it should have. At one time the mortgage industry was run on honesty and integrity, but that changed too and people have been caught in a terrible snare.

歴史は最終的なステージがどのように決められたかについて決定します、しかし、私はそれがNASDAQの崩壊で2000年に始まったと思っています。誰でも株が価値を90%を下落するとこれまでに思いましたか?まわりには、7Tドルは投資家の貸借対照表から消えました。しかし、9/11の結果として、我々は連邦準備制度理事会がアメリカ人に夢を家で買うことによって経済をサポートさせるために金利を45年の低値に引き下げ始めることを心配する必要はありませんでした。我々は、餌を噛みました。それは、はじめからもう一度20年代の活況でした。あるところで住宅ブームにおいて、4つの仕事中1つは、住宅産業によってつくられました。誰も彼らが負債を都合できるかどうか尋ねませんでした。そして、彼らが支払いを都合できたかどうか尋ねられるだけでした:大きい違い。それが持たなければならないとき、抵当産業が彼らに明らかにすることを要求されなかったので、彼らは正常な問題に彼らの抵当について尋ねませんでした。一時は、抵当産業は正直と完全性で動きました、しかし、それはまた変わりました、そして、人々はものすごい罠に引っかかりました。


The Bailout of Freddie and Fannie provide us with the latest excitement in the diabolical saga of the raping, robbing, and pillaging of America. Interestingly enough it took place 13 months after the beginning of the credit crunch. Lastly, I have maintained since the beginning of the credit crunch last August that it was planned and managed destruction in order to accomplish the final transfer of America’s financial sovereignty. All of the above only confirms my original suspicion. Sadly, only the strong will survive, only those who did not use their house as a checking account will survive, only those who turn to the Creator of the Universe, the Lord God who created heaven and earth, and His Son, Jesus, will survive in the midst of the Great 2008 Transfer of Wealth.


フレディーとファニーの緊急援助は、強盗をして、犯すことの悪魔のような物語とアメリカの略奪において我々に最新の興奮を提供します。十分に面白いことに、それが信用危機の始まりの13ヵ月後に起こりました。最後に、私はこの8月信用危機が始まって以来それが計画されたと主張して、アメリカの財政的な主権の最終的な譲渡を達成するために、破壊を管理しました。上記の全ては、私の最初の疑惑を確かめるだけです。悲しいことに、強いものは生き残ります、当座預金として彼らの家を使わなかった人々だけは生き残るし、宇宙、天と地を創造した神、および彼の息子イエスの創造者に向かう人々だけが富の大きな2008年乗り換え点の中央に生き残るでしょう。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR