FC2ブログ

The Creation of the Second Great Depression

Ron Paul: The Creation of the Second Great Depression


Published on 25-09-2008









By Ron Paul






Whenever a Great Bipartisan Consensus is announced, and a compliant media assures everyone that the wondrous actions of our wise leaders are being taken for our own good, you can know with absolute certainty that disaster is about to strike.



The events of the past week are no exception.



he bailout package that is about to be rammed down Congress’ throat is not just economically foolish. It is downright sinister. It makes a mockery of our Constitution, which our leaders should never again bother pretending is still in effect. It promises the American people a never-ending nightmare of ever-greater debt liabilities they will have to shoulder. Two weeks ago, financial analyst Jim Rogers said the bailout of Fannie Mae and Freddie Mac made America more communist than China! "This is welfare for the rich," he said. "This is socialism for the rich. It’s bailing out the financiers, the banks, the Wall Streeters."



That describes the current bailout package to a T. And we’re being told it’s unavoidable.



The claim that the market caused all this is so staggeringly foolish that only politicians and the media could pretend to believe it. But that has become the conventional wisdom, with the desired result that those responsible for the credit bubble and its predictable consequences ? predictable, that is, to those who understand sound, Austrian economics ? are being let off the hook. The Federal Reserve System is actually positioning itself as the savior, rather than the culprit, in this mess!



? The Treasury Secretary is authorized to purchase up to $700 billion in mortgage-related assets at any one time. That means $700 billion is only the very beginning of what will hit us.



? Financial institutions are "designated as financial agents of the Government." This is the New Deal to end all New Deals.



? Then there’s this: "Decisions by the Secretary pursuant to the authority of this Act are non-reviewable and committed to agency discretion, and may not be reviewed by any court of law or any administrative agency." Translation: the Secretary can buy up whatever junk debt he wants to, burden the American people with it, and be subject to no one in the process.



There goes your country.



Even some so-called free-market economists are calling all this "sadly necessary." Sad, yes. Necessary? Don’t make me laugh.



Our one-party system is complicit in yet another crime against the American people. The two major party candidates for president themselves initially indicated their strong support for bailouts of this kind ? another example of the big choice we’re supposedly presented with this November: yes or yes. Now, with a backlash brewing, they’re not quite sure what their views are. A sad display, really.



Although the present bailout package is almost certainly not the end of the political atrocities we’ll witness in connection with the crisis, time is short. Congress may vote as soon as tomorrow. With a Rasmussen poll finding support for the bailout at an anemic seven percent, some members of Congress are afraid to vote for it. Call them! Let them hear from you! Tell them you will never vote for anyone who supports this atrocity.



The issue boils down to this: do we care about freedom? Do we care about responsibility and accountability? Do we care that our government and media have been bought and paid for? Do we care that average Americans are about to be looted in order to subsidize the fattest of cats on Wall Street and in government? Do we care?



When the chips are down, will we stand up and fight, even if it means standing up against every stripe of fashionable opinion in politics and the media?



Times like these have a way of telling us what kind of a people we are, and what kind of country we shall be.




ロンポール:第2の大恐慌の作成





大きな超党派の合意が発表されて、従順なメディアが、私達の賢明なリーダーの不思議な行動が私達自身のためにとられていることを皆さんに保証する時はいつでも、あなたは、災害が、まさに起ころうとしていると絶対の確信を持って知ることができます。


過去1週間のイベントは全然例外ではありません。


議会ののど下で突き当たられることに対してまわりにある彼の緊急援助一括法案はまさに経済的に愚かではありません。

が、それは徹底的に不吉です。

我々のリーダーは、決して再びまだ効力を有すると偽りを述べてはなりません。その発言は私達の憲法を嘲笑している。


し、

それはアメリカ人に、彼らが、負う必要があるであろういつもより大きな借金債務の果てしなく続く悪夢を約束します。

2週間前、金融アナリスト ジム・ロジャースは、ファニー・メイと連邦住宅金融抵当公社の緊急援助がアメリカを中国よりむしろ共産主義者にすると言いました!

「これは金持ちのための福祉です」と彼は言いました。

「これは金持ちのための社会主義です」。

「それは財政家、銀行、ウォールーストリート関係筋を経営悪化から救っています」。


それは、我々がそれが避けられないと話されているT.、そして、現在の緊急援助一括法案を述べます。


市場がこういうことを引き起こしたという主張は、政治家とメディアだけがそれを信じているふりをすることができたように、驚くほど愚かです。しかし、信用の責任者がしゃべる望ましい結果とその予想できる結果で、それは常識になりました ? 予想できて、それは、音を理解する人々に、オーストリアの経済学です ? 危機を脱したようにしておかれています。連邦準備制度は、実はこの混乱の被告人というよりも救助者として自身を置いています。


●財務省長官は、どのような時間にでも抵当関連の財産において最高7000億ドルまでを購入することについて権限を与えられます。

それは、7000億ドルが、私達にまさしくその開始であるのを意味しています。

●金融機関は「政府の財務官に指名されます」。これは、すべての新しい取引を終えるニューディールです。

●そして、これがあります:「この法の権限に従っている秘書による決定は批評可能でなく、エージェンシー裁量を約束し、どのような裁判所またはすべての行政機関によってもレビューされないかもしれません」。翻訳Translation:秘書は彼が必要とするどんなジャンク負債でも買い取ることができて、米国民にそれで負担をかけることができて、プロセスに誰にもなりやすくなることができません。


あなたの国が行きます。


何人かのいわゆる自由市場のエコノミストさえ、このように「悲しげに必要」と呼んでいます。

はい。必要な?私を笑わせないでください。


私達の1つの政党組織はアメリカ人に対するまた別の犯罪において共謀しています。

大統領自身への2人の主要な党候補は、最初、この種類の緊急援助のそれらの強いサポートを示しました。 たぶん私達がこの11月を与えられる大きい選択の別の例 :はい、またははいです。

さて、反発が起こっている状態で、彼らは、彼らの見解が何であるかあまり確信がありません。

本当の悲しい意思表示です。


現在の緊急援助一括法案はほぼ確実に、私達が危機に関連して目撃するであろう政治的な残虐行為の終わりではないけれども、時間は短い。

議会は明日にも投票するかもしれません。

貧血の7パーセントで緊急援助への支持を発見しているラスムッセン世論調査によって、議会の何人かのメンバーは、それに賛成の投票をすることを恐れています。

彼らに電話してください!

彼らにあなたから連絡を受けさせてください!

あなたがこの残虐行為を支持する誰にも決して投票しないと彼らに話してください。


問題は、これになります:我々は、自由が好きですか?我々は、責任と責任が好きですか?我々は、我々の政府とメディアが買われていて、我々に代償を払われたことを心配しますか?我々は、平均的なアメリカ人がウォール街で、そして、政府で猫で最も太ったものに助成金を支給するために略奪されようとしていることを心配しますか?我々は気にかけますか?


いざという時には、たとえそれが政治とメディアでファッショナブルな意見のあらゆるストライプに抵抗することを意味するとしても、我々は立ち上がって、戦いますか?


このような時は、私達がどんな種類の民族であるか、そして私達がどんな種類の国であろうかを私達に言う方法を持っています。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1 ■大逆転で

ロン・ポールが大統領にならないかなあ。

2 ■お久しぶりです・。

不良顧客にサラ金で家を買わせ、破産させるため証券化しジャンク債にして企業を整理統合した大掛かりな詐欺でしょう・。
プロフィール

kane552004

Author:kane552004
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR